VRゴーグル体験

日々進化していくCG技術。
個人的に興味があるのと同時に建築プレゼンにおいてはかかせない存在だと思います。
最近ではVR(Virtual Realityの略で仮想現実の意)やAR(Augumented Realityの略で拡張現実の意)技術といったものまで開発され、
建築のプレゼン方法も多様化してきました。
VR技術を使ったサービスを行っている設計事務所もあるようです。

どういったものなのか、実際に体験してみなければわからないということで、ヨドバシカメラでお手頃な「VR SHINECON」というゴーグルを購入してみました。
思っていたよりも安かったのですが、頭を動かしたときにがっちりホールドしてくれる3点バンド、メガネをかけなくてもピントが合わせられる調節機能等、優れているゴーグルです。
VR画像や動画は、有料アプリを購入しなくてもyoutubeで入手することが可能です。
スマホで再生する動画を選択→再生ボタンを押す→急いでゴーグルをセット。
かなりアナログですが、別売のワイヤレスリモコンを使用すれば、そういった手間は省けます。

いろいろと試してみましたが、ジェットコースターやホラー動画が一番楽しめました。
イヤホンやヘッドホンを使用すればより没入感が味わえます。
さらに臨場感を味わいたい方は、扇風機やドライヤーで風を当てても良いでしょう(笑
ただし、はたから見たら変な人なので、一人で楽しむことをお勧めします。


カテゴリー: 赤尾壮彬 パーマリンク