「国宝 西本願寺 飛雲閣」

来春の完成に向け、修復中の、国宝「西本願寺 飛雲閣」。
本日は修復現場特別公開に寄せて頂きました。
豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構とも伝えらえる「飛雲閣」。
「金閣」「銀閣」とともに「京都三閣」の1つに数えられています。
西本願寺に移築されたのは、江戸時代前期のこと。
3層構造の美しい楼閣建築は、上層にいくに従い狭くなる左右の非対称の連続性が特徴的。
屋根の葺替が完了し、輝きのあるこけら葺きの屋根が姿をみせました。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク