梅が丘の家」カテゴリーアーカイブ

梅が丘の家/外壁2

梅が丘の家
外壁の最終仕上げ、そとん壁を施工中です。

そとん壁はシラス(軽石や火山灰)で作られた外壁材で、
100%自然素材の外壁材で、耐久性、耐候性にすぐれています。

自然な風合いがとても良い雰囲気です。


一気に鏝でならしていきます。

その後、掻き落とし仕上げといって、
引っ掻くように空気を含ませながら
表面の仕上げをつけていきます。

一度に数名での作業。。
見入ってしまします。

無事外壁が仕上がりました。

スーパー白洲そとん壁

 


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/外壁1

梅が丘の家
外壁工事が着々と進んでいます。


通気の胴縁(どうぶち)といって写真木の後ろに隙間を作ることで
外壁内の空気の道を作ります。

防水シートを貼り、ラスという金網を貼っていきます。
これは下地のモルタルのくっつきをよくする役割があります。


お天気の様子を見て下地モルタルを一気に施工。上は塗りたての写真です。


数日後、乾いて色が薄くなりました。
外壁の左官仕上は天気予報とのにらめっこ…

なんとかお天気が良い日が続き、
工期の遅れなく進むことができました。

次回は最終仕上げ、そとん壁です。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/軒天(のきてん)

梅が丘の家

軒裏は外部にも強い樹種、米松で仕上げてもらっています。

写真右のグレーの網は通気口です。
屋根面と天井の断熱材との間に
湿気がたまらないように空気の通り道をつくっています。

通常は既製品のものを使うことが多いのですが、
今回は大工さんの手作り。

こだわってつくってくださいました。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/天井断熱

梅が丘の家

天井に断熱材が吹かれました。
断熱材には
発砲吹付ウレタン断熱材アイシネンを
採用させていただきました。

現場で吹き付けて、
吹き付けた瞬間に断熱材が膨らむので、
人の手では難しい隙間まで
断熱材を埋めることができます。

施工前
(シートは屋根と断熱材の間の空気層を確保するためのスペーサーです)

施工後

梁の厚み分、しっかり吹き付けられました。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/フローリング貼

上棟の終わった梅が丘の家
大工さんは内部と外部にわかれて
着々と進んでいます。
内部はフローリング貼。ナラ材です。
180904 (43)

フロアをはる位置を検討している大工のわたなべさん。
20181001_181001_0010

今回は建具のレールをフローリングを掘って埋める為、
フローリングの継ぎ目に
ちょうどレールが当たってしまわないよう、入念に計算しています。
20181001_181001_0005
部屋の隅から数えていき、
1時間ほどかけて貼りだす位置を決定。
大工さんは手を動かすだけでなく、
頭の中で常に計算。。
はりあがるのが楽しみです。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/上棟

梅が丘の家
棟があがりました。
この日は大工さんがたくさん入り、組みあがりました。
20180806_180806_0028

平屋部は垂木がかかりました。
プランは住んだ時の使いやすさだけでなく、
上棟時に見える柱梁の並びが綺麗になるように
心がけて間取りを考えています。
20180806_180806_0019
屋根がかかった頃、
改めて上棟式を行いました。
上棟式 (28)
上棟式 (33)
終わった後はお施主さまのおこさまが
職人さんや工事関係者さんにおもてなしをしてくださり、
みんなで乾杯をしました。
これから本格的に工事スタートです。
20180806_180806_0054


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/土台敷

梅が丘の家
基礎の上にのっている土台、その中の大引き
が施工されています。
20180801_180801_0001
この段階で床の仕上げの厚みに合わせて
少しずつ土台の高さを変えています。
今回は床の仕上げがフローリング15mmに対して
55mmの畳が入る部分は
その差40mm分大引きで下げてきています。
その微妙な差をつけつつ、きちんと水平を保たれているか
大引きを支える鋼製束位置で1箇所ずつ確認。
20180801_180801_0013
確認できたものはスプレーで印をつけ
隈なく確認していきます。
20180801_180801_0015


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/基礎、給排水

梅が丘の家
コンクリート基礎が打ち終わりました。
コンクリートが固まる段階に雨が降ると
心配される方もおられますが、
それは逆で、コンクリートは
水の中で化学変化で固まる性質のものなのです。
なので本当に暑い日が続いた今年の夏は
コンクリートは急激な乾燥で強度が下がらないように
水まきをしながらの乾燥。
新しいフォルダー_25
影ひとつない現場ではテントを建てて作業…
熱い中、本当にありがとうございました。
給排水の仕込みも完了しました。
新しいフォルダー_7
今回の大きなテーマ“湯上りのあるお風呂”にも
たくさんの給水が仕込まれました。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

梅が丘の家/基礎配筋

梅が丘の家
基礎配筋工事です。
20180712_180712_000220180712_180712_0004
綺麗で見とれてしまうのは職業病でしょうか…(笑)
鉄筋はコンクリートの弱みである引っ張りの力に強く、
またコンクリートは鉄筋の弱みである圧縮の力に強い性質があるため、この2つのコンビが重なると
(一般に鉄筋コンクリート・RC造といいます)
とても強い基礎になるのです。
鉄筋の太さ、間隔、重なり代等は全て数値で決まっています。
20180712_180712_0006
この鉄筋の下にある四角いサイコロのような石は
ピンコロ石と言い、
コンクリートを打った時に鉄筋がちゃんと
真ん中の位置(決められたかぶり厚の位置)に来るように、
このピンコロ石で浮かせています。
20180712_180712_0016
20180712_180712_0015
ピンコロ石かと思いきや
こちらは「鎮めもの」
工事の安全を祈願して埋めるものです。
見えなくなってしまう部分は
しっかり記録を残しておくよう、心がけています。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする

新築工事はじまりました

6月吉日 梅が丘の家 新築工事が始まりました。 52A81391-E01D-4E2A-A5FB-62D67AA1B6F8 緑が多い環境の長岡京市。 静かでゆったりとした住宅街の角地に 戸建て住宅の計画です。 イメージ 平屋建て(一部2階建て)の住宅で
お風呂とお庭いじりを楽しめるように、
というのが大きなテーマです。


カテゴリー: 梅が丘の家 | コメントする