初めてのオンライン講義

先日ですが、母校大学にて3回生に向けた授業で卒業生の職業紹介と言う講義を1時間お話させて頂きました。
(ここ数年、お声がけ頂いていたのですが、昨年は産後だったので1回お休みで、久々の講義となりました。)
今までは学生さん目の前にして講義をしていたのですが、今年はオンライン講義。
Google Meetを使っての授業です。チャットで質問も頂いたりして、なんとか1時間、設計事務所のアレコレをお話する事ができました~。
1名、女子生徒さんからインターンシップに行きたいと言って頂き、やったね~♪


実はお迎えの時間に間に合わない事もあり、子連れで登校させて頂きました(笑)
長~い廊下を走り回って楽しそうな子供達。
この子達が3人とも大学へ行きたいと言い出したらどうしましょう・・・と、思う母でした。

コロナでキャンパス内には学生はほとんどゼロ。
授業もほとんどオンラインらしいのですが、学生さんの学力低下が課題だそうです・・・。

それでも学生時代からの風景は変わっていませんでした。


カテゴリー: 山本ちなつ | コメントする

キャンプに行きました

先日、雨の日が続くなか伊吹山を望むキャンプ場までいってきました。


キャンプに行くと他のサイトの様子が気になり、あんな便利グッズがあるんだとか、ついつい欲しくなるものが増えてしまいます。

今回のキャンプでは焚火台を購入して持参してしまいました。

コロナの影響で入場者数を通常より絞っての営業をされており、
そのお陰で通常よりゆったりとしたスペースで楽しめました。

ただマスクを嵌めたり、食事時に飛沫の事を気にしたりと、屋外とはいえ気を使う場面もあったので、早く気兼ねなく楽しめる日が来て欲しいですね。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

京セラ美術館

コロナでオープンが遅れていた京セラ美術館、Web予約制での開館が始まったので、先日ようやく行ってきました。

予約時間に正面玄関集合で中へ入り、歩いている間に体温を測定され、杉本博司展示をしている増築棟へ

予約制なので、人があまり込んでいなかったので、ゆっくり鑑賞できました。

カフェでお茶をして、館内をウロウロ。

模型発見!左の鳥居側が正面入り口側で、右下の建物が企画展があった増築棟です。

庭の池には、「硝子の茶室 聞鳥庵(モンドリアン)」

出口のガラス面にも作品が…、また次の企画展も来ようと思いました。


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

積木のしまい方いろいろ


出産のお祝いとしていただいたオークヴィレッジさんの寄木の積木。
以前の記事はこちら→寄木の積木

噛んでみたり、ぶちまけてみたり、積んでみたり、箱に入れてみたり…娘の成長をその遊び方の変化とともに感じています。

娘が遊び終わった後の片づけは、まだ親の役目です。
そこでの気付き…しまい方がいろいろありました。
最初の写真が、開封したままのしまい方。

↓こちらが発見したしまい方。

新しいしまい方を見つけるのが、妻と私のひそかなブームです。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

猫カフェラグドールさん

新型コロナによって不要不急の外出を避け、それぞれが自粛生活を継続することで爆発的な感染拡大を防げる一方で、経営が困難になるお店が出てきてしまう難しい問題があります。

少しでも支援になればという思いで久しぶりに猫カフェラグドールさんに行ってきました。


私が行った時間帯ではお客さんが誰もおらず、なんと2時間貸し切り状態でした。客足が遠のいているという現状を目の当たりにしました。

まったりのんびりと猫を見て遊んで癒されるひとときでした。貸し切り状態のおかげで妻は心置きなく写真を撮っていました…

美しい猫たち↓↓↓

まだ予断をゆるさない状況ではありますが、注意を怠らず自分に出来る範囲で大切なお店を支援したいと思いました。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

おままごとセット


以前から娘におままごとセットを買ってやりたいなぁと思っていたものの機会がなく、今回ステイホームで家にいる時間も長いのでWODDY PODDYのおままごとセットを購入してみました。


木製のマグネット式のおままごとセットです。マグネットは埋め込み式で木の栓で蓋がされているので安心です。木製なのでお鍋の中でガチャガチャしても音が柔らかく手で触った感触も温もりがあり、一つ一つが丁寧な作りで感激しました。


お魚も三枚おろしに出来る仕様です。よく出来ています。


プレゼントした時に娘がパッと目を見開いてきらきらした顔になったのが忘れられません。娘のお気に入りのおもちゃを見つけてあげられて親としても嬉しく思います。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

karikariさん

京都五条にあるキャットフード専門店のkarikariさんに行ってきました。
以前紹介したモミポンさんと同じ建物の2階に去年オープンされました。
以前の記事はこちら→モミポン


こんな所に猫がいました!
こちらをうかがっているのが見えますか?



知る人ぞ知る、秘密のお店という雰囲気でワクワクします。



店内は省スペースながらこだわりのプレミアムキャットフードが並び、ウェットフード、ドライフード、おやつコーナー、猫の雑貨とたくさんの商品に目移りします。

今回は一度試してみたかったフリーズドライのエミューを購入しておやつとして我が家の猫達に振る舞いました。原材料に余計な添加物などが一切入っていないので安心してあげられます。


結果、みんな大興奮で目を輝かせて食べてくれました。


1周年記念のノベルティでいただいたオリジナルの小皿。


猫の雑貨も充実していて、以前から娘の病院セット(診察券、保険証、お薬手帳、医療証、母子手帳)をひとまとめにできるコンパクトなポーチを探していたのですがこれがジャストサイズでした。

良い買い物ができて良かったです。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

嵐山には祇王寺がある

あっっっっっっつくなりましたね~急に。これでも梅雨は明けていないんですよね、例年より長く感じます。和田です。

梅雨真っ只中の7月上旬、梅雨時の湿気った苔が見たくなり、SNSで苔の写真を漁っていると嵐山の祇王寺というお寺を見つけました。

こんな時期だし空いているだろうと思い、嵐山まで行ってみることに。

前回嵐山を訪れたのは紅葉シーズンだったため、その時とは比べるべくもないのですが、想像していたよりは多くの観光客で賑わっていました。といっても並んだりすることはなさそうです。

着いたらまずは腹ごしらえ。
桂川に面したお店で蕎麦をいただきました。
換気のためか窓を開放していたので良い山風が。
風流ですねぇ。

紅葉の時期には100mほどの行列ができていたアラビカコーヒーもすぐに買うことができます。映え。

昨年オープンした福田美術館にも寄り、そろそろ帰るか~と思ったところで祇王寺に行くことを思い出しました。

苔を見に来たんや。

祇王寺の苔。どうですか。マイナスイオンでてますね。触るとひんやり冷たくて、気持ちよいのです。


涼しい…きのこも生えますよそりゃ。

暑い夏は苔で乗り越える。これが納涼のニューノーマル。
クーラーの効いた部屋もいいですが、時代は苔です。
みなさん苔、生やしてますか?
それでは。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

陶芸

去年ローバーの研修で信楽に行って以来、また陶芸をやりたいと思っていました。
しかーし。なんやかんやと忙しくて、なかなか実行できずにいた矢先の新型コロナの猛威により、どんどん先送りになっていたのですが、先日ようやく陶芸教室に行くことができました♪
陶芸をしてみたいと言っていた娘も一緒に!そして友達親子も一緒に!

同じ土でも釉薬や色付けによっていろんな味わいが出るので、土選びからすでに楽しいです。しかも作りたいものを自由に作らせてもらえるで、いっぱい作りたくなります。

娘は白い土で小さめのお皿と持ち手のあるカップを、私は黒い土で丸に近いオーバルなお皿を作ることにしました。

娘は全く初めての陶芸でしたが、手でまわすろくろを器用に使いこなし上手に作っていました!私はひたすらきれいに均等な厚みを作ることに専念!

娘の集中も途中できれることなく、あっという間の2時間半!
今回はまだ途中段階。早く続きを作りたいですー!!


カテゴリー: 下西雅代 | コメントする

西陣京極

夜ごはんを食べることを止め、
奥様に作ってもらった晩御飯は、
次の日の昼ご飯として美味しく食べ、
極力 炭水化物を摂らないようにと
少しずつ、少しずつ、、、

1ヶ月ほど前からダイエットを始めった、
ハイ、市毛ですっ!!

効果の程は、、、
ま、マイナス2kgってな具合でそれ以上なかなか落ちておりません。
何かいい方法ないですか?
やっぱ適度な運動ですかね。

先日、バスにて出勤していたことをすっかり忘れており、
終バスを逃したので、久しぶりに歩いて帰ることに。
(ダイエットの意味も込め。)

事務所と家まではだいたい4kmくらいで、徒歩にして約40分。

名前は聞いたことがありましたが、
千本一条通りを下ったところで
【西陣京極】という懐かしい雰囲気のあるゲートを発見!!!

いいですねこの雰囲気。
少し調べてみると、

【西陣京極(にしじんきょうごく)】は、京都府京都市上京区に存在する地域の通称であり、商店街・繁華街である。
その範囲は「千本通の中立売 – 今出川間」とされる。
1900年前後から1950年代にかけて、寄席や芝居小屋、映画館が多数立ち並び、
西陣地区に形成された西陣織の労働者たちを中心に文化・娯楽を提供した興行街であった。
また京都市電千本線(1912年 – 1972年)の電停の名称でもある。
現在の西陣京極商店街(にしじんきょうごくしょうてんがい)は、
そのうち、西を千本通、東を浄福寺通、北を一条通、南を中立売通で囲まれた小さな地域に存在する。
(Wikiより)

ということで、
時の歓楽街であり、中心部の新京極の街だったようです。
帰りにこんなディープなところがあったとは。
大発見ですっ!!!

今では、飲み屋さんが多い印象で、
1000円で飲み物2杯、小鉢2品などひとりでも
サクッと飲めちゃうお店もあるようです。

今はまだ、なかなか行けませんが、
頃合いを見て仕事帰りに軽く一杯して帰ろうと思った帰り道でした。

では、また。


カテゴリー: 市毛 翔 | コメントする