高知産の木材の視察に行きました。

近く工事が始まる住宅に使用する木材を見に、高知県梼原町まで行ってきました。
おいおい詳しく話をしますが、国産材を使用した家作りというコンセプトのもと、
地産地消の考えからいうと京都府産の木材となるのですが、
今回のお家の計画の適材適所を考えた結果、縁あって今回はこの高知県梼原森林組合の構造材を使うことになりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この梼原の森林組合は、木の伐採から乾燥、製材まで一貫して行い、FSC森林認証を取得するなど、先進的な取り組みを行っている事業者であるとのこと。休日にもかかわらず、組合の方に案内していただきました。
なかなか、山に行く機会が少ないので、色々と貴重な話を聞く事ができました。
生産者と消費者の顔が見える家作り、そしてその橋渡しが出来る設計者でありたいと、思いました。
 
 
 


カテゴリー: 松村隆孝 パーマリンク