真鍮の表札

古家を改修して住み出して、もう10年近くが経ちますが、
お恥ずかしながら、やーーーっとちゃんと表札つけました💦
引っ越してきた時にとりあえず木板に油性マジックで「中村」と書き、
門柱のくぼみに立てかけて時が過ぎ。。。
これはいかんと!思い立ち、素材、大きさ、デザイン、文字書体等を検討をし、
岡山の作家さんに制作依頼しました。
真鍮素地を細かくハンマーで叩いた仕上で、角度によって見えかたが違います。
真鍮大好きな私は、もうこれで大満足(なんなら部屋に飾っておきたい笑)ですが、
ここから取り付けまでが最終ハードル。主人にバトンタッチです。
もともとよくある石の表札が設置されていた門柱のくぼみですので、
ある程度の厚みが必要です。ケヤキの板材を少ーし彫り込んでくれました。
さあ設置!もともとの設置場所のくぼみを調整してもらっていたところ、
いつもの観客乱入😓ちょっと削りすぎてますが、まぁいつか馴染むでしょう。
真鍮にはクリア塗装をかけることもできましたが、あえて素地のまま。
どんどん色が濃くなっていく予定です。
日々の風化具合を楽しもうと思っています。

カテゴリー: 中村直美 パーマリンク