京都みなみ会館

ついこの間のことだと思っていたら、もう2カ月くらい経っていましたが、
京都みなみ会館のラスト上映を観にいってきました。

といっても、建物が老朽化のため解体することになり、
移転先を見つけて移転されるまでの閉館みたいです。ホッ
上映前には館長による舞台挨拶があり、満員御礼でまさかの立ち見でしたが、
みんなに愛されてる映画館やな~と深く感じました。

映画はというと、台湾のツァイ・ミンリャン監督による『楽日』という閉館間際の映画館の話で、セリフも2つ3つくらいのほぼほぼサイレントムービーでした。ただ、その中にでてくる映画館は客席もガラガラで、そのまま最終上映を迎えて豪雨の中、閉館していったので、対照的な状況でそれを観ているのがなんだか不思議な感覚でした。
実際はこの後にシークレット上映というのがありましたが、そちらは満員で観られず帰宅しました。

新しく開館されるのが待ち遠しいです。
 
 


カテゴリー: 中村敬介 パーマリンク