なにわ淀川花火大会2019

今年も行ってきました「なにわ淀川花火大会」。

今年はちゃんと有料席をとって、暑さ対策もして、虫よけスプレーも振りまくって快適に見ることができました。ただクッションシートがペラペラでお尻が痛くなりました。来年はケツ痛対策が必要ですね。

今回は”福田式撮影術”にチャレンジしてみました。”福田式撮影術”は簡単に言うとピントを外した状態で撮り始めて、シャッターを下ろす瞬間にピントを合わせるという撮り方です。

フォーカスリングが無限遠でしっかり止まってくれるレンズがあれば割と簡単に撮れます。

かんたんに撮れるといいつつ完璧に撮れたのは1枚もないんですが…。

どうしてもリングを回すときにブレちゃって、三脚をもっとしっかりと固定する必要がありました。

今回撮ってて思ったのですが、花火って色によって結構明るさが違うんですね〜。青い花火は暗く、黄色は明るい。花火の色に最適なF値なんてのもあるみたいですが、なかなか事前に予測なんてできないのでまあそのへんは目を瞑りましょう。

皆さんは今年は花火大会行きますか。行くのであればぜひ福田式で撮ってみてください。


カテゴリー: 和田章宏 パーマリンク