月別アーカイブ: 10月 2018

びわ湖大津プリンスホテル

曇り空に覆われていますが「びわ湖大津プリンスホテル」です。
琵琶湖のほとりに建つ38階の高層ホテルで1989年(平成元年)4月22日に開業。
高さは地上133m。滋賀県で最も高いビルでランドマークとなっています。
設計は世界的な建築家の丹下健三氏です。

この日は午前中から出掛けていてお昼ご飯を作るのが面倒くさいなとなり、
少し無理をして(笑)ランチバイキングに行って来ました。
中華料理「李芳」エントランス
予定ではゆっくりとホテルランチを満喫するはずだったのですが
機嫌が良くテンションが上がってしまった1歳の娘が「あ~あ~」と歌い出して
途中何度か外へ連れ出したり・・・
なかなかゆっくりランチとはいきませんでしたが料理は美味しく頂けました!
今度は改装が終わった37Fにご飯を食べに行きたいと思います。


カテゴリー: 高橋亮 | びわ湖大津プリンスホテル はコメントを受け付けていません。

今宮神社のあぶり餅



あぶり餅で有名な今宮神社の「かざりや」さんへ。

あぶり餅とは、きな粉をまぶした餅を焼いて白味噌のタレをぬった餅菓子のことです。
食べることで病気・厄除けのご利益があるとされ親しまれています。

「かざりや」さんは江戸初期からで創業400年だそうですが、お向かいの「一和」さんは創業1000年以上の老舗です。
どちらの老舗もあぶり餅の一品のみです。

素朴な味に癒されます。


カテゴリー: 赤尾壮彬 | 今宮神社のあぶり餅 はコメントを受け付けていません。

近江神宮へ

10月の終わりが近付いて来て、
より一層朝晩の冷え込みを感じるようになりましたね。
通勤時の服装もプラス1枚が必須です。
先日、紅葉には早かったのですが大津市の近江神宮へ行ってきました。

百人一首で有名な近江神宮ですが映画『ちはやふる』の撮影地にもなっていました。
ちなみにシリーズ3作目にタカハシは出演をしております。あ、エキストラです。
当日は早朝からの撮影で17時間の拘束・・・
映画でも建築でもモノを作るという事は大変だと感じた1日でした。

うっかり財布を忘れた我が家は
近江神宮へ向かう道中で寄ったパン屋さんで持ち金を使い果たしお賽銭もなくお参り。
願いは届くでしょうか・・・


カテゴリー: 高橋亮 | 近江神宮へ はコメントを受け付けていません。

Vertigo


北野白梅町にあるイタリアンレストランVertigoさんに行ってきました。
妻と休日のお昼にお洒落なランチをするのが最近の楽しみの1つです。

店内にある小物はバリ島の小物だそうです。
リゾートにいる雰囲気ですね。
お客さんが全員セレブなのではないかと思ってしまいます。

吹抜けがとても解放的で、壁一面の窓から店内へさわやかな光が差し込みます。
表の通りから奥の庭へ通りぬける風も心地よいです。

さりげなくお洒落に敷かれたタイル、
建築はあまり主張せず、家具や小物がお店全体の雰囲気を作っています。
家具のカラーコーディネート、とても大切だと実感しました。

妻が頼んだマルゲリータは思っていた以上に(妻の嫌いな生の)トマトが上に乗っておりました。
私の方で、ピザ半分をトマト全部乗せでおいしくいただきました。


カテゴリー: 赤尾壮彬 | Vertigo はコメントを受け付けていません。

KOUYA Cafe & Gallery

会社の近所、大宮鞍馬口あたりにはお昼休みにふらりと寄れるカフェやお店が点在しています。KOUYA  Cafe & Galleryさんは、もともとは染物工場だった建物を改装されたお店で、1階がカフェ、2階がギャラリースペースになっています。

2階のギャラリースペースは、工場だった頃の架構と古い床板をそのまま活かした空間です。歩くと床板がギシギシと音がするので、そーっと歩きました…。

1階のカフェのレトロな現役の蓄音機は、以前に使用されていたダムウェーターの昇降路にすっぽり設置されています。工場だった部分をうまく活かした面白い空間でした。

KOUYA  Cafe & Gallery


カテゴリー: 福島直子 | KOUYA Cafe & Gallery はコメントを受け付けていません。

鴨川デルタ

秋晴れの日曜日、おでかけの帰りに出町柳のデルタに寄りました。
学生の頃は夜な夜な仲間とお酒を飲み、春は毎年花見をし、ときにひとりぼーっとしに行った思い出の場所です。(昔はバーベキューもできました。今は禁止です)
この日も亀石に佇む人、昼寝する人、石を積む人、踊る大学生…。地元の人も観光客も、思い思いの時を過ごしている風景に癒されました。鴨川岸辺は京都で一番落ち着く場所かもしれません。


カテゴリー: 中村直美 | 鴨川デルタ はコメントを受け付けていません。

LOGOS LAND

秋の三連休、今夏オープンした「LOGOS LAND」へ行ってきました。
アウトドアブランドの「LOGOS」と京都府城陽市が既存の運動公園施設をリノベーションした新しい施設です。LOGOSの商品は前からチェアなどを愛用しています。
LOGOSはカエデのロゴが特徴的で、カナダかアメリカのメーカーかと思っていましたが、大阪のメーカーなんですね。割と派手な色を多用した商品が多いですが、それが嫌らしくなく、いいバランスです。施設の中もそれらの色がうまく使われていました。
最近大きな公園では見かけるふわふわドームや140mのすべり台などもあり、子供も終始ハイテンションで遊んでいました。
全天候型宿泊施設ということで、室内にテントを設置した部屋があるそうです。
「室内にテントってどうなん?」と思っていましたが、これが意外に楽しいらしく、
一度体験してみようかと思っています。


カテゴリー: 中村直美 | LOGOS LAND はコメントを受け付けていません。

FORUM KYOTO

三条から四条の間、木屋町通り東側にあるFORUM KYOTO(K8ビル/FLORIAN BUSCH ARCHITECTS 設計)に行ってきました。
木製ルーバーの角度を微妙にずらして配置したファサードデザインが以前から気になっていました。

内部は、カフェ、バー、ソファー席等の8つのフロアが中央のミニマルな鉄骨階段で緩やかにつながっています。
階段の断面をかなり薄く、手摺も最小限の細さにしていることで視覚的な抜け感があり、あまり狭さを感じさせませんでした。

プロジェクターからの映像がペンダント照明や壁(木毛セメント板仕上げ)を照らして綺麗でした。

FORUM KYOTO
FLORIAN BUSCH ARCHITECTS


カテゴリー: 福島直子 | FORUM KYOTO はコメントを受け付けていません。

講演会②/クイントゥス・ミラー氏(ミラー&マランタ)

 
先日、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab主催のクイントゥス・ミラー氏の公開講演会に行ってきました。
クイントゥス・ミラー氏(ミラー&マランタ:スイスの建築設計事務所)が近作を通して設計手法とコンセプトを語る、という主旨の講演会でした。
Hochhaus Heuwaage(Basel)ファサード

Hotel Waldhaus (Sils-Maria)内観写真

海外の建築家の講演を聴きながら、図面、写真が多数見れる貴重な機会でした。
ただ、全編英語(通訳なし!)だったので、英語勉強しようと改めて思いました…。
Miller&Maranta
KYOTO Design Lab


カテゴリー: 福島直子 | 講演会②/クイントゥス・ミラー氏(ミラー&マランタ) はコメントを受け付けていません。