LUMIONをゲームパッドで動かす

うちの事務所の標準CGソフト『LUMION』。

高速にリアルタイムレンダリングをしてくれるとても優秀なソフトです。

ふつうマウスとキーボードを使って視点を自由に動かしながらオブジェクトにマテリアルを貼っていきます※が、ふと私は思いました。
(※白模型の壁にレンガやコンクリートの画像を貼るような操作)

マウスとキーボードを使うよりゲームのコントローラーのほうが操作しやすいのではないか、と。

LUMIONはもともとゲームの開発エンジンを建築に特化させたものなので、この仮説は意外と的を射ているような気がします。

『LUMION ゲームパッド』で検索しても事例が出てこなかったので、私が人柱となるべく試してみました。

使うのはこのlogicoolのゲームパッドとJoyToKeyというフリーソフト。

JoyToKeyはキーボードやマウスの操作をゲームパッドなどに割り当てることができるソフトです。

これを使ってLUMIONのキーボード&マウス操作をゲームパッドに割り当てていきます。

LUMIONの操作体系は以下の通り。

これをゲームパッドに割り当てるとこんな感じに。

実際に使ってみると…思った以上にいい感じに動く!!

これでスムーズに視点操作をしながらCGを作る事ができます。

なかなかおもしろい試みだったのではないでしょうか。

また何か思いついたらやってみようと思います。

では~。


カテゴリー: 和田章宏 パーマリンク