建築写真の超小ネタ

建築写真の”超”ピンポイント解説をします。

需要はあまりないと思いますが気にしないことにします。

点光源が写真に写ったときに出るこの光の線。

これを『光芒(こうぼう)』と呼びます。

この光、レンズの絞りを絞れば絞るほどよく伸びます。

『絞り』とはレンズに付いている「レンズを通る光の量をコントロールする機構」のことです。

それでは絞りを絞ったときとそうでないときの光芒の違いを見てみましょう。

絞りを絞ったとき~(F22)

絞ってないとき~(F2)

どうでしょうか。絞ったときのほうが光芒がきれいに伸びてますよね。

まあ、絞れば絞るほど良いのかというとそういうわけでもないのですが…

というわけで建築写真の超小ネタ、絞りによる点光源の光芒の違いでした。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

ウチの新人

みなさま、初めまして。
今年の1月より入社しました市毛です。
よろしくお願い致します。

今回が初ブログとなるので少し自己紹介。

設計の仕事を始めてから早十数年が経ち、
個人住宅やマンション、店舗の設計や、 事務所の改修、
宿泊施設へのリノベーションなど 様々なお仕事に携わる機会を頂き、
様々な方との出会いがありました。

 建築は完成したら最後ではなく、そこからが物語のはじまりです。
 人々がそこで過ごす時間を積み重ねることで、空間により深みが増します。
 時が経つにつれ、深く愛され、生まれる 価値=“建築・デザイン”を
 一緒に考えていければと思っております。

さて、突然自宅の話ですが、
自宅は中古マンションを購入し、フルノベーションをしています。
旧耐震でもあったため、また今の京都土地バブルに入るぎりぎり前だったため
かなりお安くフルローンを組めました!笑
今では、当時の1.5倍ほどで売りに出ていたりするので、ゾッとします。

以前の賃貸マンションから引越した当初は植栽が何もありませんでした。
特に住宅では空間に植栽があるとないとでは、その空間が大きく変わります。
まだ子供も小さかったのでいたずらされてしまうのでは?
と少し心配でしたが「アマゾンオリーブ」という観葉植物を購入。
名前からオリーブの仲間と思われがちですが、
実はユーカリに近い品種で東南アジアを減産とする熱帯性の常緑樹です。
日本での流通はまだまだ少ないみたいですが。。。

そのなアマゾンオリーブこと「ブーちゃん(子供がネーミング)」がウチに来てもう3年、
子供と同じ歳です。

そんな中、今年よりウチにも新人が入りました!!
「ペコちゃん」こと「リュウビンタイ」というシダ植物の一種です。

まだまだ小さく分かりにくいですが、
ごつごつとした株からゼンマイのように渦状に伸びる芽が特徴です。
強い日差しや乾燥して水分が無くなると、ダラ~っと芽が垂れ下がります。
でも、水を与えるとみるみるうちに復活!
見ていてあきないヤツです。

インテリアグリーンとしては、まだ二つですが
良いものがあればドンドン増やしていこうと思ってます。

新人のペコちゃんにも負けないよう頑張っていこうと
思いますので どうぞよろしくお願い致します!!!


カテゴリー: 市毛 翔 | コメントする

バレンタインデー

昨日はバレンタインデーということで、女性社員の皆様からお菓子をいただきました。

Dari K(ダリケー)というお店のチョコサンドです。

京都発のチョコレートブランドのようです。

オシャレですね…!

巷では「男はGODIVAしかチョコレートのブランドを知らない」みたいなことを言われているらしいですが、これで一つチョコレートブランドに詳しくなれました。

ホワイトデーのお返しも考えないとですね~。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

移動ショールーム

先日事務所に
建具メーカーのカドヤの営業さんに
商品PRに来ていただきました。

トラックの後ろがショールームに
なっている移動式ショールームです。

既製品の建具は施工効率と耐久性、価格に特化している為、
角の納まりなど見た目の部分に劣る部分があるのですが、
今回はそこを狙ってデザインに特化した商品。

木目が印刷されたシートだけでなく、
突板(本物の木を表面につかったもの)の商品も
取り扱っておられるようで、
おお~とスタッフ内でも声があがっていました。
中に入って扉を開け閉めして体感もできます。

こうした大きな商品は
ショールームへ足を運ばないと見ることができないのですが、
こちらへ来ていただいて、見ることが出来、
情報収集のとてもよい機会になりました。

カドヤ株式会社


カテゴリー: 和田奈津紀 | コメントする

文喫

最近中々時間がとれませんが、本を読むのが好きです。

多分視力が悪くなったのは、親からの遺伝と読書のせいでは(決して勉強しすぎとかではないです。)と思っています。

面白そうな本屋、本が読めるカフェ等、気になるところがあるとついふらっと入ってしまします。

今回行った文喫さんは六本木駅から徒歩一分(もかからない)の立地にあります。

元々は青山ブックセンターという本屋があり、閉店後に最近できた本屋です。

本と出会うための本屋というコンセプトのもと、

入場料 1500円

一、総合受付で入場バッジを受け取る

二、飲食受付で珈琲・煎茶(おかわり自由)を受け取る

三、じっくりと本を選び、好きな席で過ごす

四、意中の一冊と出会うかもしれない

五、店内の全ての本が購入可能

六、お帰りの際は入場バッジを受付に返す

というシステムの図書館と本屋とカフェが融合したような場所です。

入口から入ってすぐは雑誌等が置いてあり、ここは入場料無料のスペースです。

有料コーナーはカウンターで入場料を支払い、簡単な説明を受けて入場バッジをもらいます。入場バッジの裏にはwifiパスワードが書かれています。

書架コーナーの床はピンクがかったモルタルに真鍮目地の組み合わせがちょっとレトロな雰囲気です。

1階はカフェに近い席や、靴を脱いであがって大きなクッションにもたれてくつろいで本が読めるスペース等がありました。椅子の種類、並べ方も色々あってどこに座ろうかうろうろしてしまいました。(靴脱ぎスペースは空いていませんでした…。)

ロッカーに荷物や貴重品を入れて、無料(入場料に含まれています。)のコーヒー(かお茶)を受け取り隅っこの一人ソファ席に落ち着きました。

2階閲覧スペースはデスク付きで図書館っぽい雰囲気でした。

また来店したいです。

 

文喫


カテゴリー: 福島直子 | コメントする

無印良品の家

グランフロント大阪の無印に『無印良品の家』の1/2スケールの模型が置いてあります。

模型とはいえ家具なども作り込んであるため、5才児くらいなら住めそうなクオリティです。

無印の家といえばSE構法ですね。模型でもちゃんと接合部にSE金物を使っているような切れ込みが見えます。

金物も1/2で作っているのかもしれません。

無印の家で一番気になるのは『この家を買った分のMUJIマイルは貰えるのか?』ということ。

MUJI mileの最高ランクは”ダイヤモンド”ですが、もしかしたら家を買った人しか到達できない未知のステージがあるかもしれません。

お金に余裕のある方は試してみてください。笑


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

節分祭

自宅近くにある「建部大社(たけべたいしゃ)」の節分祭。

自称「強豆運」の持ち主であるタカハシ。
12時半から行われる豆まき神事で今年も豆が自分のところに飛んでくると信じて挑んできました。

少し出遅れてしまって後方にしか陣取れず、
センター左側にいる腕力のありそうな方に狙いを定めて豆を待つことに。
いざっ!

!!!!!

見事に飛んで来ました!しかも大きいほうの袋!
しかも狙いを定めたセンター左側の人から(笑)
自称「強豆運」は今年も健在です。


カテゴリー: 高橋亮 | コメントする

RAKURO KYOTO

先日事務所の新年会をRAKURO KYOTOさんのカフェTSUNAGUで行いました。

新年会の前にRAKUROの客室を見せていただけるということでスタッフで見学。

RAKUROはKUMUと同じReBITAさんプロデュースの『THE SHARE HOTELS』の5店舗目です。

シンプルで可愛らしさのある客室で、女子会の利用も多いのだとか。

ちなみに建築女子会だとこんな感じ。(小上がりの間接照明を覗き込む3人)

視点が普通の女子会とは一味違いますね!

客室やカフェの他にも共有スペースがあり、交流の場が設けられています。

詳しくはWebサイトをチェック!

RAKURO KYOTO

カフェTSUNAGUの料理も美味しかったです。

RAKURO KYOTOさんありがとうございました!


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

節分の恵方は4つしかない

昨日は節分だったんですね。完全に忘れてました。

今日初めて知ったのですが、節分の恵方って「東北東、西南西、南南東、北北西」の4つしかないんですね…

「いつになったら”真北”とか”真東”が来るんだろう…?」と本気で思っていました。

お恥ずかしい限り。

何も知らずに恵方と呼ばれる方角を向いて巻きずしをかじっていたかと思うと笑えます。

伝統文化の意味をもう少し知ろうと思った瞬間でした。


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする

フォルダを名前でソート(並び替え)したときに一番最初に来る文字は?

こんにちは。和田(章)です。

普段私はファイルを管理するときに、数字をファイルの頭につけて名前でソート(並び替え)できるようにしています。

このようにすると基本的に「00」を冠するファイルが一番上に来ることになりますが、更にその上にファイルが来るようにしたい場合どのような文字を頭につければよいのでしょうか。

気になったので調べてみました。

使うのはこれ、IMEパッドです。

フォルダのソートはUnicodeの登録順で行われるため、Unicodeに登録してある文字の一覧を見ればどの文字が最初に来るのかがわかります。

どうやら『 』半角スペースが最初に登録されているみたいですね。

ただし、半角スペースはファイル名の一番最初には使えないため、当初の目的を達成するには『!』半角エクスクラメーションマークを使えばよいようです。

注目してほしい感じがファイル名に表れていますね。

ちなみに一番最後の文字は…なんでしょうこれ。どう変換すれば出てくるのかすらわかりません…

ということで

Q.フォルダを名前でソート(並び替え)したときに一番最初に来る文字は?

A.!(半角エクスクラメーションマーク)

でした!


カテゴリー: 和田章宏 | コメントする