O社社屋 新築工事」カテゴリーアーカイブ

O社社屋新築工事

O社社屋新築工事
先日、若干の残工事は残っていますが、無事に竣工しました。
事務室は、天井スケルトン。壁面は一部、コーポレートカラーのブルーのクロスを貼っています。
IMG_4411
IMG_4416P1000335


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

O社社屋新築工事 内装工事中です

O社社屋新築工事
外部足場は外れましたが、8月上旬の竣工に向けて、内装の仕上げの工事をすすめています。
クロス貼り工事を施工中です。
2018-07-12 17.33.38 2018-07-12 17.38.23オフィスビルなので、シンプルな白色のクロスが貼られています。
床に敷くタイルカーペットも搬入されてきました。
もちろん、間違いないか、品番をチェックしました。
2018-07-12 17.26.37一か所、ポイントで外壁と同じ紺色のクロスを貼っています。
2018-07-12 17.39.28上階に外部テラス空間があります。
一息リラックスするのに、ちょうどよい空間になりそうです。


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

O社社屋新築工事 足場が外れました

O社社屋新築工事
外部足場が外れ、O社社屋が姿を現しました。
濃いブルーの金属板とその色と同色の塗装を施したALC板の組合せです。
image2窓の大きさや位置はランダムに配置しています。
それにしても、電線が見苦しい。
image1


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

O社社屋新築工事 断熱材施工完了

O社社屋新築工事
吹付け断熱材の施工が完了しましたので、チェックを行います。
2018-06-06 12.17.09壁面のピンク色の所が断熱材となります。
天井のグレーのところは断熱材ではなく、鉄骨の柱や梁を火災時に守る耐火被覆材になります。
隙間なく施工されているかと、厚みが所定の厚さ施工されているかを確認します。2018-06-06 12.11.24
厚みの確認方法は、あらかじめ所定の厚みの目印となるピンを打っておき、そのピンのところまで、断熱材を吹付けます。
上の写真の黄色いピンには、35と書いてあり、きちんと35mmの断熱材を吹き込んである事を確認しました。


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

サッシ取付きました

O社社屋新築工事
順調に工事が進んでいます。

2018-05-23 12.06.43 HDR

 
現在、アルミサッシの取付けがほぼ完了しました。2018-05-23 11.59.51
 
まだサッシの枠のみで、ガラスは入っていません。
配管や配線も同時進行ですすめていきます。
2018-05-23 12.06.23エレベーターの取付け工事も進行中です。
エレベーターは出来上った箱を持ってくるのではなく、現場でパネルを組み立てていきます。
今は、落ちないように塞がれています。
2018-05-23 12.15.19 HDR
外側にローバーの幕をとりつけました。


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

ALC板 取付け工事中

O社社屋新築工事
工事は順調に進んでいます。
外壁のALC板の取付けの真っ最中です。
ALC、とよく言いますが何の略かご存知でしょうか。
Autoclaved Lightweight aerated Concrete (高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の略です。
簡単に言うと、工場で製作する軽量コンクリートの板のことです。
皆様ご存知の、ヘーベルハウスに使われている外装材、「ヘーベルボード」は旭化成が作成しているALC板の商品名です。
特徴としては、軽くて断熱性能に優れており、寸法精度高く、短期間で施工できるので、鉄骨造の建物で使用する事が多いです。
2018-05-09 11.48.47
2018-05-09 11.49.28 HDR
各階にこれから取付けるALCパネルが平置きしてありました。
2018-05-09 11.46.252018-05-09 11.34.32エントランス階段廻りのALC板の取付けは少し複雑でしたので、現場監督と協議を行いました。


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

現場は順調に進行中。外部足場が完成しています。

O社社屋新築工事
現場事務所での打合せの後、現場に行きました。
この日は中には入らなかったので、外部の足場と幕が完成していると外からは何も見えません。
2018-04-18 12.36.102018-04-18 12.36.08-1
僅かに空いている資材の搬入口から中の様子を伺います。
2018-04-18 12.34.33 HDR


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

中間検査 無事合格しました

上棟後、鉄骨のボルトを締めたり、2階床スラブの鉄筋の敷設が終わりましたので、検査機関の中間検査をうけました。
建物の所在地や規模や用途によって基礎配筋時の中間検査が省略されることがあるのですが、この建物がそのケースに当てはまり、この中間検査が最初で最後の中間検査でした。
検査員の方が、鉄骨の寸法や建物の配置を測り、図面との整合性をチェックされます。
小一時間ほど検査を行い、その後現場事務所にてこれまでの施工写真や部材の納入伝票等をチェックし、確認申請に記載した仕様と異なっていないかを確認。
無事に、OKを頂くことができました。
工事の一段階をクリアです。
↓は検査中の様子。図面と現場をチェック中です。
2018-04-09 10.29.13


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

棟上げ

O社社屋新築工事
先週末から鉄骨の搬入が始まり、あっという間に鉄骨が組みあがり、階段とデッキプレートの取付けが進んでいます。
2018-04-04 12.24.29 2018-04-04 12.24.45-1
予定はしていなかったのですが、急遽、簡単に棟上げ式を行う事になりました。
お施主様とお酒を四隅に撒き、拝礼。棟札を最上階の梁にあげて完了です。
その後、初めて建物内部へ。
2018-04-04 12.13.17建物はこの後、鉄骨の柱の溶接やボルトの本締などを行っていきます。
2018-04-04 12.13.14-1


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする

鉄骨製品検査を行いました。

工事は順調に進んでおり、基礎の打設が終わりました。
今日は現場に鉄骨材を搬入する前の鉄骨製品検査です。
きちんと設計図の指示どうり鉄骨部材が製作されているかを、加工工場で検査を行います。2018-03-22 14.32.05 HDR
工場には、現場に搬入されるのを待つ、鉄骨柱が並んでいました。
2018-03-22 14.32.09↑は鉄骨の溶接部の不良が無いかを、超音波探知機を用いて調べている様子です。
2018-03-22 14.32.19
日本建築学会やJASによって定められて手順に沿って検査を行います。
この日の鉄骨製品検査は、合格でした。


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントする