冬至の楽しみ その2

私は南瓜は食べませんでしたが、冬至と言えば・・という訳で、家にあった柚子で柚子湯を楽しむ事にしました。
何故、冬至に柚子湯なのか?
身体が温まるからかなぁ程度に考えていたのですが、
改めて調べてみると、「冬至」と「湯治」がかけられており、冬至に柚子湯に入って一年中風邪をひかないように、という意味が込められているようです。
また、「柚子(ゆず)」だけに「融通(ゆうずう)」が利くように、との願いも込められているといいます。
風習って結構、語呂合せというか、ダジャレがありますよね。
さておき、柚子湯には血管を拡げる効果はあるようで、本当にポカポカと身体の芯から温もる事が出来て、グッスリと眠る事ができました。


カテゴリー: 松村隆孝 パーマリンク