JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE M

先週末、烏丸三条から少し西へ入ったところに6月初めにオープンした、JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE Mさんに行ってきました。
(そう言えば、オープンした日は入院中でした…。)
町屋を改修した店内の手前がJOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町。
JOURNAL STANDARDの他店とは違う、このお店独自のアイテムが置かれているそうです。
ワークショップ等も企画中とのことで、楽しみにしています。
ヴィーガンスイーツを提供するCAFE Mとはひとつながりになっていて、その奥に中庭、更に奥がバックヤードという配置になっています。
セレクトショップとカフェの間から中庭を眺めた写真です。

ペンダント照明は、竹の骨組みと荒い布のシェード使いがラフで民族調な感じがJOURNAL STANDARDさんのセレクトされる洋服っぽいなと思いました。
テーブル席の上部のみ吹抜けになっていて、ちょうど天井の切り替えの断面に空調の吹き出し口があります。

洗出し仕上げの床です。

“レッド ベルベット”という名前のヴィーガンスイーツは、あっさり甘さ控えめで美味しかったです。

JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE M


カテゴリー: 福島直子 パーマリンク