Project Blog現場ブログ

A様邸マンションリフォーム 断熱工事

2021年7月13日  A様邸マンションリフォーム  

配管に引き続き工事後には見えなくなってしまいますが、今回の工事では解体後に施工できる範囲へウレタン断熱を行いました。

ピンクのモコモコがウレタン断熱です。

本来は窓を取替て今の気密性が高い窓に変えたいところですが、窓はマンション共用部になってしまいますのでそれ以外の部分へ行っています。

H様邸二世帯住宅 解体~下地工事

2021年7月7日  2021, H様邸二世帯住宅  

H様邸二世帯住宅は続いて子世帯側の工事へと移っており、

解体から吹付断熱、そして先行配管から下地工事へと着々と進んでいます。

解体ではもう一つ前の改修跡がでてきたことで、

キッチンの位置は大きく変わってなかったことや、

テラスに面してお風呂などの水回りがあったことがわかりました。

今回はキッチンの位置を大きく変更するため、

これまでの住まいの印象とは大きく変わることに!楽しみです。

既存の点検口からは確認ができず心配していた給排水の接続箇所も

予想していた位置とは少し異なりましたが、問題なく接続できました。

改修ということである程度採寸をして図面にしていますが、

実際に墨出しをしてもらうとやはり想定通りとはいかず、

下地工事の段階で部屋ごとに微調整の繰り返しです。

5階の和室まわりも床鳴りを解消するため床下地をやりかえています。

現況の本格的な仕様を崩さないよう床や壁、照明と検討を重ねています。

A様邸町家改修

2021年6月28日  未分類  

皆さんこんにちは!
ローバー都市建築事務所のタカハシです。

A様邸町家の改修工事が着工しました。

着工前のファサードです。

写真上から既存の和室、ダイニング、キッチン。
これらを1つの空間(LDK)に改修していきます。
既存台所の吹抜けをいかして階段を設置予定です。

そして解体がスタート。

写真上から既存和室、ダイニング、台所です。
床下の土や撤去する土壁から竹小舞が姿を現しました。

壁が撤去されて広がりを感じられるようになりました。

一方外部では屋根瓦を下ろす作業が始まっています。

随時、進捗をアップさせて頂きます!

A様邸マンションリフォーム 配管工事

2021年5月31日  A様邸マンションリフォーム  

A様邸の解体終了後に排水の配管を確認すると排水に鋼管が使用されていました。

今回は配管の取り換え予定はありませんでしたが、お施主様と相談してせっかくの機会ですので配管の取り換え可能な部分を交換することになりました。

当然古い配管であれば漏水等の危険性も上がりますので出来れば工事に合わせてやり替えることをお勧めします。

H様邸二世帯住宅 仕上げ工事

2021年5月14日  2021, H様邸二世帯住宅  

親世帯側の仕上げ工事が終わりました。

現在は引き続き子世帯側の工事の真っ最中です。

システムキッチンの収納量には毎度驚かされますが、今回採用したL-CLASS/パナソニックの背面収納は奥行が65cmかつ天井までの壁面収納となっており、ものすごい収納量です。もう感覚的には無限に入ります(笑)

家電も仕舞えるので見た目もすっきりして良いですが、カウンターのスペースがなくなるので、できた料理を少し置いておくようなちょっとした場所がキッチン本体以外にあると使いやすいと思います。そのため、ここではダイニング側に少し奥行のあるカウンターを設けています。

テラスに面するリビングの窓まわりには障子を入れていますが、あまり和風っぽくならないよう桟の太さを揃えてすっきり見えるようにしています。障子紙で拡散した光は左官仕上げの壁や天井をやわらかく照らしてくれます。

寝室にはご主人用に造り付けのクローゼットを設けています。割り付けも細かく考えていただきました。本棚には小型のテレビも置けるようにしています。

応接室にはフローリングに合わせてチークのテレビ台を作りました。最初は造り付けで考えていたのですが、周りがすべて置き家具だったのと、将来的にも自由に使える部屋とするため置き家具としています。マッサージチェアや椅子に座った人が見るため少し高めに設定していますが、その分幅を広くすることでうまくバランスがとれたかなと思います。

S社様町家改装店舗計画④

2021年4月30日  S社様町家改装店舗計画, 2021  , ,  

かねてより進めて参りました麩屋町通りにある町家を改装した店舗、
『麩屋柳緑(ふやりゅうりょく)』が無事竣工を迎えました。

なんとすでオープンして…ます!!

4/29(木)オープンです!!

今回はオープン前の何も商品が並んていない様子を紹介します。

1階は物販で、京都唯一の村「南山城村」のお茶や村茶プリン、抹茶アイスクリームが楽しめます。

銅板を4面に貼った島什器が鈍く光っています。これから経年劣化でどんどん良い色になっていくので楽しみです。

カウンターの真ん中には日本茶インストラクターの方とともにお茶の飲み比べができるスペースが。
わかりにくいですが、その場でお湯を捨てられるようにシンクが仕込んであります。中国茶とかこういうスタイルですよね。茶盤スタイル。

レジ隠しには3mmの銅板を使用。家具コンセントをつけてもらいましたが、この厚みの銅板でもうまく穴を開けることができるんですねぇ~(関心)。

庭のツツジもいい感じ。既に散ってしましましたが、来年また花を咲かせてくれるでしょう。

2階はお茶を使ったスイーツと様々な種類のお茶を楽しめます。

潔くカウンター席のみ。椅子はマルニ木工。広島出身なので、マルニ推しです。

間接照明によって建設当時(およそ100年前)から残っていたと思われる土壁が照らされています。

歴史、感じてください。

奥の障子は太鼓貼り。ライトボックのように柔らかい光を届けます。
取手は見えないように横に付けました。

柱は既存の柱をそのまま使ったのですが、ところどころトゲトゲしていて危なかったので、麻縄を巻きました。
ええ、設計者自ら巻きました。目が回りました。

最後にファサード。

両サイドの幕と暖簾で門のようになっていてキャッチーな印象に。
準備中も「なんだろう…?」と足を止めて行く人が多かったようです。

というわけで駆け足で紹介いたしました。

もちろん店内は感染予防対策バッチリなので緊急事態宣言が解除されたあとにでも訪れてみてください。

伏見H様邸新築工事 竣工です

2021年4月8日  伏見H様邸新築工事  

美装も終わり、ようやくお引渡しを迎える事ができました!

全体的にグレー×ウォールナットを基調としたカラートーンで構成しました。
広々ゆったりとした玄関、階段吹抜けにはアクセントのタイルが効いています。
陽の光が沢山降り注ぐお家となりました。おめでとうございます。

外構はまだこれからなので、造園工事が完了しましたらまた写真をアップしたいと思います。

H様邸二世帯住宅 木部仕上げ工事

2021年3月24日  2021, H様邸二世帯住宅  

現場ではフローリングや羽目板が施工されています。

フローリングはすぐに養生されてしまうのですが、タイミング良く確認できました。日光で暖められた床が気持ちよく動けなくなりそうです。ここには床暖房も入っているので夜でもポカポカです。

玄関ホールと廊下にはナラの幅広の板を張っています。原木から3mmの厚単板を切り出してもらい、幅260mm程度で床から天井まで一枚でとってもらいました。大きすぎるかな~とも思いましたが、圧迫感もなく木に包まれたようで癒されます。ついつい手で撫ででしまう感覚はやっぱり木からしか得られないですね~。よくある突板ではないので少々の傷もへっちゃら!なところも安心感があって良いです。

S社様町家改装店舗計画③

2021年3月16日  S社様町家改装店舗計画, 2021  , ,  

工事は進み、2階に研ぎ出しのカウンターができあがってきました。

近くで見るとわかりますが、カウンターに枝のような物体が埋め込まれています。これは一体…?

実はこれ、茶葉(番茶)なんです!

今回は日本茶を売りにしたお店ということで茶葉を種石に混ぜて研ぎ出しを行ってもらいました。

テラゾーと茶葉はなかなか珍しい組み合わせですよね。

このままでは濡れた際にお茶が滲み出てきそうなので、トップコートを塗ります。

1階にもテラゾーのカウンターができるので、どんな感じになるのか楽しみですね。

伏見H様邸新築工事 足場解体

2021年3月16日  伏見H様邸新築工事  

足場と言うベールに長きにわたり包まれていましたが、ようやく建物の全貌がお目見えとなりました~!

外壁はシックなグレー色のジョリパット塗です。

玄関ポーチ廻りもようやくガラスが入り、後は玄関ドアを待つのみです。

現場でタイルをカットします
一枚一枚、丁寧に貼っていきます

また、指定確認検査機関の完了検査も問題なく合格を頂きました。

お引渡しまであと少しです。
完成が楽しみな反面、現場が終わってしまう寂しさもあります。。。