御所南みらいクリニック 新築工事」カテゴリーアーカイブ

鉄骨建方

IMG_2961 IMG_2974 IMG_2992 IMG_3087
コンクリート基礎ができ、基礎まわりの土が埋め戻されたら、次は鉄骨の建方です。
構造躯体と呼ばれる、言わば人間だと骨になる部分を、大きなクレーン車を使って建てていきます。
その間わずか2日と驚異的なスピードで建築の躯体が建ちあがります。
鉄骨造の工程の中でハイライトではないかと思います。
IMG_3087
IMG_3086
建方が完了した時点ですでに積層する庇や全体のフォルムが見えてきました。
現場監督さんと敷地向かいの公園で打合せをしながら、建築が建ちあがる様子をずっと見ていました。


カテゴリー: 御所南みらいクリニック 新築工事 | コメントする

コンクリート打設

IMG_2469
御所南みらいクリニックのコンクリート打設工事の様子です。
コンクリートポンプ車から木製型枠の中へ生コンクリートが流し込まれます。
IMG_2456
コンクリートと聞けば固いイメージをされると思いますが、施工時にはこのように生の状態で、打設後数日の期間を経て固まっていきます。
IMG_2461
ただ単純に流し込んでいるようにも見えますが、生コンを適切に打設しないとひび割れの原因にもなります。
型枠の隅々にまでいきわたるように、振動機や突き棒を使って流し込んでいきます。
暑い中職人さんご苦労様です。


カテゴリー: 御所南みらいクリニック 新築工事 | コメントする

配筋検査

01
着工から約1ヶ月が経ち、基礎工事が進んでおります。
今日は配筋検査ということで、事務所の先輩とともに工事現場に訪れました。
基礎とは建物を支える下部構造のことです。
圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋によって構成されています。
配筋検査とはそのコンクリートを打設する前に鉄筋の本数や種類が適切に配置されているかを確認する検査のことです。
鉄筋の本数や種類は、全て構造計算によって割り出されていますから、これが間違っていると必要な強度が得られないことになりますので、
とても重要な検査になります。
02
先輩からチェックするべきポイントについて、過去の事例等をふまえながらわかりやすく教えていただきました。
04 03
写真(左)の中央上あたり、ちょうど梁の交点にあたる部分にあるロの字のプレートがベースプレートです。
この上に鉄骨の柱が建てられます。
写真(右)は地中梁の配筋を拡大したものです。
ここまでくると実際の建築のスケール感がわかってきますね。
工事がスムーズに進めば、6月初めに鉄骨建て方が始まります。
一つ一つの工程をしっかり記録していきます。
 


カテゴリー: 御所南みらいクリニック 新築工事 | コメントする

地鎮祭

昨年から進めておりましたプロジェクトが着工しました。
御所南に位置するメディカルビルです。
今年秋の開業に向けて、いよいよ工事がスタートです。
建築を通じて地域医療の一端に携われること、とてもありがたく思っています。地域の方々に愛されるクリニックが完成するよう、スタッフ一同頑張りたいと思います!IMG_4121IMG_4143


カテゴリー: 御所南みらいクリニック 新築工事 | コメントする