投稿者「k-nakamura」のアーカイブ

(仮称)西荻窪のいえ/家具天板

(仮称)西荻窪のいえで家具の天板に使用する一枚板を選ぶため、町田市にある宮嶋工務店さんの倉庫へ行ってきました。

倉庫の中には加工前の木材や仕上げられた木材が所狭しと並べられており、ちょうど大工さんが加工の真っ最中でした。立派です。

 

先代の方が購入されていたという一枚板にテンションをあげつつ、サイズや木目、耳の曲がり具合など、ひとつひとつ個性を確認しながら、あの場所にあうかな~どうかな~とお客さん含めて3人で相談・・・妄想・・・楽しいですね!

最終的にトイレのカウンターにはクスの木を選びました。

仕上がりが楽しみです。

 

続いてリビングのTV台ですが、長物のため倉庫の中へ。

6mくらいある立派なケヤキの天板を表面も削っていただきました。

曲がりの癖が強いため壁側はカットする必要がありますが、

力強い天板が見つかり先代に感謝です(もちろん宮嶋さんにも!)。

 

良き一日でした。


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/金物検査

(仮称)西荻窪のいえの金物検査に行ってきました。

「このまま(構造あらわし)でもいいね~」という声がチラホラと聞こえてくる

このタイミングは、色々と確認事項が多いタイミングでもあります。

金物もその一つで、断熱材を施工すると隠れてしまうため、

図面と見比べながら1つずつしっかり確認していきます。

気になった点を多少修正していただき、外部の確認へ。

防水シートがあと少しで終わるので、雨対策も一段落です。

 

屋根は6寸勾配くらいになると屋根足場が必要になります。

(昔それがない状況で雪下ろしして落ちそうになった記憶が・・・)

外まわりができるまでは大工さんも3人態勢ということで、

現場がとまらないよう先行して納まりの打ち合わせをしていきます。


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/上棟式

西荻窪の家の上棟式を行いました。

 

プレカットと職人さんたちのおかげで

まるで魔法のように骨組みが出来上がりますが、

ここまでの過程を思うとやはり感慨深いものがあります。

 

一段落ということでホッとなりますが、

ここからは仕上げや納まりをどしどし決断していく必要がありますので、

新たに気を引き締めていきます。

一通り現場を確認した後、お客さんと屋根の上からの景色を楽しみました。

東京の街並みは、いつも事務所から見ているそれとは対照的で、電車にのっているときもついつい眺めてしまいます。

どちらも良いですね!


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/配筋検査

ついつい現場ブログが遅れがち(現場優先!)になってしまいますが、

西荻窪の家では3月に配筋検査を行いました。

 

外周部に基礎の型枠が立ち上がることで敷地と建物の関係がはっきりとするため、

このタイミングで現場へ向かう際はいつもドキドキします。

今回は周囲の環境から中庭の位置を設定しましたが、

予定通り納まっていて一安心です。

 

鉄筋やアンカーとともに、給排水のルートも最終確認しましたので、

後はコンクリート打設日が晴れることを祈るのみです。


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

祇園楽味/空 改装工事

祇園の楽味/空さんの改装工事を行いました。

内容としては大々的な工事ではなく、外壁の塗替えや痛んでいた部分の手直しなどになります。

客席のカウンターは銘木店さんに紹介いただいた専門の職人さんに削りにきていただきました。良い仕上がりです。

 

手間がかかるので先延ばしになりがちではありますが、

使用状況に合わせて定期的にメンテナンスすることの重要性を改めて感じました。


カテゴリー: 祇園楽味/空 改装工事 | コメントする

(仮称)銀座七丁目ビルテナント計画/検査

(仮称)銀座七丁目ビルテナント計画の事務所&施主検査を行いました。

傷や汚れ、機器の位置や棚の割付など一つずつ確認していきます。

幸い大きな修正はなく一安心、いくつか細かな修正をお願いしました。

残りの重要な残工事も含め、商品が搬入されるのが楽しみです。


カテゴリー: (仮称)銀座七丁目ビルテナント計画 | コメントする

(仮称)西荻窪のいえ/着工

(仮称)西荻窪のいえの工事が着工しました。

 

まずは遣り方にて建物の配置を決定し、

基礎工事のために根切りを行っています。

地鎮祭の際にいただいた鎮め物もしっかり埋めてもらいました。

 


カテゴリー: (仮称)西荻窪のいえ | コメントする

(仮称)銀座七丁目ビルテナント計画/仕上げ

(仮称)銀座七丁目ビルの1階テナント計画は仕上げ工事の真っ只中です。

搬出入にも色々と制限があるため、細長いスペースに材料置場と作業場を確保するのも困難そうですが、うまく納めていっていただいています。

天井にある箱型のフレームは、和紙を貼ることでメイン照明となります。

外部のパネルも取付に入っていましたので、完成が楽しみです。


カテゴリー: (仮称)銀座七丁目ビルテナント計画 | コメントする

祇園鮨店計画/竣工2

続きまして、2Fはウェイティングサロンになっています。

あえて1Fとは対照的な空間にしましたので、

ギャップを楽しんでいただければと思います。

朱色の漆和紙のツヤが間接照明とすごく相性良かったです。

2Fには面白いスピーカーがありますのでぜひ探してみてください。

それと、こちらからは白川沿いの桜並木が見えます。春が待ち遠しいです。

カウンターはとっても貴重な黒檀の一枚板です。

トイレは石貼りと合わせてコルククロスを貼ってみましたが、

少し光沢があり、質感がしっかりしていて良かったです。

 

とはいえ、写真では実際の夜の雰囲気やお鮨の味は伝えられませんので、

ぜひとも訪れてみてください~


カテゴリー: 未分類, 祇園鮨店計画 | コメントする

祇園鮨店計画/竣工1

祇園鮨店計画こと鮨楽味さんの工事ですが、

無事に竣工を迎えまして、1月よりオープンしております。

 

遅くなりましたが、ブログも最後まであげていきます。

入口には蔵の扉を自動ドアとして転用しました。

鱗張りの銅板がいい味を出しています。

 

雨樋やサイン照明のフレームも銅にしましたので、

これから少しずつ馴染んでいくかと思います。

1Fは和の意匠で、三浦照明さんによる和紙照明がやさしく店内を照らしてくれています。

カウンターはヒノキの一枚板を3分割して繋いでいただきました。

客席・カウンター・厨房の位置は、現場が始まってからも微調整を繰り返したことで、

コンパクトに納められたと思います。

 

~竣工2へ続く~


カテゴリー: 祇園鮨店計画 | コメントする