体験教室 蔵改修計画」カテゴリーアーカイブ

ごろんぼ

この物件は元が蔵という事もあって、梁やごろんぼが見える状態であります。
P1180865
やっぱり立派なごろんぼがあるだけで、気分が上がります。
このごろんぼを見せようと、二階は天井高さを保ちながら、杉板貼りで仕上げる予定です。
本当はこの味のある土壁もうまく活かしたいと思っていたのですが、やはり、日本文化体験という事で基本的には畳貼りで、さらに茶道を行うという事で、壁は漆喰・聚楽仕上げにする事になりました。


カテゴリー: 体験教室 蔵改修計画 | コメントする

蔵の内部

大分間が空いてしまいましたが、蔵改修計画の続きです!
中庭を抜けて蔵に入るとこのような感じです。
元々は蔵というより倉庫として使用されていた感じです。
P1170860
写真ではあまり分かりませんが、天井が高くてかなり広く感じます。
P1170863

柱も壁を挟んで入れ違いのように立っていて、現場に訪れる度に新しい発見をしていた記憶があります。
P1170880二階に上がると天窓があり、唯一そこから日が差し込んできます。


カテゴリー: 体験教室 蔵改修計画, 株式会社青葉様ゲストハウス内装コーディネート | コメントする

現調①

昨年から始まった外国人向けの日本文化体験教室の蔵改修計画です。
元々京町家で体験教室をされていて、その町家の後ろにあった蔵を改修して体験教室を
拡大し、より多くのお客様を迎えられるようにとの事でご依頼を頂きました。ありがとうございます。
P1170844
現調に行ってみると、本館があって廊下を挟んだその先に蔵がありました。
(今写っているのは廊下と本館です。)
P1170853
そして廊下を通って、蔵へと向かうと、蔵に入る前の前室?みたいな感じで、少し直された部屋が荷物置き場として使われていました。
P1170850
そしてここが蔵への入り口です。体を横にしないと入れない500mm程の狭い入口が作られていました。
そしてなぜか内側に入口の倍程あるアルミサッシのドアが取り付けられているというなんとも。。?な入口でした。


カテゴリー: 体験教室 蔵改修計画 | コメントする