投稿者「k-nakamura」のアーカイブ

祇園鮨店計画/仕上げ工事1

現場ではいよいよ仕上げ工事に取り掛かり始めています。

2階ではサッシにガラスが入りました。

かなり圧巻の大きさです。

ここから桜並木が見られるのですが、

夜に営業のため、照明がなるべく反射しないよう

ガラスには低反射フィルムを両面貼りしてあります。

雨樋も新たに銅製のものに変更しました。

また紹介しますが、今回入口の扉が蔵の扉を再利用したもので、

その仕上げが銅板のため、それに関連させてチラホラと銅を使用しております。


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/下地工事2

現場では下地の合板が張り終わり、石膏ボードの施工にかかっています。

ここまでくると部屋のサイズ感がわかりますので、

思ったよりも広い・狭いなどといった声が聞こえてきます。

店内の天井は、ダウンライトを仕込むためのスリットを見切りとして、

厨房側には楽しみな網代天井、客席側にはこれまた楽しみな特注の和紙照明がきます。

客席上部にもよくダウンライトがありますが、

今回はお客さんがまぶしく感じないよう和紙照明にしました。

 

建物の入り口部分が面積の都合上かなり狭く、

店内との段差に気づかない恐れがありましたので、

現場での話し合いの中で、扉前に踏石を設置することにしました。

靴は脱がないのですが、

店内へ入る前に一呼吸おくように、

気持ちを切り替える要素にもなればいいです。

 

 


カテゴリー: 未分類, 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/下地工事

現場では下地工事が着々と進んでいました。
1
解体してから現場寸法を確認するため、このタイミングで壁の位置などの最終調整を行います。
その場その場で既存部分との取合いが変わってくるため、新築に比べて手間のかかる部分ではありますが、丁寧に仕事していただいています。
3
屋根の方では、室外機を屋根へもっていけるよう、開口部をつくっていました。
建物が敷地一杯のため、こういう納まりが必要になってきます。
 


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/地鎮祭

祇園鮨店計画の工事が始まりました。
 
今回、改修する建物が仏具店の倉庫ということで、
まずは土地の神様と建物の仏様にお許しをいただくため、地鎮祭をおこないました。
 
地鎮祭の独特な緊張感にはいつも気を引き締められます。
IMG_5015


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする

Y様邸マンション改修工事/仕上げ工事

現場は仕上げ工事真っ只中です。
IMG_4820
 
キッチンはYさんこだわりのタカラスタンダード。扉やパネルがホーロー製で汚れが落ちやすく、磁石がくっつくので、壁面を自由にカスタマイズできます。
8
窓辺はタイルを貼ってサンルームのような場所にしています。植物を置いたり、日向ぼっこしたり、室内干しもできる自由なスペースになります。
IMG_4824
壁と天井は凹凸のあるこのクロスの上からしっくい塗料を塗っていきます。クロスだと後々貼りかえるしかありませんが、これは上から何度も塗り重ねることが可能です。


カテゴリー: Y様邸マンション改修工事 | コメントする

Y様邸マンション改修工事/PB貼り

現場では石膏ボードが貼られていました。5
ここまでくると部屋のサイズが明確になります。
IMG_4749もともと玄関脇にはトイレがあったため、玄関は人一人立つのがやっとというサイズでしたが、今回は水回りをまとめたおかげで随分と広くなったように感じます。
向かって左側は折畳み自転車などをしまう土間収納、右側には手前に下足入れ、奥にベンチを設置する計画です。
6
リビングの窓は冬に結露することがあるそうで、両方とも内窓を設置する計画です。
ここからは仕上げ工事ですので、楽しみです。
 


カテゴリー: Y様邸マンション改修工事 | コメントする

Y様邸マンション改修工事/壁下地

間仕切壁の下地ができてくると朧気ながら部屋の輪郭が見えてきます。 3
写真はLDKから寝室を見た方向で、開口があるところに引違いの窓がつく予定です。
いくつか意図があるのですが、
・リビングから廊下側の窓へと風が抜けていくように(元々は完全に部屋で仕切られていました)
・寝室や廊下、LDKがより広く感じるように
・これは出来てからのお楽しみですが、開口部のラインがリビングのメインとなる壁面へと繋がるように計画しており、水平のラインを強調することで落ち着いた印象になればと目論んでおります。
3.5
寝室の奥には大きなWICを配置しています。引戸を開けておけば風が抜けていきます。
4床のナラフローリングも貼っていっています。良い感じです。
 


カテゴリー: Y様邸マンション改修工事 | コメントする

Y様邸マンション改修工事

二条城に近いマンションの一室をフルリノベーションする計画です。
P1240697
 
 
 
 
 
 
 
Yさんは自宅でのお仕事も多いため、ゆったりと落ち着ける空間を目指しました。
プランとしては、もともと和室を含めて4部屋と細かく分かれていたのを寝室とLDKの2部屋にして、水回りの位置も変更することで全体的にゆとりのある空間へ変更しています。
 
まずは大きく間取りを変更するため、スケルトンへと解体し、管理規約にある遮音等級を満たしつつ、適材適所で無垢フローリングやタイル、コルクタイルといった床材を使用するため二重床を施工していきます。
1
 
マンションあるあるではありますが、これでもかと縦横無尽にかかっている梁をどう納めていくかがもう一つのテーマです。
2


カテゴリー: Y様邸マンション改修工事 | コメントする

解体作業

香老舗松栄堂様 本店改修工事
今回の工事では、工期のおよそ半分は解体をしていました。
解体ときくと機械でガンガン壊していくようなイメージをされるかもしれませんが、今回は基本的に内装の解体で、既存を生かす部分との取り合いが多々ありますので、そういったところを確認しながら丁寧に解体していきます。また、特に重要な取り合いのところは解体屋さんではなく大工さんが慎重に解体していきます。解体は大胆にかつ繊細にですね。
IMG_3937IMG_3939
天井裏には予想以上に空調のダクトや給排水の配管があり、天井の納まりはギリギリまで検討を重ねることになりました。これも改修の難しいところです。
IMG_1741既存の光天井に使用されていた格子は外して保管しておき、再利用しています。また、光天井内の納まりも参考にしつつ、今回は全てLED照明に変更しています。この後、形状が変わるため、照明がついている天井も解体されていきます。
 
 
 


カテゴリー: 香老舗松栄堂様 本店改修工事 | コメントする

香老舗松栄堂様 本店改修工事

松栄堂様の薫習館に続いて本館1Fにある本店の改修工事も無事に終わりましたので、こちらも時間を遡ってご紹介していきます。
もとは数寄屋建築で有名な上野工務店さんによるお仕事で(下部写真)、手を加えるのがもったいないのですが、店舗の拡張や空調設備などの更新にともない、残せるところは残しつつも大々的に手を加えました。
IMG_3457
 
P1110043
 
P1110054-2改修では新旧の取り合い部分が難しくもあり魅力的な部分でもありますので、買い物へ行かれた際には商品と一緒にそのあたりも(こそっと)ぜひ見てください!
~解体へ続く~
 
 
 


カテゴリー: 香老舗松栄堂様 本店改修工事 | コメントする