骨董品2

2階は当初、テナントが入る予定だったのですが、

その話が無くなり徐々に骨董品の倉庫と化していったようです。

施主様が前回訪問した時から一部の骨董品を売ったり移動さして下さったので、

家具の全体像がわかるようになったので、一緒に家具を選びました。

今回のゲストハウスは骨董品を使用することが条件の一つです。

使う予定の家具を決定し採寸家具の寸法に合わせ工事の微調整を行います。

 

 


カテゴリー: 中京堺町 ゲストハウス改修工事 パーマリンク