月別アーカイブ: 8月 2018

Flower griotte アナベルのミニリースづくり ワークショップ

先日、TODAY’S SPECIAL KYOTOでのイベント、「Flower griotte」さんのアナベルのミニリースづくり ワークショップに参加しました。
アナベルという紫陽花はお花の咲き始めは緑→満開の時は白→満開を過ぎるとまた緑に変化します。
リースで使ったアナベルは満開が終わった時期のものだと思います。
左の枝の土台に細いワイヤーで適量に分けた房を固定していきます。

見本より大分盛ってしまいましたが、完成。
太陽の光があたると茶色く変色してしまうとお店の人に言われたので、家に帰ってからどこに飾るか悩みました。
どの部屋も窓が二面以上あるし、玄関ドアからも光が入るので結局廊下に飾っています。

Flower griotte
TODAY’S SPECIAL KYOTO
 


カテゴリー: 福島直子 | Flower griotte アナベルのミニリースづくり ワークショップ はコメントを受け付けていません。

岐阜高山/家具工房めぐり1

この夏、お盆休みを利用して
岐阜高山まで行ってきました。
岐阜県飛騨高山は木工産業が盛んな地域で
その技術や伝統が多く残る
家具工房が多くあることで有名です。
一般道へ入ると建物や看板のいたるところに
木工の文字が…市の産業なんだなあと感じました。
オークヴィレッジさん

家具だけでなく、建築設計を自社でもされています。
家具工房、倉庫、事務所、ショールームが
一箇所の場所にありました。
パネル展示や木工の仕上げや継ぎ手の展示…

ショールームはただ家具を並べるというものではなく、
今からでも生活ができてしまいそうな展示。
このショールームも築20年たっているそうですが、
古さを感じない味の出た心地の良い建物でした。
オークヴィレッジさんは家具のほかにも
こども用の玩具をたくさん取り扱っています。
個人的にはこども用の玩具がとてもおすすめです(^^)
ショールームは大阪にもありますので
気になる方はぜひ足を運んでみてください。
オークヴィレッジ


カテゴリー: 和田奈津紀 | 岐阜高山/家具工房めぐり1 はコメントを受け付けていません。

CANELÉ du JAPON doudou

 
友人との待合せ前に、堂島あたりをぶらぶらしていて通りかかったカヌレ専門店です。
外壁から内部の壁の仕上げまでぐるっと大谷石を使われています。

カウンターのペンダント照明はカヌレの型をシェードにしています。
この日は同じビルの2階ギャラリーで個展されている作家さんの作品が飾られていました。

大谷石の厚みと棚板の銅板の薄さの対比がいいバランスです。
カヌレも一口サイズですが、お店もかなりコンパクトでした。
友人へのお土産用と家族用に購入したカヌレはとてもおいしかったです。
 “CANELÉ du JAPON doudou” 


カテゴリー: 福島直子 | CANELÉ du JAPON doudou はコメントを受け付けていません。

下鴨神社 糺の森の光の祭

下鴨神社で現在行われている「光の祭」に行ってきました。
デジタルアートデザインのチームラボの企画によるもので、一度見て見たいと 思っていました。 糺ノ森の木々を様々な色でライトアップし、そこに動き、変化が加わることで有機的なものを錯覚させる不思議な空間でした。

9/2まで開催されているそうです。


カテゴリー: 中村直美 | 下鴨神社 糺の森の光の祭 はコメントを受け付けていません。

JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE M

先週末、烏丸三条から少し西へ入ったところに6月初めにオープンした、JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE Mさんに行ってきました。
(そう言えば、オープンした日は入院中でした…。)
町屋を改修した店内の手前がJOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町。
JOURNAL STANDARDの他店とは違う、このお店独自のアイテムが置かれているそうです。
ワークショップ等も企画中とのことで、楽しみにしています。
ヴィーガンスイーツを提供するCAFE Mとはひとつながりになっていて、その奥に中庭、更に奥がバックヤードという配置になっています。
セレクトショップとカフェの間から中庭を眺めた写真です。

ペンダント照明は、竹の骨組みと荒い布のシェード使いがラフで民族調な感じがJOURNAL STANDARDさんのセレクトされる洋服っぽいなと思いました。
テーブル席の上部のみ吹抜けになっていて、ちょうど天井の切り替えの断面に空調の吹き出し口があります。

洗出し仕上げの床です。

“レッド ベルベット”という名前のヴィーガンスイーツは、あっさり甘さ控えめで美味しかったです。

JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE M


カテゴリー: 福島直子 | JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町 & CAFE M はコメントを受け付けていません。

焼杉の家

昨年設計/竣工した友人宅の外構が完成しました。
平屋のように見せたい為1階の階高を抑え、2階をセットバックしたファサード。
前庭は雑木林のようにしたいという友人のアイデア。カーポートは既製品はいやだよねと、施主/施工/設計で喧々諤々の検討の結果、大工さんが材料を集めて組んでくれました。
遊びに行くたびに「朝の光がとても気持ちい!」「冬、全然寒くないよ。」など、喜んでくれている友人の言葉を聞くのが、何よりも設計者冥利に尽きます。
 


カテゴリー: 中村直美 | 焼杉の家 はコメントを受け付けていません。