祇園鮨店計画」カテゴリーアーカイブ

祇園鮨店計画/竣工2

続きまして、2Fはウェイティングサロンになっています。

あえて1Fとは対照的な空間にしましたので、

ギャップを楽しんでいただければと思います。

朱色の漆和紙のツヤが間接照明とすごく相性良かったです。

2Fには面白いスピーカーがありますのでぜひ探してみてください。

それと、こちらからは白川沿いの桜並木が見えます。春が待ち遠しいです。

カウンターはとっても貴重な黒檀の一枚板です。

トイレは石貼りと合わせてコルククロスを貼ってみましたが、

少し光沢があり、質感がしっかりしていて良かったです。

 

とはいえ、写真では実際の夜の雰囲気やお鮨の味は伝えられませんので、

ぜひとも訪れてみてください~


カテゴリー: 未分類, 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/竣工1

祇園鮨店計画こと鮨楽味さんの工事ですが、

無事に竣工を迎えまして、1月よりオープンしております。

 

遅くなりましたが、ブログも最後まであげていきます。

入口には蔵の扉を自動ドアとして転用しました。

鱗張りの銅板がいい味を出しています。

 

雨樋やサイン照明のフレームも銅にしましたので、

これから少しずつ馴染んでいくかと思います。

1Fは和の意匠で、三浦照明さんによる和紙照明がやさしく店内を照らしてくれています。

カウンターはヒノキの一枚板を3分割して繋いでいただきました。

客席・カウンター・厨房の位置は、現場が始まってからも微調整を繰り返したことで、

コンパクトに納められたと思います。

 

~竣工2へ続く~


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/仕上げ工事1

現場ではいよいよ仕上げ工事に取り掛かり始めています。

2階ではサッシにガラスが入りました。

かなり圧巻の大きさです。

ここから桜並木が見られるのですが、

夜に営業のため、照明がなるべく反射しないよう

ガラスには低反射フィルムを両面貼りしてあります。

雨樋も新たに銅製のものに変更しました。

また紹介しますが、今回入口の扉が蔵の扉を再利用したもので、

その仕上げが銅板のため、それに関連させてチラホラと銅を使用しております。


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/下地工事2

現場では下地の合板が張り終わり、石膏ボードの施工にかかっています。

ここまでくると部屋のサイズ感がわかりますので、

思ったよりも広い・狭いなどといった声が聞こえてきます。

店内の天井は、ダウンライトを仕込むためのスリットを見切りとして、

厨房側には楽しみな網代天井、客席側にはこれまた楽しみな特注の和紙照明がきます。

客席上部にもよくダウンライトがありますが、

今回はお客さんがまぶしく感じないよう和紙照明にしました。

 

建物の入り口部分が面積の都合上かなり狭く、

店内との段差に気づかない恐れがありましたので、

現場での話し合いの中で、扉前に踏石を設置することにしました。

靴は脱がないのですが、

店内へ入る前に一呼吸おくように、

気持ちを切り替える要素にもなればいいです。

 

 


カテゴリー: 未分類, 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/下地工事

現場では下地工事が着々と進んでいました。
1
解体してから現場寸法を確認するため、このタイミングで壁の位置などの最終調整を行います。
その場その場で既存部分との取合いが変わってくるため、新築に比べて手間のかかる部分ではありますが、丁寧に仕事していただいています。
3
屋根の方では、室外機を屋根へもっていけるよう、開口部をつくっていました。
建物が敷地一杯のため、こういう納まりが必要になってきます。
 


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/地鎮祭

祇園鮨店計画の工事が始まりました。
 
今回、改修する建物が仏具店の倉庫ということで、
まずは土地の神様と建物の仏様にお許しをいただくため、地鎮祭をおこないました。
 
地鎮祭の独特な緊張感にはいつも気を引き締められます。
IMG_5015


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする