京都新聞 2013年02月08日号


京都新聞 2013年02月08日号
 

京都新聞 2013年02月08日号リーフがホテル開業へ

〜中京 和風にアジア文化融合〜

 月刊誌発行のリーフ・パブリケーションズ(京都市中京区)は7日、同区姉小路通油小路東入ルで5階建てホテル「京都・姉小路別邸」を7月1日に開業する、と発表した。全7室がツインルームで、日本とアジアの文化を融合させた雰囲気にするという。

白社物件を取り壊して建てる。述べ495平方メートルで、2〜5階が客室。5階が1室60平方メートル、残り6室は30平方メートルで、計画では土壁のような壁紙を採用し、テーブルなどの調度品はアジア調にする。価格は閑散期で30平方メートルの客室1室で1万2千円程度を見込む。

外観は京町家風で、格子窓を設けたり、1階フロントに入るまでの通路を石畳にしたりする。1階には日本酒バーも設ける。投資額は約1億3千万円。

リーフは京都市内で運営するリラクゼーション施設の経験を生かし、京都に関心を持つ首都圏の女性や主婦に売り込む。4月から予約受け付けを始め、年間稼働率80%を目指す。

Publishedへ