月別アーカイブ: 6月 2015

吹付け断熱材の施工

東山七条マンション
今日は、躯体内側の吹付けの断熱材の施工チェックです。
所定の厚みがあるかチェックしてゆきます。
躯体に決められた断熱材の厚みと同じ長さのピンを取り付け、そのピンの頭まで断熱材が吹付けてあれば、きちんと施工が出来ているという事になります。
gazo 139 gazo 147 gazo 215何箇所か厚みが不足している箇所を指摘し、是正を現場監督にお願いしました。


カテゴリー: 東山七条マンション新築工事 | コメントする

計画

右京区大覚寺の近くで、レストランの計画がスタートしました。
以前お世話になったお客様が再度依頼してくださった計画です。
緑豊かな、こぢんまりとしたほっこりできるレストランになったらいいなぁと思っております。   P1040153


カテゴリー: 未分類 | コメントする

竣工写真集

大変遅くなりましたが、竣工写真集がいい感じに仕上がりました。
写真集
これからゆっくりと家具を探していくとのこと。楽しみですね。


カテゴリー: 琵琶湖畔の住宅 | コメントする

窓枠

階段室/2階工房間 壁面のスチール製窓枠が納まりました。
工房SD
店頭ファサードのスチールサッシの設置も楽しみです。


カテゴリー: 陶芸家のギャラリー兼工房 | コメントする

天井杉板貼

杉板貼
天井を解体し、小屋裏現しの勾配天井とします。
平屋の場合、適度に開放的な、理想的な高さの吹抜とすることができます。


カテゴリー: 上京区NM町家 | コメントする

束石・延石

束石
細見造園さんの手により、束石及び延石が、設置されています。
写真左は、中庭の下屋の柱が載る甲州鞍馬の束石。
木製建具を納めるための切欠が施されています。
写真右は、母屋の既存束石及び新設の延石。
延石は着色し、既存石の風合いに馴染ませる予定。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

吹抜梁

IMG_6299
この改修の根幹を担うリビング吹抜の梁が設置されました。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

OSB

IMG_6214
2階工房壁面はOSBボード貼。OP塗装の予定。


カテゴリー: 陶芸家のギャラリー兼工房 | コメントする

竣工写真⑦

■その他いろいろ
リビングと応接間の間にある欄間には表裏違う柄で唐長さんの唐紙を採用させて頂きました。
奥様と一緒に唐長さんのアトリエへ文様を選びに行き、角つなぎと瓢箪の2種類を選んで頂きました。
文様には力が宿っており、選ばれた二つの文様はどちらも繁栄を意味します。
お施主様の家が長く繁栄されるよう、想いを込めて唐紙師のトトさんに作って頂きました。
IMG_0416
代々伝わる貴重な提灯箱も記念に撮影して頂きました。
794A4989
794A4991
立派な佇まいの外観です。
794A5691 794A5694
このような立派な町家の改修に携わる事ができ、とても良い経験になったのと、
有り難い気持ちでいっぱいです。
奥様とは沢山色んなところへ一緒に出かけ、奥様の感性を私も一緒に勉強させて頂きました。
知識が豊富な奥様には本当に頭が上がりません。
それからいつも奥様を見守っていらっしゃるご主人様にもお世話になりました。
奥様が悩んでいらっしゃる時は的確なアドバイスのパスを出されるご主人様でした。
また、83歳のお母様には住みながらの工事で色々とご心労をお掛けしたと思います。
いつもにこやかに話して頂き、とっても嬉しかったです。
工事をして頂いた鈴木工務店さんにもお世話になりました。
現場監督の杉浦さんが書く手書きの施工図は大事な宝となりました。
また一緒に仕事が出来ればと思います。


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする

竣工写真⑥

■トイレ
トイレもこだわりました!
ゆったりとした空間で、様々なテクスチャーを採用しました。
床は木曽アルテック社さんの木レンガタイル。カラマツの拭き漆仕上げです。
一つ一つ丁寧に大工さんにはめ込んで頂きました。
腰壁も木曽アルテック社さんの漆塗り和紙を採用。
水はねも漆塗り仕上げなので気になりません。
カウンター天板の銘木はお施主様と一緒に銘木屋さんへ選定しに行った一品です。
ブラケット照明は三浦照明さん。
タオル掛けは鈴木工務店さん造作のオリジナルタオル掛けです。
794A4865
794A4869
IMG_0453
IMG_0452


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする