(仮称)アビステ京都ホテル新築計画 外壁タイル工程

京都市東山区ホテル新築プロジェクト、いよいよ外壁タイル取付工程に入りました。

写真は2階南西側の外壁タイルを貼り始めている箇所です。

W1200mm×H600mmの石調大判タイルを金物に引っ掛けて接着剤と併用して取り付けていきます。

断面を覗くと左から外壁パネル→防水シート→引っ掛け金物+ボンド→大判タイルという構造が良く分かります。


カテゴリー: (仮称)アビステ京都ホテル新築計画 | コメントする

K様町家改修計画 瓦葺き替え

K様町家の瓦を葺き替えました。

 

ゆうに半世紀以上も屋根を守ってきた瓦。

紫外線や風雨に最もさらされる屋根は劣化も激しく、

この機会に補助金を利用しながら全面葺き替えることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い瓦を撤去し、土を降ろすと薄い杉板を打ち付けたトントン葺きがでてきますので、その上から野地板→ルーフィング→瓦桟→瓦と葺いていきます。

ガルバリウム鋼板のような軽い屋根に比べると耐久性や遮音性、断熱性に優れる瓦ですが、何より町家の雰囲気にベストマッチですね~

整然と並んだ瓦は見ているだけで気持ちが良いです!

あぁ~、お布団干して寝転びたいw

 


カテゴリー: K様町家改修計画 | コメントする

M様和食店改装計画 カウンター搬入

ずいぶん前になりますが、M様和食店改装計画のカウンターを据付しました!

 

現場へ向かうと路上に大きなトラックが停まっており、何やらざわざわしている現場。

どうやら前面道路の幅では人力でしか運べないそうで、

7mものカウンターは、なんと900kgにもなるそうです!

 

そうなると少なくとも15人くらいは必要だろうということで、

現場にいた大工さん、電気屋さん、設備屋さん、工務店さん、

気になって見に来ていた不動産屋さん、腰に不安を抱える設計士、

そしてお施主さんであるMさんと急遽駆けつけてくれたその仲間の方々、

みんなで協力して運ぶことに!!

トラックの運転手が邪魔になるだろうと荷台の側面を持ちあげてくれると目立つ目立つ。

 

集まる視線にみんなのテンションが上がり放題、自然と声が大きくなります。

「せ~のっ!」と力をいれると無事に持ちあがり、上る歓声。

みんなで掛け声をしながらなんとか搬入し、無事に据付できたときには大歓声でした!

この一体感や達成感はお祭で神輿を担ぐ感覚に似ているような。

新築工事で地鎮祭や上棟式をするように、

飲食店では据付祭があってもいいんじゃないかと思いました。

ただ、今だと完全にクラスターですねw

 

人の繋がりに感謝です。

 


カテゴリー: M様和食店 改装計画 | コメントする

(仮称)アビステ京都ホテル新築計画 外壁パネル工事

京都市東山区ホテル新築プロジェクト、いよいよ外壁パネル取付工事工程に入りました。

写真は3階西側の外壁パネル(押出成形セメント板)を取り付けている場面です。

約600mm幅のパネルを縦張りで取り付けています。

仕上げ材としてW1200mm×H600mmの大判タイルを張るため、写真のパネル(押出成形セメント板)に金物のレールを取付けて、接着剤と併用してタイルを張っていきます。

これをビームハール工法と言います。

次回はタイルを張っていく工程をアップしたいなと思っています。


カテゴリー: (仮称)アビステ京都ホテル新築計画 | コメントする

玄関式台

式台は栗を採用して頂きました。

実際に置いてみて木取り部分を確認です。
木目が美しいですね!

そして外壁のタイルも綺麗に施工されていました。

外壁タイル選びも奥様と悩みながら決めた逸品です。
織部製陶さんの特注タイルです✨
他にはない、素敵な風合いのタイルが施工されました。

リビングのキッチンも施工完了。
飾り棚も先行で取り付け完了していました。

キッチンって取り付けしたらすぐに養生されて工事終盤の美装間際にならないと養生が外されないので早く見たい~!と、いつもキッチンにじらされています(笑)


カテゴリー: S様邸改装工事 | コメントする

勾配天井は屑張り仕上げ

現場も順調に進んでいます。
工務店さんからの提案でリビングの勾配天井の仕上げを「屑張り」にて仕上げて頂きました。
“屑張り”ってナニ?と、恥ずかしながら知らなかったのですが、あの四君子苑にも使われている技法らしく、「板の端材を集めて間に合わせた粗野な作り」らしいのですが、もちろん今回は端材なんかではなく、ちゃんと新たに加工をして作成して頂きました。

写真では分かりにくいですが、幅と厚みがランダムで仕上げられていて、単調な羽目板よりもリズミカルな動きになり、面白さを感じられます。

キッチンカウンターも出来上がっていて、憧れの対面キッチンです。

ユニットバスも据え付け完了していました。
奥様と一緒にショールームで決めた仕様。ラグジュアリーなお風呂で羨ましいです。


カテゴリー: S様邸改装工事 | コメントする

KN様バー改装


1年半ほど前にお世話になったお客様から、町家の一部にバーカウンターを作りたいとのことで、ご依頼をいただきました。お客さんをおもてなしする時にだけ使う趣味のバーが完成です。


既存キッチンと展示スペースの間の壁に開口をあけ、バーカウンターを設置しました。
前回の改修工事で設置したキッチン側の食器棚や奥の部屋への建具との取り合いなど、うまく納まりました。最初お話をいただいた時には、既にどうするか考えておられましたのですごいです。

カウンターはウォールナットの耳付きの無垢材で、厚さが40mm、蜜蝋ワックス塗りです。
せっかくなので良いものをということでご提案させていただきました。
手で触ると木肌が感じられ、愛着がわいてきそうです。
周囲の色を暗めにして、カウンターだけが明るく浮いて見えるのも、良かったなぁ~と思います。


うらやましい!!!


カテゴリー: 未分類 | コメントする

公益社宇治家族葬PJ  竣工

仕上げ工事、各種検査も終了しました。

後はお客様に引き渡しです。

次の日に写真撮影を予定されていたので祭壇や備品類も設置済みです。

家族葬用の斎場ですので広くはありませんが、家族と身近な親族が入るには十分な広さかとおもいます。

「別邸」の名称でサイトも作成されているのでご興味のある方は見てみてください。

https://bettei.koekisha-kyoto.com/

家族葬という限られた人数での葬儀ですので自宅のようにゆっくりと故人を送る場所になればと思います。


カテゴリー: 公益社宇治家族葬 新築工事 | コメントする

M様和食店 改装計画 解体完了

M様和食店改装計画が着工しました。

 

まずは解体がある程度完了したタイミングで現場確認へ。

ちなみに一人踊っているようにも見えますが、360°カメラで撮影してもらっていますw

何度か改装された町家のため、変わった納まりが色々とありましたが、

なにより中央の柱が今にも折れそう・・・

これから梁を架け替えたり鉄骨梁で補強をしていきます。

現場での打ち合わせから予想より天井を下げる必要がでてきたため、現場状況を踏まえて1階のレベルをもう少し下げる方向で検討することにしました。

改修物件は現場状況に合わせて変更していくことも多いので、瞬発力が求められますが、柔軟に対応していけるよう気を引き締めていきます。

 


カテゴリー: M様和食店 改装計画 | コメントする

(仮称)アビステ京都ホテル新築計画 デッキスラブ取付工事

京都市東山区ホテル新築プロジェクト、先日デッキスラブ取付の工程を終えました。

建物屋上の西側、鴨川方向の眺めになります。

こちらが建物屋上の東側、東山方向の眺めです。

このデッキスラブにコンクリートを打設後、最終的には屋上周囲に手摺を取付たり、植栽プランターを配置するので、完成してからの眺めはまた変わります。

完成形の眺めがどうなるのか、今からとても楽しみです。

 


カテゴリー: (仮称)アビステ京都ホテル新築計画 | コメントする