ここポイント!

その陶芸美術館で面白いスポットを発見。

突き出た、まさに空中廊下。
中がどうなっているのか、
ワクワクしながらこの場所を覗くと、
 

 
 
 
そう、中は椅子が2つおいてあり、展望デッキになっていました。→
 
同業者として、設計した人が何をしたかったかは良くわかります。
そして、結果、あまり利用されないであろう事も。。。
痛いほど、わかります。
 


カテゴリー: 松村隆孝 パーマリンク