投稿者「fukushima」のアーカイブ

台湾出張②Zhongshan Linear Park

蒸し暑い中、誠品生活南西店からもう少し散策してみました。

MRTの中山駅から捷運駅に沿って細長い公園(Zhongshan Linear Park)沿いを歩いていると、

うさぎに

かたつむり

風船…

他にもロボット系のオブジェというかアート作品が並んでいました。

公園沿いの築年数の経っていそうなビルには、この金属格子でできたベランダ…ではなく防犯用の囲い(通称鉄窓というそうです。)をよく見かけました。

防犯用の格子といえば日本だと平面的な格子ですが、台湾では籠状というか出窓のように突き出ています。

今回は1日弱の滞在でしたが、短時間の散策でも台北の雰囲気を感じられました。

今度はゆっくり旅行で訪れたいです。


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

台湾出張①誠品生活南西店

先日台北へ出張してきました。

宿泊するホテル近くを歩いていて見かけた、誠品生活南西店をのぞいてきました。

台北の有名書店、誠品書店(eslite)プロデュースの去年秋にオープンした商業施設です。

ファサードデザインは家型の窓がポイントになっています。

5Fの誠品書店入口前です。

1Fから5Fまで吹き抜けのエスカレーター周辺の壁や天井は木調パネルや格子でまとめてありました。

触った感じは無垢材でしたけど、不燃材なのか気になるところです。

ブース毎に天井の形や高さに変化があったり

部屋の様に区切られていたり。

今年の秋には日本(東京日本橋)にも出店するそうです。

台湾出張②へ続きます。

誠品生活南西店


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

アンスティチュ・フランセ関西

京都ワインフェスティバル2019に行ってきました。

株式会社ワイングロッサリーさん主催のワインイベントで、今年で10周年だそうです。

アンスティチュ・フランセ関西の建物内部と中庭を使って、100種以上のワインと京都の飲食店の美味しいお料理が屋台ブースとして出店されていました。

今年はいい天気で暖かく、桜もちょうど見頃でした。

アンスティチュ・フランセ関西は、1936年に日本とフランス文化の交流施設として建設れた洋館建築です。国の登録有形文化財(建物)にも指定されています。

2002-2003年に改修されていますが、レトロな趣は残っています。

道路沿いのガラスとスチールのゲートと塀は、改修の時にできたように記憶しています。

白い外壁とガラスの薄緑、桜の組み合わせが春らしく綺麗でした。


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

原美術館

大学生で東京に住んでいたころに企画展示をよく見に行っていた原美術館が、2020年度12月で閉館になると聞き、久しぶりに訪れました。

個人邸宅(設計:渡辺仁)を現代美術専門の美術館として再利用し、40年になるそうです。

閉館の理由としては、建物の老朽化とバリアフリーに対応できていないことが挙げられています。

作品は群馬県の伊香保温泉近くにある、ハラ ミュージアム アーク(設計:磯崎新)に移されるそうです。

中庭に面した円弧形状のテラス部分がカフェになっています。

今では当たり前ですが、当時は美術館にカフェが併設されているのは珍しかったそうです。

ゆったりした中庭(作品も展示してあります。)を眺めながらゆっくりできるのもあと少しだと思うと残念です。

原美術館


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

文喫

最近中々時間がとれませんが、本を読むのが好きです。

多分視力が悪くなったのは、親からの遺伝と読書のせいでは(決して勉強しすぎとかではないです。)と思っています。

面白そうな本屋、本が読めるカフェ等、気になるところがあるとついふらっと入ってしまします。

今回行った文喫さんは六本木駅から徒歩一分(もかからない)の立地にあります。

元々は青山ブックセンターという本屋があり、閉店後に最近できた本屋です。

本と出会うための本屋というコンセプトのもと、

入場料 1500円

一、総合受付で入場バッジを受け取る

二、飲食受付で珈琲・煎茶(おかわり自由)を受け取る

三、じっくりと本を選び、好きな席で過ごす

四、意中の一冊と出会うかもしれない

五、店内の全ての本が購入可能

六、お帰りの際は入場バッジを受付に返す

というシステムの図書館と本屋とカフェが融合したような場所です。

入口から入ってすぐは雑誌等が置いてあり、ここは入場料無料のスペースです。

有料コーナーはカウンターで入場料を支払い、簡単な説明を受けて入場バッジをもらいます。入場バッジの裏にはwifiパスワードが書かれています。

書架コーナーの床はピンクがかったモルタルに真鍮目地の組み合わせがちょっとレトロな雰囲気です。

1階はカフェに近い席や、靴を脱いであがって大きなクッションにもたれてくつろいで本が読めるスペース等がありました。椅子の種類、並べ方も色々あってどこに座ろうかうろうろしてしまいました。(靴脱ぎスペースは空いていませんでした…。)

ロッカーに荷物や貴重品を入れて、無料(入場料に含まれています。)のコーヒー(かお茶)を受け取り隅っこの一人ソファ席に落ち着きました。

2階閲覧スペースはデスク付きで図書館っぽい雰囲気でした。

また来店したいです。

 

文喫


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

出隅のディテール

 

実家の近所の二十日さんというお店の壁の出隅部分の写真です。

45°角を落とすように面を作り、天井から床まで小幅板が通っています。

ざらりとした聚楽壁、細かい洗い出し仕上げの土間と素地仕上げの小幅板、素材の組み合わせがしっくり馴染んでいます。

コーナーガードのような既製品をとってつけたような浮いてる感じもなく、角を守りつつディテールとしても美しい納まりだなと思いました。


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

KITTE

年末に東京出張した折、京都に帰る前に東京の知人と食事をすることになり、それまでの暇つぶしのつもりでKITTEに行きました。

KITTEは旧東京中央郵便局敷地に立つJPタワー内の商業施設で、内装デザインは隈研吾氏が設計されています。

プレスリリース用の完成予想CG画像を発見したので、実際の建物と比べてみることにしました。

上が竣工前のKITTEのアトリウム完成予想CG画像で、下3枚が現在のKITTEのアトリウム写真です。

アトリウムに関しては、ほぼCG通りに仕上がっている印象でした。

上が竣工前のKITTEの2階回廊完成予想CG画像で、下が現在のKITTEの2階回廊壁面です。

若干形状は違いますが、コンセプト通り瓦のような素材の壁面でした。

上が竣工前のKITTEの5階回廊完成予想CG画像で、下が現在のKITTEの5階回廊壁面です。

「繊細な線でできた木の空間」というコンセプトに近いパネルで仕上がっていました。

結局ここから移動せずに建物を上から下まで見学、3-4階のギャラリー展示も見て、B1階のカフェで待ち合わせして、5階のレストランで食事→東京駅で二軒目→京都に帰りました…。

KITTE


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

手帳問題

毎年どんなタイプを買おうか悩む手帳問題…。

スマホのカレンダー系アプリに入力することが増えたので、それに比例して手帳に書き込む量が減ってきています。

でも、ないとそれはそれで困る…。(携帯忘れるとか、紛失するとか、充電切れたとか、ネットワーク繋がらないとか、メモ帳忘れた時とか…。)

今年は薄~い物を買おうかと探していた時に、偶然良い物を発見しました。

横幅15cm 縦5cm 背幅1センチの超コンパクトサイズです。

商品名はSTICK DIAR、見た目そのままです。

これに合うゴム的なバンドを探し中です。

来年までに見つかるかな…。

LACONIC


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

ロロ・ピアーナ・インテリア展示会/嶋臺ギャラリー

嶋臺ギャラリーでFABLICAさんが展示をされていると聞き、先日立ち寄らせていただきました。

嶋臺ギャラリーは、御池東洞院通り西北角の登録有形文化財し登録されている町屋で、展示を開いていないときは内部は公開されていません。

最近だと、確かKYOTO GRAPHYの展示会場になっていたと思います。

ファブリック(カーテン生地)の展示風景です。

照明は暗めで、雰囲気重視という感じでしょうか…。

ALEXANDER LAMONT(アレキサンダーラモント)というブランドのストローマルケタリー(ライ麦の寄細工)やエイ皮を研磨、着色して作られたパネル材のサンプルです。

ストロー材がこんなに光沢が出ると思っていなかったのでびっくりしました。

町家の古い空間と、色々な素材やファブリックの質感が混ざりあって、ゴージャスで素敵な空間でした。

FABRICA

ALEXANDER LAMONT

嶋臺ギャラリー


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

晦庵 河道屋

休みの日に出かけた時、お昼にお蕎麦を食べに晦庵 河道屋さんへ行きました。

家族で来たことはありますが、何年振りに来たか思い出せないくらい久しぶりです。

玄関をくぐって、

前庭を通り、

お店の中へ。

網代天井に破れ格子の欄間が目に入ります。

左奥の小上がりの桟敷席かと思い、靴を脱ごうとしかけたら…(前に来た時はここの席だったかな…多分)

違ったらしく、桟敷席(席空いてるけど…、まぁ、いっか…。)を横目に見ながら通り過ぎて、一旦通り庭に出てから離れ(ここの腰窓にも破れ格子のデザインが)へ。

離れの中に入ってすぐ左のこじんまりした椅子席…

…でもなく、

ここも通り過ぎて、(あれ、ここも席空いてるけど…、まぁ、いっか…。)靴を脱いでスリッパを履き、お庭の見える奥の椅子席へ案内されました。

しばらくまったりお蕎麦を待ちながら庭を眺めつつ、何気なく障子を見ていましたが…

この障子、框に引手がないタイプ…、どうやって動かすのかな…。

と思ってじろじろ見ていると、下桟に指が入るサイズの四角形の穴があり、そこに指を引っ掛けて開閉&鍵をかける(=固定する)仕組みのようです。なるほど…。

お庭方向から背中側を振り返ると、床の間に冬あじさいが生けられていました。

冬あじさいとは、数年前に台湾原産の常緑紫陽花×大きな花が特徴の西洋紫陽花を交配した日本で開発された品種らしいです。

今頃あじさい?な違和感は少しありますが、綺麗なのでいいと思います。

洗面所には嵯峨菊が。こちらは秋らしい季節感を感じます。

美味しいお蕎麦、ごちそうさまでした。

晦庵 河道屋


カテゴリー: 福島直子 | コメントする