S様邸改装工事 勾配天井は屑張り仕上げ

現場も順調に進んでいます。
工務店さんからの提案でリビングの勾配天井の仕上げを「屑張り」にて仕上げて頂きました。
“屑張り”ってナニ?と、恥ずかしながら知らなかったのですが、あの四君子苑にも使われている技法らしく、「板の端材を集めて間に合わせた粗野な作り」らしいのですが、もちろん今回は端材なんかではなく、ちゃんと新たに加工をして作成して頂きました。

写真では分かりにくいですが、幅と厚みがランダムで仕上げられていて、単調な羽目板よりもリズミカルな動きになり、面白さを感じられます。

キッチンカウンターも出来上がっていて、憧れの対面キッチンです。

ユニットバスも据え付け完了していました。
奥様と一緒にショールームで決めた仕様。ラグジュアリーなお風呂で羨ましいです。


カテゴリー: S様邸改装工事 パーマリンク