月別アーカイブ: 2月 2017

ごろんぼ

この物件は元が蔵という事もあって、梁やごろんぼが見える状態であります。
P1180865
やっぱり立派なごろんぼがあるだけで、気分が上がります。
このごろんぼを見せようと、二階は天井高さを保ちながら、杉板貼りで仕上げる予定です。
本当はこの味のある土壁もうまく活かしたいと思っていたのですが、やはり、日本文化体験という事で基本的には畳貼りで、さらに茶道を行うという事で、壁は漆喰・聚楽仕上げにする事になりました。


カテゴリー: 体験教室 蔵改修計画 | コメントする

三階スラブ配筋

P1190230
3階スラブ確認の為、初めてRC3階建の高さまで登りました。(笑)
これはまだコンクリートを流し込む前です。
丁度配筋屋さんが作業中で、実際に作業を垣間見る事ができ、手際の良さに驚きました。
この現場の配筋屋さんは業界でも質の高い仕事をしてくれる職人さん達だったようで、最初から良い現場を見る事が出来て良かったです。


カテゴリー: 京都二条城北ホテル  | コメントする

一階配筋

一階配筋の様子です。
IMG_4326
IMG_4329
基礎配筋が終わり、基礎コンクリート完了の状態です。
IMG_4328
この時初めて現場に行かせて頂いたと同時にRC造の現場を見るのも初めてだったので、
すごく印象に残っています。
これだけの人が関わって、建物の基礎をつくっているという事だけでも建築というのは一人ではつくれないのだと改めて思いました。当たり前の事ですが(笑)


カテゴリー: 京都二条城北ホテル  | コメントする

ニッチ

NISHIYAMARYOKAN客室改修計画の
ニッチ造作です。
建物自体の躯体は鉄筋コンクリートですので、
客室の角には柱型が出てきてしまいます。
IMG_6136
その凹凸になりがちな壁面を柱のところまで壁を吹かすことでフラットにしました。
 
IMG_6188
そこでデッドスペースになった部分に
客室のテレビや電話機などの備品を置くスペースとして
ニッチをとりつけました。
IMG_6192
棚の高さは障子の敷居の厚み・位置とを揃えています。
ここにコンセントなどの電気配線が来る予定です。


カテゴリー: NISHIYAMARYOKAN客室改修計画, 未分類 | コメントする

外部足場解体

IMG_3920 IMG_3926
東山の山並みを切り取った外壁建具。
IMG_3928
外部足場も解体され、内装工事のピークです。
眺望も室内からの眺望も確認できるようになりました。


カテゴリー: 未分類, 東山松原マンション新築工事 | コメントする

蔵の内部

大分間が空いてしまいましたが、蔵改修計画の続きです!
中庭を抜けて蔵に入るとこのような感じです。
元々は蔵というより倉庫として使用されていた感じです。
P1170860
写真ではあまり分かりませんが、天井が高くてかなり広く感じます。
P1170863

柱も壁を挟んで入れ違いのように立っていて、現場に訪れる度に新しい発見をしていた記憶があります。
P1170880二階に上がると天窓があり、唯一そこから日が差し込んできます。


カテゴリー: 体験教室 蔵改修計画, 株式会社青葉様ゲストハウス内装コーディネート | コメントする

株式会社青葉様ゲストハウス内装コーディネート

京都市上京区末広町【株式会社青葉様ゲストハウス内装コーディネート計画】です。
町家ゲストハウスですが、今回内装コーディネートをさせて頂く箇所は
土間・キッチン・トイレ・浴室です。
他にも、サインの提案もさせて頂いたりと、
現在順調に工事が進んでいます。
完成が楽しみです♪
IMG_6561
 


カテゴリー: 株式会社青葉様ゲストハウス内装コーディネート | コメントする

建具枠

和と北欧モダンの家
建具枠取付です。
リビング南側に大きな障子とそれを仕舞いこむ戸袋がくるのですが、
そちらの部分の建具枠です。
P1200624
P1200629
大きいため、ふたり掛かりの作業です。
P1200631
無事、取り付けられました。
IMG_5922P1200633
大きな障子をしっかり支えてくれるシオジの枠。
木目も美しいです。


カテゴリー: 和と北欧モダンの家 | コメントする

なぐり板張り

NISHIYAMARYOKAN客室改修計画の 大工工事です。
1ヶ月の工期のため、1室につき1人合計8人の大工さんで現場が動いています。
現場の進み具合もとてもスピード感があります。
玄関部分の壁面になぐり加工の突板が取り付けられました。
IMG_6133
今回は旅館ということで、客室には内装制限で、
壁もしくは天井に準不燃性能以上の性能が求められています。
そのため、こちらには準不燃認定を受けた突板を使用しました。
上部には間接照明が入る予定です。
照明により凹凸が浮かび上がる様子が楽しみです。


カテゴリー: NISHIYAMARYOKAN客室改修計画, 未分類 | コメントする

ユニットバス据え付け

NISHIYAMARYOKAN客室改修計画
ユニットバスが据え付けられました。
LIXILの浴槽・洗面・トイレが一体となった3点式のものです。
IMG_6020
167800401
こちらは西山社長と支配人が今回の改修で一番こだわられたものです。
外国人観光客が増える中、体の大きな方もゆっくり不自由なく利用できるように、と
一番大きなサイズの1.6m×2.4mサイズのユニットバスをご希望されて、選んだものです。
照明器具取付がまだ先ですので、写真はカタログのものを。


カテゴリー: NISHIYAMARYOKAN客室改修計画 | コメントする