月別アーカイブ: 11月 2015

中庭

細見造園さんの手により、中庭の松が剪定されました。
中庭1
中庭2
いい中庭になりそうです。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

杉皮貼

杉皮
外壁 杉皮貼中です。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

サッシ取付

IMG_1900外壁のアルミサッシ小窓のが取り付けです。
ロフト部分にも光が入るようになります。
 


カテゴリー: 西の京の長屋 改修計画 | コメントする

サンプル

IMG_1957
外壁、屋内の床材には杉板を使用する予定です。
柔らかくて傷が付きやすいですが、足ざわりはソフトで、
冬場も寒い感触が軽減される材です。


カテゴリー: 西の京の長屋 改修計画 | コメントする

訪問

OPENして早2か月。ようやく訪問することができました。
訪問
順調に集客を得られているようで、一安心。近いうちに、竣工写真の撮影に伺います。


カテゴリー: 陶芸家のギャラリー兼工房 | コメントする

網代

網代貼
中庭に面する寝室です。天井は網代貼、勾配高天井部分は杉板貼。
欄間には竹格子。左右の開口には障子が納まります。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

三和土(たたき)

中庭に面する土間は三和土(たたき)仕上。風合いを検討中です。
本来、たたきは土・砂利に消石灰、にがり、水を混ぜてつくられますが、
住宅においては、使い勝手に難があるため、セメントを混入し、強度を出しています。
たたき
式台は、名栗(なぐり)材をはね出したもの。なぐり加工は、橘商店さんによるもので、
釿(ちょうな)と呼ばれる古来の道具で、木の表面をハツリ取る加工が施されています。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

銅製樋

母屋の屋根です。棟がとても美しいです。
土葺瓦を一旦取り外し、選別、加工し、桟葺瓦として葺きなおされました。
銅製樋
銅製樋が取付きました。今は金ピカですが、すぐにいい色に馴染んでくれると思います。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

瓦工事

銅板葺に引き続いて、新設瓦が葺かれました。軒先は無地鎌瓦。
中庭
中庭の足場が解体されました。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

銅板一文字葺

中庭に面する屋根。軒先は銅板一文字葺。
銅板
施工は”石塀小路 龍吟”でも、お世話になったフェローズ屋根工業の荒木氏。
とことん自分に厳しい職人さんです。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする