投稿者「k-nakamura」のアーカイブ

K様町家改修計画 工事着工

K様の町家改修計画の解体工事が始まりました。

 

ご両親がお住まいの町家へ娘さんご家族が戻ってこられ、二世帯住宅となるタイミングでの全面改修となります。

改修工事は解体してみないと躯体の状況等わからない部分が多く、いつもドキドキしながら現場へ向かうのですが、K様のおうちは定期的に手直しをされていたおかげでかなり良い状態でした。

とはいえ経年劣化でゆがんでいる部分や外まわりで雨掛かりによって痛んでいる部分も多少ありましたので、そういったところはこれから手直ししていきます。

解体現場を見ていると改めて思いますが、木・土・竹・石・ガラスといった自然な素材だけで構成されているなんて、なんとも羨ましい~!

そして気密対策で貼ったであろう新聞紙やガムテープ、ちょこっとした改修跡なんかを見ると建物への愛着を感じずにはおられません。

「仕方ねぇな~」とかなんとか言いながらペタペタと貼っている光景が目に浮かびますw

時間とともに家族の思い出が染みこんだ魅力的な材料をできるだけ残し、転用し、引き継いでいければ良いな~


カテゴリー: K様町家改修計画 | コメントする

鮨楽味/竣工写真

オープンしてから9カ月、やっとこさ鮨楽味の竣工写真を撮影してきました。

 

交通量が多いため、お店の前に路駐されていないことを祈りつつ訪れると、

案の定、トラックが・・・あちゃ~

 

移動してもらおうかと近づいてみたところ、なにやら木を削っているよう、、、

なんと、カウンターや網代天井、腰板など立派な木材を入れていただいた

「永井半」の方々でした!http://www.nagaihan.co.jp/

 

どうやら、たまたま近くの現場へカウンターを搬入されたそうで、

帰りに寄ってくれたみたいです。

そして嬉しいことに永井さん自ら檜のまな板を削ってくれていました!

一定のリズムでシャッ!シャッ!と削られ綺麗になっていく様は気持ちいいですね~

おかげさまで良い写真が撮れました。ありがとうございます!

 

春は白川の桜並木が綺麗なんですが、

この時期はサルスベリのピンクの花が窓際に咲いていました。

これはこれで良いですね~

プロのカメラマンのお手伝いをしながらの楽しい撮影時間でした。

いや~お鮨が食べたい!

 


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/引渡し

(仮称)西荻窪のいえも無事に引渡しとなりました。

 

東京の住宅密集地においても、配置や開口部の位置を工夫し、どの部屋の開口部からも緑が見えたり、視線が抜けるようにすることで、外との繋がりをもった伸びやかな空間になったと思います。

 

ということで少しだけご紹介しま~す。

中庭を囲んだLDKはどこにいても庭の緑が見えます。

ウッドデッキもフラットのため出入りも楽ちんです。

寝室に寝転ぶとお迎えのシンボルツリーが見えます。

そして玄関のドアを開けると素敵なお庭がお出迎え!

実際に生活されてから訪問するのが楽しみです。

 


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/大工工事完了

(仮称)西荻窪のいえは大工工事が終わり内装仕上げ真っ只中です。

中庭の植栽だけは後から入れられなくなるため、本格的に暑くなる前に植えていただきました。

不思議と植栽が入るだけで、外部と内部の親密さが増したように感じます。

最終的にはウッドデッキと木塀ができるので、その繋がりはグッと強くなるはずです。

キッチン脇の収納は下の段を奥行の浅い棚にしています。奥行があると収納量は増えますが、結局奥の物は置きっぱなしとなりがちですので、缶詰などを置けるくらいのサイズとしました。細やかな配慮ですね~w

階段は箱階段のように納めています。基本は910グリッドですが、階段が少し広いだけでゆったりと感じるので、ここだけは少し広げています。

養生で見えませんが、リビングのTV台には無事にケヤキの一枚板が納まりました。

壁面には大谷石を貼りますので、どうなるか楽しみです。

 


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/家具天板

(仮称)西荻窪のいえで家具の天板に使用する一枚板を選ぶため、町田市にある宮嶋工務店さんの倉庫へ行ってきました。

倉庫の中には加工前の木材や仕上げられた木材が所狭しと並べられており、ちょうど大工さんが加工の真っ最中でした。立派です。

 

先代の方が購入されていたという一枚板にテンションをあげつつ、サイズや木目、耳の曲がり具合など、ひとつひとつ個性を確認しながら、あの場所にあうかな~どうかな~とお客さん含めて3人で相談・・・妄想・・・楽しいですね!

最終的にトイレのカウンターにはクスの木を選びました。

仕上がりが楽しみです。

 

続いてリビングのTV台ですが、長物のため倉庫の中へ。

6mくらいある立派なケヤキの天板を表面も削っていただきました。

曲がりの癖が強いため壁側はカットする必要がありますが、

力強い天板が見つかり先代に感謝です(もちろん宮嶋さんにも!)。

 

良き一日でした。


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/金物検査

(仮称)西荻窪のいえの金物検査に行ってきました。

「このまま(構造あらわし)でもいいね~」という声がチラホラと聞こえてくる

このタイミングは、色々と確認事項が多いタイミングでもあります。

金物もその一つで、断熱材を施工すると隠れてしまうため、

図面と見比べながら1つずつしっかり確認していきます。

気になった点を多少修正していただき、外部の確認へ。

防水シートがあと少しで終わるので、雨対策も一段落です。

 

屋根は6寸勾配くらいになると屋根足場が必要になります。

(昔それがない状況で雪下ろしして落ちそうになった記憶が・・・)

外まわりができるまでは大工さんも3人態勢ということで、

現場がとまらないよう先行して納まりの打ち合わせをしていきます。


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/上棟式

西荻窪の家の上棟式を行いました。

 

プレカットと職人さんたちのおかげで

まるで魔法のように骨組みが出来上がりますが、

ここまでの過程を思うとやはり感慨深いものがあります。

 

一段落ということでホッとなりますが、

ここからは仕上げや納まりをどしどし決断していく必要がありますので、

新たに気を引き締めていきます。

一通り現場を確認した後、お客さんと屋根の上からの景色を楽しみました。

東京の街並みは、いつも事務所から見ているそれとは対照的で、電車にのっているときもついつい眺めてしまいます。

どちらも良いですね!


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/配筋検査

ついつい現場ブログが遅れがち(現場優先!)になってしまいますが、

西荻窪の家では3月に配筋検査を行いました。

 

外周部に基礎の型枠が立ち上がることで敷地と建物の関係がはっきりとするため、

このタイミングで現場へ向かう際はいつもドキドキします。

今回は周囲の環境から中庭の位置を設定しましたが、

予定通り納まっていて一安心です。

 

鉄筋やアンカーとともに、給排水のルートも最終確認しましたので、

後はコンクリート打設日が晴れることを祈るのみです。


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

祇園楽味/空 改装工事

祇園の楽味/空さんの改装工事を行いました。

内容としては大々的な工事ではなく、外壁の塗替えや痛んでいた部分の手直しなどになります。

客席のカウンターは銘木店さんに紹介いただいた専門の職人さんに削りにきていただきました。良い仕上がりです。

 

手間がかかるので先延ばしになりがちではありますが、

使用状況に合わせて定期的にメンテナンスすることの重要性を改めて感じました。


カテゴリー: 祇園楽味/空 改装工事 | コメントする

(仮称)銀座七丁目ビルテナント計画/検査

(仮称)銀座七丁目ビルテナント計画の事務所&施主検査を行いました。

傷や汚れ、機器の位置や棚の割付など一つずつ確認していきます。

幸い大きな修正はなく一安心、いくつか細かな修正をお願いしました。

残りの重要な残工事も含め、商品が搬入されるのが楽しみです。


カテゴリー: (仮称)銀座七丁目ビルテナント計画 | コメントする