月別アーカイブ: 12月 2014

現場も仕事納めです。

「鞍馬門前の家」 現場の職人さんは今日が仕事納めです。
工事の進捗状況の確認と、工務店の監督と打合せを行いました。
表にある鉄骨造部分は、内部をスケルトン状態にして、リフォームを行うので、当初のプラン通りの間取りで工事を進められそうですが、
裏の木造部分のリフォームは、躯体を残しながらの工事ですので、解体してみて当初の想定と異なる部分が見受けられます。
当初のプランから変更していかなければ、いけない部分が何箇所かありそうです。
 
DSCN5469
←元々クローゼットの扉が4枚だったのですが、リフォームで間取りを変更すると2枚の扉の大きさになるので、建具枠を加工して再利用することにしました。↓の写真
IMG_0137
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0138裏の木造の水廻り部分は、大きく間取りを変更するので、既存の梁を受けるために、柱の場所を変更したり補強したりしています。
IMG_0140
 


カテゴリー: 鞍馬門前の家 改装工事 | コメントする

玄関 収納壁

徐々にそして確実に工事が進んでいます。
行き来が不便だったため後ろに回していた玄関収納壁を組んだ所です。
IMG_4841


カテゴリー: K様邸 町家改修工事 | コメントする

階段

ずいぶんと階段が姿を現してきました。
ほどよく厚みが有り 安心出来る階段です。
かなり考えつつ製作して頂きました。感謝です。
あとは手摺り。
IMG_4827 IMG_4840


カテゴリー: K様邸 町家改修工事 | コメントする

建具にガラスが入りました。

ガラス無しで取り付けられた建具たち・・・。
ガラスや障子紙が入り、遂に完成となりました。
IMG_3113こちらのガラスはお施主様が見つけてこられた商品で、波模様が美しいガラスです。
高知からお嫁にやって来ました。
四隅のカラーガラスもお施主様に選んで頂きました。
IMG_3112アクセントになった名栗のドアにもガラスが入りました。
名栗はいつもお世話になっている「橘商店」さんのもの。
IMG_3114
上げ下げ障子の奥には坪庭が見える予定。
障子の桟も今回は繊細に仕上げたかったので、かなり細くしてもらいました。
IMG_3150古色色で建具を塗装してもらい、摺りガラスも入りました。
上部をクリアにする事で閉塞感がありません。
IMG_3099下駄箱も綺麗に塗装して頂きました。完成もいよいよですね。


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする

木製のスイッチプレート

今回はスイッチプレートもこだわりました!
採用したのはスガツネの木製スイッチプレート。
IMG_3076
こちらはウォールナット。
IMG_3087
こちらはチェリー。
古い母屋の方はステンレスのスイッチプレートです。
プラスチックよりも温かみがあってやっぱり良いですね~♪


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする

建具が入りました

お施主様と細部まで検討を重ね、重ね、重ね・・・。
ようやっと、建具が現場に入り、家らしくなってきました。
IMG_3080
IMG_3075
こちらはトイレの建具です。
IMG_3078
ガラスが入る前です。
IMG_3082
大工さんに手伝ってもらって、ガラスを当ててみています。
型ガラスか摺りガラスかで悩まれていましたが、摺りガラスで決定しました。
IMG_3085
下足箱の建具(舞良戸)はこれから塗装します。


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする

12.16トップライト

天窓(トップライト)です。
ガラス瓦を採用しています。
開口の位置は既存瓦を剥がして、更に垂木なども避けてつけたかったので位置は
自ずと決まってきます。
これを数カ所設ける事により自然光が入り室内が明るくなります。
写真 2 写真 3
 


カテゴリー: K様邸 町家改修工事 | コメントする

解体

解体が進んでいます。
3
蔵の前を一部減築し、中庭を設けます。
手前は寝室。窓際には座卓を設置する予定。


カテゴリー: 王寺町の古民家 | コメントする

工事始まりました。

鞍馬寺の門前にある、築42年の鉄骨造のお家のリフォーム工事が始まり、解体工事です。
工期は春の足音が聞こえる頃まで4ヶ月の予定です。
元々、建物の構造が重量鉄骨ですので、内部をまるまる撤去しました。
IMG_0056
間仕切りや床、天井を一から作り直します。
解体してみると、壁に断熱材が入っていなかったので、壁を作る時に一緒に、断熱材を充填していきます。
 


カテゴリー: 鞍馬門前の家 改装工事 | コメントする

階段

写真では分かりにくいですが階段の一部です。
「凄く丈夫」をスローガンにして最終決定しました。
現場管理の方・職人さんにかなり相談しながら決めていきます。
たわみ等の検証、手摺りの強度等々・・・。
デザイン優先にした結果、階段を上る事が不安である、それはもはや階段ではないです。
何も気を留めずに上がり降り出来る、それが一番です。
写真 1 写真 2
 
 


カテゴリー: K様邸 町家改修工事 | コメントする