投稿者「和田 章宏」のアーカイブ

Google Map ホテルリスト

旅行先のホテルを決めなきゃいけない…でも星の数ほどあるホテルからどれを選べばいいんだ~!?

という方に朗報。

『商店建築』や新建築社が出版しているホテル特集の雑誌に載っているホテルをGoogle Mapのリストにまとめました!

ゲストハウスからリゾートホテルまで現在137のホテルや旅館がリストアップされていますが、どんどん更新していく予定です。

ここから選べばいい感じのホテルに泊まれるはず!

共有リンクは↓

Google Map ホテル/旅館

それではっ


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

インフルエンザに注意

インフルエンザが全国で猛威を奮っているようです。

例年1月末から2月上旬がインフルのピークだということで今から免疫力を高めていきましょう。

免疫力を高めるために最近ヨーグルトメーカーを買いました。

ヨーグルトメーカーとは牛乳と市販のヨーグルトを使って簡単にヨーグルトを作ることができる機械です。

市販のヨーグルトを牛乳に入れてヨーグルトメーカーに8時間セットしておけば約1kgのヨーグルトができます。

(ヨーグルトヨーグルト言いすぎてヨーグルトがゲシュタルト崩壊してきました)

ヨーグルトをたくさん食べて今年は風邪知らずで過ごしたいです。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

小上がりの法則

ホテルの部屋の画像を見ていてよく思うのですが、小上がりがある方が良いホテルに見えます。

完全に主観です。

どうしてでしょうか…?

いわゆる「使えるスペース」は減少しているのですが、小上がりの上にベッドが置いてあると落ち着きます。

靴を脱ぐことを前提とした場が日本人にとってしっくり来るのかもしれませんね。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

枚方T-SITE

枚方に枚方T-SITEという商業施設があります。

T-SITEというのは「蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設」であり、全国に何店舗かあります。

この枚方T-SITEの目玉とも言える場所がここ。

この大きな本棚の前でスタバのコーヒーを啜るのがオシャレだということでよくSNSで写真を見かけます。

私が行ったときはこの本棚の前で取材写真なんかも撮っていました。

確かに説得力のあることを言っている感じの写真が撮れそうですね。

フォトがジェニックなこの空間、一度訪れてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

オーバーヘッドシャワーが苦手

ホテルなんかでたまに見るこのタイプのシャワー。

オーバーヘッドシャワーと言いますが、私はこのタイプのシャワーが少し苦手です。

なんというか、逃げ場がないというか。

シャワーって出し始めは高確率で水が出ますよね。

ホース付きのシャワーの場合、水が身体にかからないようにお湯が出るまで壁などに放水すればいいだけですが、オーバヘッドシャワーはそれができない。

ハンドルをひねった瞬間、上から水が降ってきます。

「いやいや、ホース付きのシャワーでお湯が出るまで待ってからオーバーヘッドシャワーに切り替えればいいじゃない」と思うじゃないですか。

しかしここにも罠が…!

シャワーの切替を行うレバーがシンプルすぎてどっちがオーバーヘッドシャワーなのかわからない場合があるんです!怒

大抵この2択を外して水をかぶる羽目に…

シンプルにするのはいいけどユーザビリティ考えろ!

というわけでユーザを置き去りにするデザインは良くないよという話でした…あれ?


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

ゲーミングマウスをオフィスで使う

ゲーミングマウスというのをご存知でしょうか。

簡潔に言うとPCでゲームをするために開発されたマウスです。

特徴はなんと言ってもこの大量のボタン。

これらのボタンにはキーボードのキーを自由に割り当てて使うことができます。

私は普段PCでゲームをすることはないのですが、Vectorworksなどのショートカットキーを多用するソフトを使う際に有効活用できそうだと思い購入しました。

結果から言うと購入して正解でした。

ツールの切り替えが非常にスムーズに行えるため、作図のスピードが上がりました。

40個のショートカットキーを3パターン記録できるので、1.Vector、2.CGソフト、3.Photoshopなど使い分けることが可能です。

デメリットはショートカットキーを自分で覚えていないため、このマウスがないと途端に作業スピードが落ちるといったところでしょうか。

ただ、自分以外のPCを触ることはあまりないので、普段デメリットを感じることはありません。

つまりメリットしかないといっても過言ではないでしょう。

ゲーミングマウス、導入を検討してみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

端材の有効活用?

最近気づいたのですが、事務所のコップ置き場がフローリングでした。

サンプルでしょうか?

もったいない精神ここに極まれり。

…タイルのサンプルもどこかで使えるといいのですが。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

Vectorworks 2018

2019年に入り、スタッフ全員のVectorworksがVer.2018になりました。

Vectorworksというのは図面を描くためのCADソフトのことです。

今までVer.2015を使っていたので一気に3世代分ヴァージョンアップしたことになります。

2015と2018の違いは…何でしょう。

UIはあまり変わっていないように思います。

A&A曰く2015は32bit版で2018は64bit版なので積んであるメモリを最大限(4GB以上)活用できるとのこと。

なるほど~。

会社PCのメモリは8GBもしくは16GBなので64bit版の恩恵を受けられそうですね。

爆速で開発が進む気がしてきました。

新しいソフトで気持ち新たに頑張っていきましょう。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

梅体験専門店「蝶矢」

先日、京都は六角通堺町にある梅体験専門店「蝶矢」に行ってきました。

梅体験専門店とはなんぞや。

曰く”日本の梅文化を現代的なスタイルで提供し、「大切な人とのつながりを育む文化」として発展させるべく、革新を続けながら伝統文化を守ってきた文化首都京都から世界へ発信していくための施設”だそうです。

簡単に言うと梅酒や梅シロップづくりの体験ができるお店です。

店内は非常にミニマルな空間。

コンセプトや内装、商品ライナップなどのデザインプロデュースはLUCY ALTER DESIGNさんが行っているようです。

梅酒といえば「大きな瓶に赤いフタ」というのが定番ですが、化学の実験用品のような入れ物に入った梅酒はおしゃれなインテリアアイテムにすら見えてきます。

映え~。

梅シロップは完成まで1週間、梅酒は1ヶ月ほどかかります。

私は梅酒を選択しました。完成が楽しみです。

梅体験専門店「蝶矢」


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

弥山

厳島神社がある厳島(通称:宮島)には弥山(みせん)という山があり、頂上の展望台からは日本三景の景色を楽しむことができます。

途中まではロープウェーで登ることができますが、頂上まで行くには40分ほど登山道を歩く必要があります。

気温は8℃ほどしかありませんでしたが、汗だくになりました。

頂上の展望台は老朽化により解体され2014年に新しく生まれ変わりました。

新展望台の設計は三分一博志さんです。

三分一さんらしい抜け感のある空間でした。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする