月別アーカイブ: 6月 2019

袋コレクション

我が家の猫は袋好きです。
袋を見かけたら、入らずにはいられない性分のようです。

そんなわけで、袋を捨てられず、家中に袋が散乱しています。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

サクッとわかる

最近購入した本です。

「サクッとわかる 鉄骨造の作り方」
エクスナレッジムックより出版されています。

この本の良いところはDVD付なので文字だけで内容を追うよりも理解しやすいところ。
プラス、写真や図の解説も丁寧なので理解を深めたい方にはおすすめですよ~

税込み4,104円。
値段分はしっかり勉強したいと思います!


カテゴリー: 高橋亮 | コメントする

the Farm UNIVERSAL

先週末、茨木市にあります「the Farm UNIVERSAL」へ行って来ました。
意外や意外?自宅から車で45分で行けてしまう距離。

はじめて通った新名神にテンションはさらにアップ。
新しい道路って楽しいですよね~

さあ到着です。
入口で出会った見掛けない植物たちに自然とワクワクは高まります!

ん?フクロウ?え?本物?

こっちにもフクロウが!(さわらないでください!!)

巨大なコウモリラン。
我が家にいるコウモリランもいつかこんなに成長する日が来るでしょうか。

館内には植物がわんさかと。

レストラン前のパーゴラにはぶどうの木。

道路を挟んだお向かいにあるのは事務所棟でしょうか。
黒っぽい壁にグリーンや花が映えますね。

レストランで頼んだピザの待ち時間。娘もテンションアップです。

あれもこれもと買っていったらうっかり1万円を超えちゃいました(汗)

その中の1つがこれ。
南アフリカやオーストラリア原産のキング・ピロティア。
枯らさないようにしないと!

レストラン以外は涼しくないので熱くなりすぎる前にもう一度訪れたいと思います!
あ~楽しかった。


カテゴリー: 高橋亮 | コメントする

福山・尾道 建築巡り~その11完結編

ここまでで、1泊2日。すでにお腹いっぱいですが、最後に素敵なスポットに訪問しました。

阿伏兎観音(あぷとかんのん)。

古来より航海の安全・子授け・安産の祈願所として地元の信仰を集めている場所だそうです。

これにて、今回の建築を巡る旅は終了。天気にも恵まれ、素敵な旅になりました。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

福山・尾道 建築巡り~その10

この日は、再び福山方面に戻り神勝寺へ。

こちらにある禅と庭のミュージアムは著名な作家の建築がいくつかあり、近年注目を集めているスポットです。

チケットブースがある事務所、「松堂」

見ればわかる藤森照信さん設計の建物です。

手で折り曲げた銅板の屋根や土壁、自然なままのような木を用いた列柱など。

藤森ワールド全開です。

近江八幡のラ・コリーナと似た雰囲気です。

何故かの鶏感!

 

次は名和晃平|SANDOWICHの「洸庭」

まるでUFO?のようなすごい存在感です。

なんでも、このお寺が造船とゆかりのある事から、舟をイメージしこの姿となったとか。

真っ暗な内部に入り、水と映像のインスタレーションが繰り広げられます。

内部は撮影不可なので、ご自分の目で確かめて下さい。

 

境内は広大なので、少し道に迷ってしまいタイムアップ。

素敵なお庭や、入浴施設があるのですが見れませんでした。

また、次回の訪問時に体験することにします。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

木材会館

東京の新木場に行った時に、ひと際目を引く建物があり、思わず立ち寄ってしまいました。

近づいてみると木材会館の文字が。
なるほど。
かつて、材木の貯木場、問屋が集まった東京における木材の中心地であることを思い起こさせるような建物です。
RCの躯体ながら、ふんだんに木材が使用されており、それが独特なデザインとなっています。

近づいてみると、外観に使用されている木材は、通常流通しているようなサイズの角材で構成されており、構造材で使用するような節付きのものも多く使用されていました。

ただ、目に付きやすい壁や天井は節なしのものを選別して使っているようで、節の存在感をあまり感じることなく見ることができます。
また、RC打ちっぱなしのラフな表情にも馴染んで、とても良い雰囲気です。

節ありの木は見える部分に使用するのには少し抵抗を持ちがちですが、他の材料との組み合わせや、使い分けなど工夫次第で、こんなにかっこよく使えるんだなと思いました。

当日は休館日だったので、今度は内部の見学もしてみたいです。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

福山・尾道 建築巡り~その9

街に降りる途中に、少し時間があったので、昨夜訪れたLOGを再訪。

陽の光の中で見るとまた違った表情を見せます。

手仕事の尊さを再認識です。

 

集合時間になりましたので、尾道駅に戻ります。

こちらも昨夜には見れなかったところを探索。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

福山・尾道建築巡り~その8

朝食後、まだ時間があるので坂のある街並みを探索に。

特に目的地を決めずに、上へ上へと登っていきます。

 

絵になる風景がたくさんあり、海のない街から来た人間にとって海を望む街は憧れがあります。

こんな所に暮らせたら良いなと思いますが、実際暮らすとなると坂道で車が入れなかったりと、苦労も多そうな事が、空き家の雰囲気からも伺えます。

 

うっすら汗をかいてきた頃に千光寺に到着。

さらにその奥に鎖のついた岩を発見。

もちろん登ってみました。

海がさらに良く見えます。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

福山・尾道 建築巡り~その7

この日は集合が12時に尾道駅集合だったので、それまで自由行動。

宿泊先は朝食なしだったので、朝食がてら散歩に出かけました。

行き先は「ONOMICHI U2」

使われなくなった倉庫をリノベーション。

サイクリストのためのホテルや瀬戸内の特産品を扱うショップ、カフェ等が揃う複合施設へと生まれ変わりました。設計は、サポーズデザインオフィス。

元の建物を生かした大きな空間が、旅先の開放的な雰囲気によく似合います。

朝食も食べれました。

 


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

boulangerie Artisan’Halles ブーランジェリー・アルチザナル

出町柳近くにあるハード系のパンがおいしいパン屋さん、boulangerie Artisan’Halles(ブーランジェリー・アルチザナル)さんの入口にかわいいサインがありました。

食パンの形をした木のサインです。

ここは、元々「洛陽書店」という本屋が入っていた建物でした。

看板は取り外されていますが、外観は美装と1階入口を変えられているくらいで、以前の洛陽書店の雰囲気も残されています。

河原町沿いの街並みも大きく変わり、マンションが通りの南北に立ち並ぶようになりました。

こういった昔からの建物やお店が、形を少しずつ変えながらも残っている風景を見るとホッとします。

 

 


カテゴリー: 福島直子 | コメントする