絵本集め


趣味とまではいきませんが、私は絵本を集めています。
※子供のために集めているわけではありません…(笑


本屋に行くと、決まって建築本のある理工書コーナー → 児童書コーナーのコースです。

大人なのに絵本?そう思う人は結構いるのではないでしょうか。
高校生までは私もそう思っていました。
でも読んでみると、大人でも感動して涙を流してしまう作品がたくさんあるのです。
ノンフィクション作家の柳田邦男さんは「絵本は人生で3度楽しめる」と言って、大人こそ絵本を読もうと呼びかけています。
みなさんも子供のころに読んだ絵本を、もう一度押し入れから出して、読んでみてください。
きっと子供のころに感じた感覚とはまた違う感動があると思います。

そして、今回猫好きな方にお勧めしたい1冊をご紹介します。

「わたしのげぼく」
これは、人目線の本ではなく、猫目線の本です。
つまり「わたし」=「猫」のことなんですが…
げぼくというと結構乱暴な言葉かもしれませんが、この言葉に猫の愛があふれています。

この絵本はついこの前話題になっていた本ですし知っている方も多いかもしれませんが、本屋に立ち寄られた際、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。
きっと心が温まると思います。


ちなみに、うちの猫にそっくりです…まさかうちの猫がモデル!!?…そんなわけないですよね(笑


カテゴリー: 赤尾壮彬 パーマリンク