右から

みなさん、こんばんわ。
市毛です。

だいぶ暖かくなってきましたね。
休日にどこへ行こうか楽しみな季節になってきました。
ただ、花粉で目鼻ともにやられております。

さてさて、
働く者にとってありがたいことに、
先日事務所からの通達で健康診断に行かせて頂きました。
年齢は3◯歳ということもあり、内視鏡検査付きです。
今回この内視鏡検査は生まれて初めの経験でした。
(初内視鏡という時点で年齢はおおよそバレますが。。。)

口からと鼻からが選べるということで色々と調べてみました。

●鼻から
[メリット]
 ・麻酔に用いる薬が少量のため体への負担が少ない
 ・カメラの径が細いため、痛み、嘔吐を軽減できる
 ・検査中に会話可能
[デメリット]
 ・カメラ挿入により鼻出血や粘膜が傷つくおそれがある
 ・径が細いため検査と同時に、ポリープの切除や細胞採取は不可

●口から
[メリット]
 ・カメラが太く、ライトも明るいので病変部分がより鮮明にみられる
 ・検査と同時に、ポリープの切除や細胞採取が可能
[デメリット]
 ・のどの麻酔薬が苦し
 ・麻酔薬の副作用で気分が悪くなる場合がある
 ・咽頭部を刺激するため、吐き気は苦しさなどの不快感がある

ということが分かったので、苦しみや痛みの少ない鼻にて希望!

そして当日、
鼻から麻酔液を噴射してもらい麻酔が効くのを少し待って、
通りのいい右鼻に決定!!

いざ、覚悟をを決め処置室にて右鼻で通してもらうと、、、
「ん?」なかなか通らない。
右鼻から左鼻に変えて再チャレンジ!
結果は、、、
同じく全く通らない。。。
何より痛い!!!そして鼻からかなりの出血がっ!!!!!
どうやら鼻腔が人より狭いらしく通りにくいとのこと。

そこからの選択肢として、
 ①同じカメラを使って、口からに切り替える
 ②検査を止める
いやいや、ここまできて②はないでしょ!!!

ということで、鼻血もともらないまま口に切り替え、
「オエッ」となりながら、涙も唾液も垂らしながら(お食事中ならすいません)、
看護師さんに検査中ずーっと背中をさすってもらいながら、
精神的にもやられながら、
無事にとはいきませんが検査を終えました。

当日時点の検査結果は、、、
どこも特に問題がないようでした!

一安心でしたが、月曜朝一番であったため、
今週の気分はブルースタート。。。

でも、健康診断があることは大変ありがたいと思った週初めでした。


カテゴリー: 市毛 翔 パーマリンク