M様和食店改装計画 天井工事

M様和食店改装計画の天井を施工しました。

※ちなみに現場ブログは遅れておりますが、「料理屋まえかわ」として6月4日よりオープンされています!

「さゝ木劇場」と称される祇園さゝ木にて料理長をされていた前川さんが開かれるお店ということで、カウンターまわりをどう納めていくか、そして、町家ならではの天井の低さをどうするか、設計時から検討を重ねてきたところが少しずつ出来上がってきています。

一階は全て土足のため、床レベルを下げることで、鉄骨補強をするための天井懐を確保し、メインの客席がカウンター席ということでグッと天井高さを抑え、落ち着いた空間に。

舟底天井は、頂点を客席部分にもってくることで圧迫感を与えないようにしつつ、両側を下げることで空調ダクトや配線のスペースを確保しています。見切りの溝には吹出口や感知器、非常照明をまとめることで、天井に余分なものがでてこないようにしました。

 

カウンター上部に垂れ壁を設け厨房と客席の空間を分けている飲食店をよく見ますが、ここでは一つ屋根の下、料理人と客人が空間を共有し、一体感を持って料理を楽しめればと考えています。

 

頂点を振ることでできたカウンター上部の天井面には、眩しくないよう和紙による光天井を設けて全体の照度を確保し、その脇に手元や料理を照らすためのユニバーサルダウンライトを仕込んでいます。

 

和紙の種類と照明の位置によってどのように照らされるかを現場にて検討しました。照明のラインが見えてこないようにうまく調整できそうです。

 

 


カテゴリー: M様和食店 改装計画 パーマリンク