ラグビーワールドカップ

先日、初めてスポーツのパブリックビューイングに行ってきました。
場所は前から気になっていたクロスホテル京都のレストランのキハル ブラッセリーです。

始まる前にちょっとロビーとレストランを探索。
特にレストランはとても凝ったインテリアで居心地が良さそうです。
円柱を中心に放射状に広がった天井ルーバーやテーブル上の個性的なデザインのシャンデリアが空間のアクセントとなっており、とても素敵です。

カーテンの奥が会場です。席はゆったりとしていて、ハイネケンがシャンパンのように冷やされています。ほとんど飲めませんでしたが。。

肝心の試合の方は、とても残念でしたが、本当に素晴らしい試合でした。
命懸けで戦っているという表現がいいのかわからないのですが、熱い気持ちが伝わってきて心が揺さぶられました。
また、たくさんの人の熱気が伝わってきて自然と一体感も生まれ、家で見るより何倍も楽しい経験となりました。


カテゴリー: 徳村暁子 パーマリンク