名前のないラーメン屋

京都・木屋町に名前のないラーメン屋があると聞き、行ってみました。
店名が「名前のないラーメン屋」なのか、本当に名無しかは不明ですが、
入口に看板はありません。
というか、電灯が点滅していなければお店がある事すらわかりません。
中に入ると、ラーメン屋らしくない内装です。
一応、地階になります。
カウンター席のみ。
着席し、コンクリートで作られたカウンターの下の引き出しを開けると、
お箸と薬味があらわれます。
お箸の場所が分からないお客様もチラホラ見かけられました。
魚介ベースのスープに網で焼いた野菜がのるという個性的なラーメンでした。
 
内装も楽しめる、面白いお店でした。


カテゴリー: 松村隆孝 パーマリンク