清水スタンド 外装工事

11月末のオープンに向けて、工事のほうは着々と進んでいます。
外部の足場が外れました。東山の八坂の塔近くに建つこの地域は、京都市の条例により
景観的な規制が色々あります。軒庇をつけること、屋根は瓦葺きで勾配屋根にすることなど、それらを満たすとかなりファサードデザインは決まってきます。

その中で地域に溶け込むようにガラス面を多用したデザインを京都市に認可をいただき、
開放的な店構えにすることができました。道行く人が気軽に入ってくれる雰囲気がつくれたのではないかと思います。

サッシにはアイアン塗装をしてみました。
普通の焼付の黒とは違い、深みが出ます。


カテゴリー: 清水スタンド新築計画 パーマリンク