AB様町家ー外観改修ー

AB様邸、25年前の大改修で道路側を大きく減築されて駐車場にされています。

現在京都市では指定地区内の京町家の外観や設備の改修をする場合、上限はありますが
工事費の1/2の補助金が受けられます。AB様邸は今回この制度を利用して外観を京町家へ
戻すことになりました。
こちらが改装後

こちらが改装前です。
お客様からお借りした以前のお写真を何度も何度も見ながら、格子の詳細等を検討します。
以前の大改修で建物前3mほどをカットされているので、2階の高さのボリュームが少し大きくなっています。何とか新しいサッシの高さを調整したり化粧柱や化粧桁の配置バランスを考えて・・・
2階右側の虫小窓は本来ガラス窓を裏に設置する予定でしたが、解体時に構造的に壁のままが良いと判断し、虫小窓風になりましたが、バランスはとれたのではないかと思います。
お客様にもご満足いただけました。

 


カテゴリー: A様町家改修工事 | コメントする

伏見H様邸新築工事 建て方

建て方が始まりました。



軸組の美しさに惚れ惚れします。

だんだんと形が見えてくる頃には夕暮れ時でしたが、夕焼けバックの建て方、感動モノでした。
ちなみに、大きすぎて建て方は一日では終わりませんでした💦


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする

伏見H様邸新築工事 現場がスタートしました


しっかりと基礎断熱も施工され、捨てコンクリート打設完了です。

基礎の配筋を行いました。

配筋検査も社内でしっかりと検査し、瑕疵担保責任保険の検査も無事合格致しました。

基礎の耐圧盤→立ち上がりの順にコンクリート打設が行われます。
ちょうど雨が重なってしまったので、少し工程がずれてしまいましたが、いよいよ建前です。


カテゴリー: 伏見H様邸町家改装工事 | コメントする

(仮称)豊中市サービス付高齢者向け住宅

前回に続き工事の進捗をご紹介します。

道路側壁面に取り付けるアルミ格子。
2階部分が取り付いていました。
取付のピッチを100にするか125にするか、時間をかけて打ち合わせをし125に決定。
この日初めて見られたお施主様にもご満足頂けて良かったです。
足場が取れるのが楽しみです。

1階共用廊下。機能訓練室側を見ています。
居室から機能訓練室へ向かう場面を想像出来るようになってきました。

この日からは階段が出来ていたので2階も見ることが出来ました。

2階居室。
下地が貼られて部屋らしくなってきました。

この日のメインはこちら。
上棟を祝して「御幣(ごへい)」を天井裏に納めます。
立派な御幣を作って頂きました。

皆で見守る中、大工さんに天井裏へ上げてもらいました。

取付完了。
お施主様と一緒に二礼二拍手一礼にて安全と無事の竣工を祈願。

アップでも撮影。

年内の打合せも残すところあと2回。
いよいよ内装仕上げ、外構を決定していきます。

完成が楽しみです!


カテゴリー: (仮称)豊中市柴原町サービス付き高齢者向け住宅 | コメントする

豊中市サービス付き高齢者向け住宅

8月に着工しました「豊中市サービス付き高齢者向け住宅新築工事」が進行中です。

足場がまだ付いていますが、サッシが入りサイディングも張られて建物の雰囲気が分かるようになってきました。

機能訓練室、折り上げ天井部のあらわしの梁です。
今回は木造準耐火構造としたため、あらわし部には「燃え代設計」を採用。105mm巾の梁に燃え代35mm+35mmで175mm巾の梁となっています。
まだ天井が貼られる前なので梁成が大きいのがよく分かります。

機能訓練室から共用廊下を見ています。

軒庇を見上げています。
この上部に非常時に消防隊が進入する窓があり、人が乗っても耐えられる構造となっています。垂木の形状をくの字にして構造用合板を両側から張っています。
軒天材が貼られるまで限定の景色です。

1月末の竣工予定に向けて、12月中旬からは内装工事がスタートします。


カテゴリー: (仮称)豊中市柴原町サービス付き高齢者向け住宅 | コメントする

H様二世帯住宅計画 解体工事

H様二世帯住宅の解体工事をしています。

 

改修工事ということで、見えない部分は予想しながら設計しているわけですが、採寸も終わり、寸法的には大きな修正がなく納まりそうで一安心。

雨漏りしてそうな箇所などを確認しながら見てまわります。

それにしても、現調時には迷子になってしまいそうなほど複雑な部屋割りでしたが、解体されるとこんなに大空間だったんだな~と驚きです。

 

解体されていく建物を見ながら、生活する中で起こった色々な話をお施主さんより伺い、そして嬉しいことに前回の改修工事の現場管理を担当された方が今回も関わっていただいていることもあり、当時の珍事件や笑い話(人情噺?)も含めて、この建物にまつわるたくさんの物語を教えてもらいました。

個人的にはこういう時間がとても好きで、今までそっぽを向かれていたのかと感じるくらい建物に親しみを覚えます。

これが目に見えて設計に活かされるわけではないですが、こういうのがあるのとないのとではやっぱり違ってくるような気がします。

世代が変われば建て替えられていく建物も多々ある中で、メンテナンスや改修を加えながら住み継がれていくこの建物は幸せもんですね~


カテゴリー: H様二世帯住宅計画 | コメントする

T様邸新築工事

T様邸新築工事が始まりました。

老朽化した既存建物が解体され、まずは建物の位置確認(やり方)です。


やり方とは、杭と板を設置し、その間に水糸を張って、建物の外形の正確な位置を出すことです。
計画では、玄関が建物中央に位置していて、隣のビルとの間に通路を設けるため、通路幅に問題がないか確認しました。
この工程で、隣地との距離や建物の大体の大きさがわかります。

インターンの学生さんに作ってもらった模型です。
T様との打合せに持っていくと、とても喜んでいただきました。
今はご自宅に飾っておられるようです。
完成後の生活を楽しみにされてるのが伝わってきました。

まだまだ始まったばかりですが、一つ一つ丁寧に、現場監理を進めてまいります!


カテゴリー: 未分類 | コメントする

AB様町家改修工事ー内部解体ー

新しい町家改修がスタートしています。
築100年を超える大きな京町家です。
まずは内部解体から。

解体後の現場は隠れていた部分が現れ、解決しなければいけない構造検討等が出てくることも多々あります。
緊張感もありますが、それ以上に歴史を感じる柱・梁・土壁の美しさにいつも感動します。
(このままでおいておきたいくらい笑)

25年前に大きな改修工事をされて以来の大工事。
前の工事で天井や壁の中に隠蔽された大黒柱や通り庭の天井組が再び
現れると、御施主様や大奥様は当時のことを思い出してとても懐かしく昔話を
聞かせてくださいました。

2階は元々2mに満たない低い天井でしたが、今回の工事で天井を解体し、50cmほど高くする予定です。
大きなゴロンボ梁が現れました。
とてもいい天気の現場打ち合わせ。自然光が差し込み神聖な気持ちになります。
祈りを捧げているかのような現場監督さん。
(携帯電話でお話中です笑)


カテゴリー: A様町家改修工事 | コメントする

S様邸改装工事 竣工写真

遅くなりましたが、S様邸改装工事の竣工写真をUP致します~♪
今回はカメラマンさんに撮影に入って頂き、綺麗に撮って頂けたかと思います。











今回、アートパネルと襖紙は唐長のトトアキヒコさんに作品を作って頂きました。
奥様のリクエストでグレー×グリーンの世界で1点しかないアートパネルがお家にやってきました。自然光が入るともっと綺麗よと、奥様からお聞きしました。

35年お住まいになったご自宅が、落ち着いたインテリアの素敵な空間に生まれ変わりました。

お引き渡し後も家族で遊びに行かせて頂いているので、5年10年とこれからの暮らしで変化していく様を実際に目で見れる事が楽しみでもあります。

S様ありがとうございました。


カテゴリー: S様邸改装工事 | コメントする

Y様邸応接室

Y 様邸の応接室を改修させていただきました。
御来客が多い割に少し応接室が手狭ということで、
お隣の台所側に空間を広げることにしました。
(こちらが工事前)
※ドアの大きさ位置は変わっていません。

(こちらが工事後)

約65cmドア横の空間が広がりました。
6畳のお部屋に+65cmは、かなり広がった印象です。

入口扉には作家さんにお願いしてステンドグラスを入れました。
赤いガラスは100年以上も前のアンティークガラスとのことです。
ストーリーのある素材を使うと、それだけで空間に愛着が湧いてきます。
(私の部屋ではないんですが笑)

天井は新たに格天井を組み、縦にも空間を広げています。
腰壁・天井のチークの濃茶、漆喰の白、絨毯の深紅。
落ち着いた品位あるお部屋になりました。

もうすぐ御施主様のオーダーされた家具が入って完成です。
楽しみです♪


カテゴリー: Y 様邸応接室 | コメントする