四条にぼ次郎


四条で用事を済ませちょうどお昼頃になってふと思い出して立ち寄ってしまいました。

数年前、まだ前の会社に勤めていた頃、上司や先輩たちに連れられて来た四条にぼ次郎。
当時何も知らなかった私は上司に言われるがまま、にぼ次郎ラーメンを頼み、「野菜ましまし油まし」という呪文を唱えました。
そしてやってくるのがこの量のラーメン!!!!

まず最初の感想は「ラーメンが見えない…」
ラーメンを頼んだはずなのに…
こんもりもられたもやしの隙間からかすかにしか見えません。
ラーメンに到達するまでにとても苦労したことを覚えています。

今回はその呪文は封印し、普通サイズを頼みました。
ご馳走様でした。


カテゴリー: 赤尾壮彬 パーマリンク