モザイクタイルミュージアム 1

完璧な曇り空の中、モザイクタイルミュージアムへ行ってきました。

屋根が出ていない藤森さんの作品を見るのは初めてです。
タイルの原料を掘り出す採土場がモチーフらしく、
こんもり山のようでかわいいです。

 

潜り込むようにアプローチした先の内部空間は洞窟のようになっています。
キョロキョロしていたためか、
入ってすぐにおじいさん(ボランティアガイドさん?)に話しかけられ、
あれこれと説明してもらいました。←まだチケット買ってませんが・・・笑
面白かったのは、ホウキで床仕上げの表情を職人さんに伝えられたが、
細かいところはまったく気にされなかったそうです。
扉や照明、コンセントなどあらゆるものが塗りたくられていますが、
人の手の跡が感じられるキッチリしすぎていない仕上げに温かみを感じます。


 
 
 
 
 
 
 


カテゴリー: 中村敬介 パーマリンク