徳村暁子」カテゴリーアーカイブ

蜀江

先日、ANAクラウンプラザホテル京都の最近リニューアルしたレストラン「蜀江」に行ってきました。
リノベーションを手掛けたのはGLAMOROUSの森田恭通さんです。

歴史を感じさせながらも、モダンでゴージャスな雰囲気に圧倒されました。
ここはアジアのリゾートかなと思うような洗練された空間です。

この赤の帯状のモチーフは、神社や神殿を思わせる形状で、素材は金属製のプレートの表面に布のような質感がプラスされており、このインテリアの主役になっています。

全体のトーンを暗めにして、この朱色モチーフの部分に照明を設けることで、
よりこのモチーフが際立って浮かび上がる工夫がされています。

お食事もとっても美味しいので、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

祇園祭の見方

すっかり夏本番ですね。

先日、祇園祭の前祭の山鉾巡行に行ってきました。
いつもは、1箇所に滞在して、次々とやってくる山鉾を見学するのですが、
今回は、一つの鉾の出発から町内に戻ってくるまでを追いかけながら見学してきました。

特に、細い新町通りを建物や電信柱を避けながら山鉾が進んでいく様は迫力満点で、
大通りを巡行している優雅な印象と違って、勇壮な雰囲気でした。

町内に帰ってくると、あっという間に解体が始まり、骨組みだけに。
車輪を外す作業も見ることができました。

今回、初めて1つの鉾に注目して見るという試みをしたのですが、
一緒に鉾を引いているような臨場感を味わうことができ、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

体力に自信のある方には、ぜひおすすめです。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

籐むしろ風ビニル床タイル

我が家の脱衣室で使っている床材です。
時々、旅館の大浴場などで使われているのを見かけます。

籐むしろ風ビニル床タイルは、その名の通り、籐むしろの風合いをビニル床タイルで表現した商品です。
もちろん、本物のしっとりとした風情はないのですが、便利に使いたい、日常使いのスペースにおすすめしています。
ビニル製なので水や汚れが染み込みませんし、表面に凹凸があるので滑りません。
足触りが良いため、素足で歩くような場所に向いていると思います。

表面が凸凹しているので、掃除がしにくいのではと思われるかもしれませんが、
時々の掃除機がけと、たまにの雑巾がけで、10年以上経ちますが、そこまで汚れを感じないのではないかと思います。
高度に清潔さを求める施設は別として、個人住宅で脱衣室の床材に悩んでいらっしゃる方、一度ご検討してはいかがでしょうか。

複数の床材のメーカーから同様の商品が出ていると思います。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

袋コレクション

我が家の猫は袋好きです。
袋を見かけたら、入らずにはいられない性分のようです。

そんなわけで、袋を捨てられず、家中に袋が散乱しています。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

木材会館

東京の新木場に行った時に、ひと際目を引く建物があり、思わず立ち寄ってしまいました。

近づいてみると木材会館の文字が。
なるほど。
かつて、材木の貯木場、問屋が集まった東京における木材の中心地であることを思い起こさせるような建物です。
RCの躯体ながら、ふんだんに木材が使用されており、それが独特なデザインとなっています。

近づいてみると、外観に使用されている木材は、通常流通しているようなサイズの角材で構成されており、構造材で使用するような節付きのものも多く使用されていました。

ただ、目に付きやすい壁や天井は節なしのものを選別して使っているようで、節の存在感をあまり感じることなく見ることができます。
また、RC打ちっぱなしのラフな表情にも馴染んで、とても良い雰囲気です。

節ありの木は見える部分に使用するのには少し抵抗を持ちがちですが、他の材料との組み合わせや、使い分けなど工夫次第で、こんなにかっこよく使えるんだなと思いました。

当日は休館日だったので、今度は内部の見学もしてみたいです。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

ギボウシに蕾がつきました

このギボウシは友人に株分けをしてもらったものです。

あまりお手入れをしていないのに、毎年元気に芽をだし、花が咲き、楽しませてくれます。
それを当たり前のように感じていましたが、どうも自分が植え替えた植物と葉や花のつきかた、元気さが違うのです。
その友人は、しっかりと土づくりをしてくれ、私の性格や住環境に合う品種選びをしてくれていたんだなと、数年経った今ひしひしと感じています。
今は引っ越してしまった友人に心から感謝しています。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

猫の小さな意思表示

我が家には猫が1匹おります。
注意深く観察していると、猫も気持ちが表情や仕草に出るのが面白いです。

我が家の猫は抱っこが嫌いで、
抱っこをしたときの表情がみるみる変化していく様子です。

微妙ですが、だんだん目つきが悪くなり不機嫌になっています。
抱っこはできるだけしないようにします。。。

 

嬉しいときはこんな感じです。

仕事から帰ってくると、玄関まで全力でダッシュしてきます。
しっぽを立てて、撫でてと言わんばかりに顔を上げてきます。

猫は話せないですが、意思をしっかり持っていて、小さな意思表示をしているんだなと改めて感じます。
人間同士も相手の小さな気持ちを汲み取れるような人になりたいなと思います。

猫を通じて学ぶことは多いです。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

インテリアグリーンの便利グッズ

インテリアグリーンのお店で見つけた、便利グッズをご紹介します。

水やりチェッカーSUS・tee(サスティー)

植物に水を上げるタイミングがわからないという方向けの商品です。
実は、植物を枯らしてしまう原因の8割が水やりの失敗だそうです。
何を隠そう、私も数々の植物を枯らしてきました。
そんな悩みを解消してくれそうです。
このスティックを土に刺し、水をあげると写真のように水色になり、水がなくなると透明に戻ります。

土の表面の状態を見ているだけでは内部の状態がわからず、いつも不安を感じながら水やりをしていたのですが、これで自信をもって水をあげることができるようになりました。

インターネットでも購入できるようです。
ご興味のある方はぜひ。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

インテリアグリーン

最近、インテリアグリーンに興味があります。
インテリアグリーンとは、観葉植物やテラリウムなど室内で楽しめる植物のことです。
我が家には一目惚れして買ったテラリウムがあるのですが、うまく育てることができず1回目は枯らしてしまい、新しい植物に植え替えたのですが、また最近元気がなくなってしまいました。
そんな時に、テラリウムを購入したお店で植物の相談会をしていることを知り、参加してきました。

本当に勉強になりました!
特に、観葉植物に必要な光、水、風がどの程度で、どういう風にあげたらいいのかの話は、とても具体的で、その理由も説明してくださり、大変わかりやすかったです。
また、初心者向けの便利なグッズなども教えていただき、枯らしてしまったらどうしようという不安はなくなりました。
テラリウムの植え替え植物3個を購入して、さっそくテラリウムの植え替えをしました。

もとからある植物は、枯れ葉を取り除いて土に戻したっぷり水をあげ、新しい植物を植えました!

ちなみに土の代わりに入れているセラミックソイルは、とても便利なのでおすすめです。
虫も発生しませんし、植え替えも手が汚れず非常に簡単です。
また、水を含むと色が濃くなり、乾燥してくると白っぽくなるので、水を上げるタイミングがわかりやすく、水やりが難しいと感じているか私のような初心者にはピッタリです。今回は枯らさないように頑張ります!


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする

ル・プチメックで朝食を

本日は土曜出勤をしています。
平日と時間も仕事内容も変わらないのに、リラックスした気持ちになるのはなぜでしょうか。
いつもより早く目が覚めたので、会社近くの週末しかオープンしないパン屋さん“ル・プチメック”で朝食を取ることにしました。
開店5分前ですでに5人の行列ができていました。

落ち着いた赤色の外観はパリの街角にありそうな雰囲気で素敵です。

お目当てのパン・オ・ショコラはクロワッサン生地がパリパリのサクサクの食感でとても美味しかったです。

なんだかいい一日になりそうな予感がします。


カテゴリー: 徳村暁子 | コメントする