ローバー都市建築事務所
住宅の施工例 町家再生・古民家再生の施工例 リフォーム・リノベーションの施工例 商業施設の施工例 医療・教育施設の施工例 施工監理実績 建物づくりの流れ お客様の声 設計・建築でよくある質問・Q&A 会社概要 設計のコンセプト 京都・東京事務所アクセス 設計・建築などでメディアに紹介された事例 設計・建築のご予算について 当社へのお問い合わせ

施工事例<上京区御前 YD HOUSE>

施工事例<上京区御前 YD HOUSE>
施工事例<上京区御前 YD HOUSE>
施工事例<上京区御前 YD HOUSE>
 
路地奥空間に光を誘(いざな)う

計画敷地は、北野天満宮を南に下がった場所に位置している。
四周を建物に囲まれた路地奥の敷地である為、
圧迫感を感じさせない開放的な空間を創造する事に
焦点を当てて計画している。

アプローチ側となる東側は比較的開けている為、
建物を西に寄せて可能な限りオープンスペースを確保している。
オープンスペースに隣接する建物は老朽化が進んでおり、
借景するには耐えれない状況であった。
そこで、焼杉板による塀で空間を遮り、
趣のあるアプローチ空間を確保している。
このオープンスペースに面して、
2層吹抜のヴォイドスペースを設けている。
このヴォイドスペースを建物のコアとし、
生活の起点となるように、各室を吹抜に面して配し、
大空間(パブリックスペース)と小空間(プライベートスペース)を
交互に行き来する空間構成としている。
吹抜に面する内壁は、
ホワイトを基調としたシンプルな仕上としている為、
無機質で殺風景な空間になりがちである。
しかし、珪藻土を用いた左官仕上げとする事で、
昼夜を問わず変化する光が創り出す陰影により、
刻一刻とその表情を変える有機物へと昇華している。
更に、アイストップとなる様に配された焼杉やアブリ竹、
化粧仕上とした梁・デッキによるダークブラウンにより、
単調になりがちな大空間に彩を添える動的な空間となっている。
逆に、プライベートな時間を過ごす事になるその他の空間は、
落ち着いた静的な空間となる。
動と静が織り成す空間構成は、
家全体に心地よいリズムを創り出している。

建築場所 京都市上京区御前
構造・階数 木造2階建
用途 住宅
敷地面積 --㎡ (--坪)
施工面積 111.38㎡ (33.75坪)
竣工年 平成17年 (2005年)
建物工事費(税別) --万円 (--万円/坪)