清水スタンド 配筋検査

基礎工事が始まりました。
今回の敷地は、奥のお隣の敷地が2mほど高低差があるため、京都市の崖条例の規則に則り基礎を高くしています。通常の基礎は30cm程度の立ち上がりですが、今回は奥の基礎高は約1m30cm。給排水の立ち上がりも基礎と同時に打ち込むため、開口部分は鉄筋を増し補強します。IMG_5773IMG_5784


カテゴリー: 未分類, 清水スタンド新築計画 パーマリンク