(仮称)アビステ京都ホテル新築計画 外壁パネル工事

京都市東山区ホテル新築プロジェクト、いよいよ外壁パネル取付工事工程に入りました。

写真は3階西側の外壁パネル(押出成形セメント板)を取り付けている場面です。

約600mm幅のパネルを縦張りで取り付けています。

仕上げ材としてW1200mm×H600mmの大判タイルを張るため、写真のパネル(押出成形セメント板)に金物のレールを取付けて、接着剤と併用してタイルを張っていきます。

これをビームハール工法と言います。

次回はタイルを張っていく工程をアップしたいなと思っています。


カテゴリー: (仮称)アビステ京都ホテル新築計画 パーマリンク