Project Blog現場ブログ

KH様古民家改修工事 下地工事

2022年6月23日  2022, 西京御陵 KH様 古民家再生工事  

現場は解体が一部を除いて終わり、下地工事に入っていました。

解体は2階から先行して行っていたため、下地も2階から施工していっています。

2階はもともと天井をフラットに組んでいたため、天井の高さが2050mmほどしかありませんでしたが、

今回はごろんぼにギリギリまで攻める形で勾配天井にしているため、

大工さんは苦労されたと思いますが、部屋の圧迫感は感じなくなりました。

1階は畳をめくり、メッシュをいれて防湿モルタルを施工しました。

外周部の足元は以前はつうつう状態でしたが、小動物対策をしていく予定です。

和室の床脇は違い棚と天袋が経年で垂れ下がっていたため、壁を撤去して下地を作りなおすことになりました。

材自体が歪んでいることもあり、完璧とはいかないかもしれませんが楽しみな部分です。

L様ショールーム改装工事➃

2022年6月16日  未分類  

正式な8月オープンまでのプレオープン期間に入りました。

2階の受付カウンターは、製作するか、既製品家具を購入するか検討した結果、

京都の上鳥羽にある、70Bさんというアンティーク&ヴィンテージの家具を直輸入されている店舗で、イギリスの(そんなに古い年代のものではありませんが…)のガラス天板のついたコンソール家具を購入しました。

購入後に、背板側に板を上張りしてから、他の内装部分(建具、腰壁)の赤味がかった茶色に塗装してもらいました。

2階受付カウンター
購入直後の写真

T様邸新築計画②

2022年6月15日  上京出水 TG HOUSE 新築工事  ,  

前回基礎の立上り部分の型枠までお見せしたT様邸新築計画。

型枠が外れ、あっという間に上棟し、屋根、サッシ、内外の木工事が進んでおります。

基礎の型枠が外れたところです。奥に見えるコンクリートの壁は防火塀と呼ばれるもの。防火・準防火地域で造作の木製建具を使用する場合、延焼のおそれがある部分を遮る位置に建具の高さ+10cm以上の高さの防火塀が必要です(詳細は行政により異なります)。

あっという間に上棟式。建物の四隅に塩、米、酒を撒いてお清めをします。

屋根はガルバリウム鋼板 横葺き。屋根の上は気持ち良いですね。

この物件の見せ場の一つである大きな木製の建具。(といってもまだ枠だけですが)

指で押えている木の小材はロールスクリーンの下端に取り付けるボトムバーのモックです。この部材がロールスクリーンの上げ下げに合わせて動き、全開すると上部の隙間に収まるのですが、まだこの写真ではわかりにくいので、ロールスクリーンが取り付いたら再度ご紹介します。

軒裏はラワン縁甲板貼。少し手違いがあり、意図せず軒裏と鴨居がフラットになっているのですが、まるで最初から狙ったかのようにキレイに納まっていて結果オーライ!大工さんに感謝です。

次回はもう少しディテールを見せていけたらと思います。では。

京天ぷら 祇園八坂 圓堂様 阪急うめだ店 新装計画

2022年6月8日  未分類  

皆さんこんにちは!
ローバー都市建築事務所の高橋です。

5/20に阪急うめだ本店12階でOPENされました、
「京天ぷら 祇園八坂 圓堂」様の新装工事の内容をお届けします。

グリルキャピタル東洋亭の向かいにありますこちらの区画で工事をさせて頂きました。

既存写真1
既存写真2
既存写真3

既存の床と天井を活かしつつ、和の要素を加えていく計画。
レストラン営業終了後の22時半から工事がスタートです。

新設するフードの為の開口です。

既存天板を下地にした新しい天板を固定中です。

カウンターの足元は天板に合わせて塗装をしています。

既存のモビールアートの撤去跡をパテ処理中。

工場製作していた新しいテーブルが届きました。

窓面の格子も一部取り付いて少しずつ形になって来ました。

次回は全貌をお届け予定です!

KH様古民家改修工事 解体工事

2022年5月7日  2022, 西京御陵 KH様 古民家再生工事  

解体工事が始まりました。

だいぶ暖かくなってきたこともあり、南北へ風が抜ける心地の良い現場になっています。

写真は和室4部屋分の襖や畳を一旦外したところですが、立派なお庭へ繋がる大空間となりつつ、

欄間や垂れ壁によってそれぞれの場所が緩やかに仕切られている面白い空間となっていました。

足固めや1,2階の梁材などにはおそらく原木の皮を剥いだだけの野性的で力強い丸太が使われています。

解体してみて全体的に改修の手が入っていることがわかり、想定外の箇所もやはり色々とでてきましたが、

改修の醍醐味?ということで現場監督さんや職人さん、そしてお施主さんと相談しながら、

現状に合わせた納まりや補強方法を決めていっています。

L様ショールーム改装工事③

2022年4月28日  2022, 上京西陣 「LACE MUSEUM ROOP」内装工事  

今回の改装工事は外観に関しては照明器具の取替や玄関庇の塗装等を行いました。

玄関入口のアルミドアは、雰囲気を変えるために、塗装とハンドル付替え、ガラス部分に館名とロゴサインを入れました。

クラシックなヨーロッパ調をイメージして、サインとハンドルはアンティークゴールドの色味にしました。

ドアの色はアイアンの扉をイメージしてブラックに塗装しました。

改装前の玄関入口ドア
改装後の玄関入口ドア

T様邸新築計画①

2022年4月27日  2022, 上京出水 TG HOUSE 新築工事  , ,  

T様邸新築計画①

4月から新しい現場『T様邸新築計画』がスタートしました。

もともと家屋と駐車場があった土地で、家屋を解体し電柱を移設してからの工事着工。

約1ヶ月で、地盤改良→地業→配筋→基礎打設まで行いました。

着工前の状態と工事の様子をダイジェストでどうぞ。

GW明けから土台→上棟と進んでいきます。

これからが楽しみですね!

L様ショールーム改装工事②

2022年3月22日  2022, 上京西陣 「LACE MUSEUM ROOP」内装工事, 未分類  

改装工事の現場、最後の照明や展示の配置、サイン関係を調整しています。

内部の照明は既にテスト点灯して決まりましたが、外部の照明の色温度を少し暗くなってきた時間に

何種類かテスト点灯して決めていきます。

温白色と電球色を比較してみた結果、左側の電球色に決まりそうです。

Niseko Villa 1Fスラブ配筋検査

2022年2月11日  Niseko Villa, 2022, 未分類  

今回は1階スラブの配筋の検査です。

検査としてやることは今回もおんなじです!

各箇所配筋が構造図通りに施工されているかの確認です。

検査のタイミングに合わせて北海道へ行くので毎回来るたびにすごく進んでいるように感じます。

OY歯科医院改修工事 ポーターズペイント塗装

2022年2月5日  OY歯科医院改修工事, 2021  

OY歯科医院改修工事では、スタッフの皆さんも総出でポーターズペイントの塗装を行いました。

当初3日はかかるかな~と予想していましたが、10人ほど集まっていただき、

みんなでワイワイと進めるとなんとか2日間で塗装し終えることができました。

今回は養生までを業者さんにお願いしていたので、シーラー塗装と仕上げ塗装x2で計3回塗りとなります。

事前にインテリア末永さんで塗装のワークショップを受けていたので、

さっと塗り方のレクチャーをしてから、いざ塗装!

小さい刷毛で隅という隅を塗装していく隅っこ隊と、専用の大きな刷毛をハンバーガーのような持ち方で縦横無尽に塗装していくチームに分かれて塗装していきます。

ちなみに塗装しているところを見るとその人の性格が丸わかりなことが判明しましたので、皆さんお気をつけください。。。

接着剤のような役割のシーラーは思ったより粘度が高く、普段使わない筋肉のためか手首が限界を迎えましたが、

仕上げの塗装は塗り心地が良く、何より仕上がっていくことにテンションが上がりスムーズに進みました。

スタッフのお子さんも2日間参加してくれましたが、大人に負けず体全体で塗装する様は誰よりも職人のようでした。

皆さんお疲れ様でした!