松村隆孝」カテゴリーアーカイブ

石焼き芋屋台?

先日のこけしと同じ、Yottaの作品がもう一つ展示してありました。

第18 回岡本太郎現代芸術賞 岡本太郎賞受賞の作品

「金時」です。

乗用車を石焼き芋の販売屋台それもデコトラ風に改造した作品。

この車で本当に石焼き芋を販売するパフォーマンスも行ったとか。

そのお味はいかに。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

巨大こけし出現

ロームシアターの中庭に巨大なこけしが出現していました。

これは、一体何なのでしょうか??

これは、見慣れたものを巨大化し空間の中に突如出現させ、空間そのものを作品に昇華させるアートユニット Yottaの作品。

京都文化プロジェクトの一環として展示されたものでした。

皆、遠巻きに写真撮影しています。

このこけしの名前は「花子」だそうです。

立っている姿が見たかった。

 


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

漆塗りの自転車

先日、京都の漆屋さん、堤浅吉漆店を見学する機会があったのですが、そこにさり気なく漆塗りの自転車が置いてありました。

この上品な光沢がすごくかっこいい。

漆、いいですね!


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

京都市美術館別館に行ってきました。

先日、知人のグループ展の発表会?を見るために京都市美術館別館に行きました。

京都市美術館別館は、こういった市民の発表会で使われる事も多いため、行かれた事がある方も多いのですが、美術館別館?となる人も多い施設だと思います。

場所は京都市美術館別館ですが、美術館から若干離れた京都会館(ロームシアター)の中庭に面してあります。

元々は、昭和5年(1930年)に京都市公会堂東館として建てられたいかにも帝冠様式な外観をもつ建物で、平成12年(2000年)から京都市美術館の別館として使用されています。

内部はちょと京都市役所の階段と似ている階段があります。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

春近し

先週末、家の近くの畑に名前はわからないのですが青々とした葉の作物に、可愛い黄色い花が咲いていました。

この日は穏やかな日差しの暖かい日で、春の訪れも間もなくと感じれた一日でした。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

さらば泉の広場

大阪梅田の地下街、ホワイティ梅田にある「泉の広場」

待ち合わせ場所のシンボルマークとしても有名ですが、なんと2019年度中に撤去にニュースが。

なんでも、飲食店街へのリニューアル工事に伴って撤去されるという。

確かにくたびれた感じは否めませんが、「昭和」の雰囲気が残る街の記憶を消し去るのはいかがなものかと思ってしまいます。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

鴨川のほとりにて

先斗町にある町家の実測に訪れた際、久しぶりに少し鴨川をブラブラと散歩。

すごく天気がよい穏やかな日差しの昼下がり。

休みの日は凄く人が多いのに、このタイミングでは人影が全くありませんでした。

この風景をひと時独り占めさせてもらいました。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

平安神宮大鳥居 西側立面図

夕暮れ時。

朱色の鳥居とキラキラと輝く飾り金物が綺麗だったので、真横から写真を撮ってみました。

鳥居を真横からひいた構図で撮る事も少ないので新鮮でした。

まるで立面図のようです。

柱のエンタシスをすごく感じます。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

大宮盆栽美術館

先日、埼玉県の大宮市に行ったおりに少し時間が空いたので、

テレビで紹介されており少し気になっていた大宮盆栽美術館に行ってみました。

埼玉県大宮市には大正~昭和にかけて東京から盆栽業者が移り住み、大宮盆栽村を形成していたということで、盆栽の美術館があります。

盆栽の事は、今までまったく知らなかったのですが、美術館では盆栽の楽しみ方が解説してありました。

他にもいくつか、盆栽の鑑賞方法が解説されていました。

一通り学習し、次は実物を見てゆきます。

園内には多数の盆栽が展示されており、正面を探し下から覗き込んだりしながら、鑑賞していきます。

すると、今まで知らなかった盆栽の世界が目の前に現れてき、展示されている盆栽に魅了されていきました。

写真撮影禁止エリアも多数あり、紹介できない事が残念です。

特別展として開催されていた「盆栽家・木村 正彦」展、凄かったです。

世界観が凄く、終始圧倒されてしまいました。

盆栽の世界、すごいです!


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

タモ材の学習机

子ども用の学習机を購入することに。

色々と製作も含めて検討しましたがリビングの一角に、

ちょこんと置けそうだったので、grafの学習机を購入することに。

発注してからの製作で納期は3カ月と言われていたのですが、

2カ月弱で納品されました。

タモ材のオイル仕上。

学校の教室にあるテーブルのようです。

キャビネット等が何もないのでそこは考えなければいけませんが、

子どもも気に入ってくれたようです。

しっかりと机を有効活用してくれることに期待です。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする