松村隆孝」カテゴリーアーカイブ

キャンプに行きました

先日、雨の日が続くなか伊吹山を望むキャンプ場までいってきました。


キャンプに行くと他のサイトの様子が気になり、あんな便利グッズがあるんだとか、ついつい欲しくなるものが増えてしまいます。

今回のキャンプでは焚火台を購入して持参してしまいました。

コロナの影響で入場者数を通常より絞っての営業をされており、
そのお陰で通常よりゆったりとしたスペースで楽しめました。

ただマスクを嵌めたり、食事時に飛沫の事を気にしたりと、屋外とはいえ気を使う場面もあったので、早く気兼ねなく楽しめる日が来て欲しいですね。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

ジューンベリー

今年も庭のジューンベリーの木になった実が赤く熟してきました。

もう少し熟してから収穫しようと思うのですが、熟しきる前に鳥たちが大部分をついばんでいくので、人間の手元に残るのはごく僅かになってしまいます。

ジャムを作るほど収穫できる日がくるのでしょうか。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

小さな愉しみ

皆がきちんと外出を控えているので、普段は沢山の人で賑わっている京都の観光地も、驚くぐらい閑散としています。

下は祇園新橋13時頃。

今年は家族でお花見もなかなか楽しめないなか、

家に帰ると、娘が嬉しそうに話しかけてきました。

大好きな、すみっこ暮らしのシロクマの花見だんご?があったというのです。

来年は、桜の木の下で、食べれたらいいな。

 


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

木の骨組み

いよいよ春になり、桜が咲き、木々が芽吹く季節となりましたが、

葉を全て落とした、枝だけの木を見るのも好きです。

木の骨格標本を見るような、細かな枝が沢山ある木に何故か惹かれます。

 


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

紙筒の間仕切りシステムを体験してきました

先日、神戸で開催された「BO祭~建築を好きになることが防災につながる~」に参加しました。

あの震災から25年になるんですね。

会場はデザイン・クリエイティブセンター神戸

レトロビルを改装した空間でした。

そこで、紙筒で作る簡易的な間仕切りの組み立てを体験しました。

   震災時などの避難所の間仕切りとして利用するこのシステム。

10分もかからずに組み建てられ、撤収時も5分ほどで解体でき、再利用も出来ます。

中に入ってみると、周りに視線をシャットアウト出来ている事を体験しました。

大きな空間の避難所で簡易ながらも簡単に間仕切る事ができ、少しでも快適な空間になるように考案され、すでに全国各地で用いられています。

もうすぐ、311もやってきます。

今一度、防災の意識を高くもたないとと感じた1日でした。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

Happy Christmas!

12/25日。クリスマスですね。

我が家では何家族か集まってホームパーティーを行いました。

サンタさんからプレゼントを貰い子供たちも大満足でした。

大人たちも、美味しい食事とお酒に大満足でした。

 

今年もあと僅か。

最後まで気を抜かずに過ごしたいと思います!


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

我が家の秋

秋も深まる今日この頃。

我が家のお庭の庭木も色づいてきたと言いたいところなのですが、

今年はヤマボウシが夏の猛暑の影響か、お盆明けから葉っぱが枯れてしまい、ボロボロ状態。

ジューンベリーもあっという間に葉が落ちてすでに丸裸です。

唯一、ドウダンツツジだけが小さいながらも真っ赤に紅葉しています。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

ファミリーキャンプデビュー

とうとう、ファミリーキャンプデビューしました!

仲間とのキャンプ経験はありましたが、家族だけのキャンプは初めて。

今回はテントを張って寝袋で寝る体験をメインに行うということで、
食事は簡単にガスコンロで調理し、焚火はなし。

夕方について昼には帰るという極短キャンプで、雨にも降られましたが、家族も喜んでくれたようで良かったです。

次はもう少しキャンプを楽しめたらと思っています。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

西陣 伝統文化祭「千両ヶ辻」 箔屋野口にいってきました

9/23に西陣で開催された伝統文化祭「千両ヶ辻」
その中で箔屋野口にいってきました。

箔屋野口は、築140年の町家にあります。

この日は4代目野口康さんと5代目野口琢郎さんの親子展が開催されていました。

家業の金箔を用い、作家活動をされています。
家のあちこちに作品が飾られていました。

この立派なお庭に面した和室にもこのように庭の方を向けて作品が展示されていました。

電気を消すと、

このように自然光のみで鑑賞することができました。
柔らかに差し込む天空光の光に箔がキラキラと煌めいて、時間と共に表情が変わり、

電気の灯かりの元で見るより、こちらの方が魅力的に感じます。

野口さんの作品を見るたびに、1枚欲しいなと思ってしまいます。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする

福山・尾道 建築巡り~その11完結編

ここまでで、1泊2日。すでにお腹いっぱいですが、最後に素敵なスポットに訪問しました。

阿伏兎観音(あぷとかんのん)。

古来より航海の安全・子授け・安産の祈願所として地元の信仰を集めている場所だそうです。

これにて、今回の建築を巡る旅は終了。天気にも恵まれ、素敵な旅になりました。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントする