「体操競技部の恩師とのOBOG会」

本日は、体操競技部の恩師とのOBOG会。
昔ばなしに花が咲き、楽しいひとときを過ごしています!


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「大垣書店 グループ納涼会」

本日は、日頃からお世話になっています「大垣書店」グループ納涼会に寄せて頂きました。
1942年の創業以来、地域に愛される書店として、歩みを進める「大垣書店」。
京都府下を中心に三十数店舗。
今年3月には、四条室町の商業施設「SUINA室町」に、京都本店がOPEN致しました。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「五山の送り火」

今年の五山の送り火は、日頃からお世話になっています「西陣 385PLACE」さんの屋上から。
楽しい仲間と、楽しい時間を過ごすことができました。
ご先祖さまに思いを寄せながら、日々の平穏に感謝することのできた、お盆のひとときとなりました。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

同志社高等学校の新・体育館

母校でもある、同志社高等学校にて建設が進められている「新・体育館」。
台風対策で足場シートが少し外されたため、大きな屋根のある、その外観が姿をあらわしました。
体操競技部時代、毎日 体育館で練習をしていたことが、つい先日のようです。
新しい体育館の完成を、楽しみにしています。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「Hard Rock CAFE Kyoto」

先日、祇園白川に新しくOPENした「Hard Rock CAFE Kyoto」。
伝統とロックが融合した(⁈)京都ならではの「ハードロックカフェ」です。
店内では、ハードロックを楽しみながら、ハンバーガーやステーキも提供されています。
京都店限定のオリジナルグッズも販売されています。
海外の観光客で、店内は大賑わい。
以前、この場所で他の改装計画があり、この建物に来たことがあるのですが、ある意味びっくり空間です(笑)


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「スターバックス 弘前公園前店」

1917年(大正6年)に第八師団長官舎として建設された建物を改装した、スターバックス 弘前公園前店。
神戸北野異人館店に続いて、日本で2番目にオープンした、登録有形文化財を利用したスターバックスの店舗です。
外観は玄関部に切妻破風をもつハーフティンバー風。
メインホールは会議室として利用されていた空間を転用。
大正レトロを感じる、高い天井に開放的な雰囲気となっています。
ブナコの照明もうまくマッチしています。
和室から喫茶室への改装デザインも、いろいろ参考になりました。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「日本近代建築の巨匠、前川國男」

一度は訪れてみたいと思っていた、弘前市にある前川國男建築群。
日本近代建築の巨匠、前川國男の建築物が弘前市内には8件建造されています。
フランスに留学後、ル・コルビジェのもとで学び、帰国後すぐ手掛けた処女作「木村産業研究所」をはじめ「弘前市庁舎」「弘前市民会館」等、さまざまな時代(27才〜78才)の前川建築が、色鮮やかに現存しています。
京都では、旧京都会館(現ロームシアター京都)が前川國男の設計として、有名ですね。
前川國男の哲学と力強くかつ流麗な建築空間理念を、肌で感じることが出来、ひとつ前進したような気がします。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「2008年OPENの十和田市現代美術館」

2008年OPENの「十和田市現代美術館」。
官庁街通りを舞台に、屋外空間全体をひとつの美術館に見立て、
多様なアート作品を展開していく「Arts Towada」計画の中核施設です。
それぞれの展示室が「アートのための家」として独立して計画されています。
敷地内に分散して配置され、それらをガラスの廊下でつなげていることにより、
進むごとに、新しい景色を楽しむことができる仕掛けになっています。
屋内空間と屋外空間が密接に絡みあう、シンプルなホワイトキューブの集合建築。
迫力のある、現代アートを楽しみながら刺激的なひとときを過ごしています。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「(仮)豊中市 緩和ケア施設改装プロジェクト」

現在、工事中の(仮)豊中市 緩和ケア施設改装プロジェクト。
もとは民家であった建物を再生しながらの、リノベーション計画です。
解体工事もほぼ完了し、これから耐震補強工事へと進んでいきます。
やすらぎとぬくもりのある、空間の創生に向けて、引き続き頑張って参ります。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「表参道 Ralph’scoffee」

本日は、表参道にあるラルフローレンのカフェ「Ralph’scoffee」に来ています。
表参道店はクラシカルデザインの真っ白な壁に濃紺のテントが映える、ラルフローレンの旗艦店。
ロゴデザインの深緑を基調とした店内は、ゆっくりと時間が流れる洗練されたカフェ空間です。
幾何学模様を表現した陶製タイルの床にグリーンセラミックタイル壁とエナメル仕上げの木製天井を合わせながら、白大理石のテーブルカウンターが、美しい調和を演出しています。
ひとときの、コーヒータイム。NYのアッパーイーストサイドのような雰囲気です(笑)


カテゴリー: 未分類 | コメントする