ここポイント!その2

同じく、同業者として、共感出来たポイント。

 
 
この風景、このデッキ。そして椅子。
こう並べたいのはよくわかります。
そして、利用されないであろうことも。
 
陽射しが強く、この椅子には誰も近づきません。
でも、よいんです。
これは、このデッキのオブジェですから。


カテゴリー: 松村隆孝 パーマリンク