公益社宇治家族葬PJ 配筋検査

配筋検査を行いました。

配筋検査では構造設計図書と相違がないか、各基礎形状の配筋の太さ、ピッチ、本数の確認を行います。

規模も大きくなく現場監督さんもしっかりとしてくださっているのですんなりと終わりました。

次はコンクリート打設です。

建物の半分をホールが占めているため立ち上がりがなく平べったい基礎でなんだか不思議な光景でした。


カテゴリー: 公益社宇治家族葬 新築工事 パーマリンク