清水スタンド 仕上塗装工事

清水スタンド新築工事、大詰めです。
厳しい工程の中で施工店さんには本当に頑張っていただいています。

今回の清水スタンドは全体に明るい色調であまり色は加えず、シンプルに仕上げるイメージです。
使われているの木材の素地の色が年月と共に経年変化でアメ色に変わっていき、
お店に深みが増すことを期待し、あえて着色はしていません。

と、いいながら木材は樹種によって当然色味が異なります。
今回も米杉、ラワン、ナラ、ピーラー、ホワイトアッシュ…部位により使用する木材は様々です。赤味の強いもの、黄味の強いものと、かなりバラバラ。

そのあたりを調整するために、一部の樹種には本当に若干の色味をつけて違和感が出ないようにバランスをとっています。現場にて塗装屋さんとああでもないこうでもないと言いながら色を決めるのは、毎回とても楽しい作業です。

階段壁面のピーラー羽目板は手垢がつかないようにクリア塗装のみ。真鍮製のブラケット照明も月日とともに味わいが出てきます。色の変化が楽しみです。


カテゴリー: 清水スタンド新築計画 パーマリンク