我が家の新入り

我が家に新入りの家電がやってきました。
バルミューダの「Rain」という加湿器です。

マンションだからか乾燥しがちな我が家。
去年までは加湿機能付きの空気清浄機で乗り切ってましたが本格的なのを導入してみようとなり思い切って購入です。

Wi-fi対応していて、スマホのアプリで出先からON/OFFを操作出来たり、湿度を調整出来たり、タンクの水がなくなるとスマホに通知が入ったり。

使ってみての感想は・・・
うん、潤った気がする!(笑)

くらいな感じですが、
何となく良くなった気がするってことは効果が出たのかな?


カテゴリー: 高橋亮 | コメントする

Vectorworks 2018

2019年に入り、スタッフ全員のVectorworksがVer.2018になりました。

Vectorworksというのは図面を描くためのCADソフトのことです。

今までVer.2015を使っていたので一気に3世代分ヴァージョンアップしたことになります。

2015と2018の違いは…何でしょう。

UIはあまり変わっていないように思います。

A&A曰く2015は32bit版で2018は64bit版なので積んであるメモリを最大限(4GB以上)活用できるとのこと。

なるほど~。

会社PCのメモリは8GBもしくは16GBなので64bit版の恩恵を受けられそうですね。

爆速で開発が進む気がしてきました。

新しいソフトで気持ち新たに頑張っていきましょう。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

梅体験専門店「蝶矢」

先日、京都は六角通堺町にある梅体験専門店「蝶矢」に行ってきました。

梅体験専門店とはなんぞや。

曰く”日本の梅文化を現代的なスタイルで提供し、「大切な人とのつながりを育む文化」として発展させるべく、革新を続けながら伝統文化を守ってきた文化首都京都から世界へ発信していくための施設”だそうです。

簡単に言うと梅酒や梅シロップづくりの体験ができるお店です。

店内は非常にミニマルな空間。

コンセプトや内装、商品ライナップなどのデザインプロデュースはLUCY ALTER DESIGNさんが行っているようです。

梅酒といえば「大きな瓶に赤いフタ」というのが定番ですが、化学の実験用品のような入れ物に入った梅酒はおしゃれなインテリアアイテムにすら見えてきます。

映え~。

梅シロップは完成まで1週間、梅酒は1ヶ月ほどかかります。

私は梅酒を選択しました。完成が楽しみです。

梅体験専門店「蝶矢」


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

KIYOMIZU Stand 「Leaf」2月号に掲載中です

11月にオープンしましたKIYOMIZU Stand
現在本屋さんで売られております「Leaf」2月号に掲載されております。
私も何度かおにぎりをいただきましたが、とても美味しいです。
実は東京のひとつ星フレンチで修業されたシェフが握ってられます。
鮭おにぎりの中にほんの少し七味が加えられていたり、絶妙です!
近くにお立ち寄りの際は、是非ひと味違ったおにぎりをご賞味ください。


カテゴリー: 中村直美 | コメントする

ドライブ

お正月休みのとある1日、娘のプール終わりにドライブをしてきました。
車だとよく寝てくれるので長めのドライブをと思っていたら大津市から北山まで来てしまいました。

最近、好き嫌いの激しい娘ですがパンはしっかり食べてくれるので、
「ブリアン」というパン屋さんでお昼ご飯にすることに。

食事後、1Fでパンを買う妻を待っている間を利用して隣にある「B-LOCK北山」を見てきました。

1988年竣工、安藤忠雄さんの設計です。
近くにある「京都府立陶板名画の庭」より5年先に竣工したそうです。

コンクリートブロックの壁が印象的。
上がるにつれて徐々に狭くなる階段に吸い込まれそうです。

と、このあたりでお会計が終わった妻と合流。次の休みはどこへ行こうかな~。。。


カテゴリー: 高橋亮 | コメントする

弥山

厳島神社がある厳島(通称:宮島)には弥山(みせん)という山があり、頂上の展望台からは日本三景の景色を楽しむことができます。

途中まではロープウェーで登ることができますが、頂上まで行くには40分ほど登山道を歩く必要があります。

気温は8℃ほどしかありませんでしたが、汗だくになりました。

頂上の展望台は老朽化により解体され2014年に新しく生まれ変わりました。

新展望台の設計は三分一博志さんです。

三分一さんらしい抜け感のある空間でした。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

仕事始め

新しい1年がスタートして早1週間が経過しました。
皆様、本年もよろしくお願い致します!

仕事始めの1月7日、ローバー全員で白峯神宮へ初詣に行ってきました。
お天気も良く初詣日和です。

何度も前を通ったことはあったのですが今回が初めての参拝。

白峯神宮の社地は、蹴鞠の宗家であった堂上家(公家)・飛鳥井家の屋敷の跡地で、摂社の地主社に祀られる精大明神は蹴鞠の守護神でありサッカーをはじめとするスポーツ関係者の参詣も多いようです。(ウィキペディアより引用)

今年1年頑張ります!との決意とともに始まったばかりのサッカーアジアカップでの日本代表の活躍もしっかり祈願。

初詣後の空。空気も澄んで綺麗でした。
今年1年、更なる飛躍をすべく頑張ります!


カテゴリー: 高橋亮 | コメントする

初詣

明けましておめでとうございます。和田(章)です。

年末年始は連休中に体調を崩すことが過去に何度かあったのですが、今年はそういうこともなく、元気に新年を迎えることができました。

今年もよろしくお願い致します。

さて、新年一発目のブログですが、みなさま年のはじめにすることといえば何でしょうか?

そう初詣ですね。

私は連休中に実家の広島県に帰省していたので、厳島神社に参拝に行きました。

県内最強のパワースポットだけあって、年始は非常に多くの人が集まります。

新年の無事と平安を祈願しました。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

商店街ホテル 講(コウ)

ホテル講は、大津百町の商店街に点在する空き家をリノベーションし、ステイファンディングという仕組みを導入したホテルです。
この全く新しいスタイルのホテルは、新たな施設の提案ではなく、観光客とそこに住む人々(地域の文化や風土)を結びつけ、地域活性化を図ることを目的としています。


ホテルでは地域のことを熟知したスタッフさんがお勧めの穴場スポットや歴史を教えてくれたり、歴史ある建物に触れながら泊まれます。
この地域でしかできない体験ですね。


私たちもスタッフさんに日本酒のおいしいお勧めの地元居酒屋を教えてもらい、利用させていただきました。

宿泊した棟は、その昔大旦那が呉服屋を営んでいたとされる近江屋という棟でした。
202号室は、大津祭の本祭で曳山が巡行するのを目の前に窓から見ることができます。
また、ラウンジや客室それぞれに有名な北欧家具が置いてありますのでそれも見どころです。


宿泊した部屋にはハンス・ウェグナーの名作ラウンジチェア「CH22」が置いてありました。

朝食は無添加の郷土食材を使った料理をいただきました。※朝食は別料金です。
最後のうなぎ茶漬けが特に美味でした。美味しすぎて撮影を忘れました…すみません。


カウンターにいっぱい並んだハンス・ウェグナーのCH24/Yチェア、妻は気に入ってしまいました。

茶屋のラウンジではポール・ケアホルムの「PK22」に座りながらお酒を飲んだりもできます。

まだできたばかりの施設であり、地域活性化はこれからかなという印象を受けたところもありますが、数年後また訪れた時にこの施設を中心に商店街が賑わっているのを楽しみにしてます。

 

商店街ホテル講 大津百町


カテゴリー: 赤尾壮彬 | コメントする

なぎさのテラス

滋賀県大津市なぎさ公園にある「なぎさのテラス」に行ってきました。
湖畔に、それぞれ違う個性を持つ4つのカフェが並んでいます。
イタリアン、無農薬野菜の料理、玄米菜食、こだわりのコーヒー豆、いろいろあります。


私たちが今回行ったのは「なぎさウォームズ」という玄米菜食メニューが中心のカフェです。

奥の棚には滋賀県在住の作家による作品がディスプレイされています。

この日は天気も良くお出かけ日和の良い日でした。
子供を連れた家族やカップルが、気の向くまま同じ時間を過ごしていました。

湖畔から眺める空は凄く大きいですね。

 

将来自分の家を持ちたいと思っているんですが、滋賀県の湖畔も気持ちよくて良いなぁと思いました。

なぎさのテラス


カテゴリー: 赤尾壮彬 | コメントする