京都の町家を拠点とした建築事務所です
資料請求はこちら
前のページに戻る HOMEに戻ります

太秦 第一創久マンション 改装工事

改修後1階ホール ブラウン系を基調に、間接照明でシックにコーディネート
■改修後1階ホール
ブラウン系を基調に、間接照明でシックにコーディネート
 

〜ブラウンカラーのアーバンコンフォルト〜

築19年、鉄骨ALC造マンションの改修事例。古びた外観のすきまをくぐり、目に飛び込むホールの風景は、なんともいえないカラーコーディネートの1階エントランス。快適なアーバンライフからは、ほど遠い新生活のステージは、空室の目立つ賃貸マンションであった。

明るさを演出するはずのトップライトや吹き抜けも、ただみすぼらしく存在しているだけである。改修計画にあたり、私たちはブラウンの持つ、色特性に着目し、コンフォータビリティの向上を図った。ブラウンを間接照明とオフホワイトで効果的に演出し、全体として統一感のある上質な空間構成の向上を目指したのである。

外観の化粧直しはもとより、アプローチ部分から見直しを行い、新生活のステージとしてふさわしいしつらえと、雰囲気を共用空間にまで構築した。室内空間にも工夫を凝らし、まさに「comfort」(生活を豊かにさせるもの)としての意味づけを行った。忘れ去られていた吹き抜けや。トップライトもその息吹を取り戻し、効果的な仕掛けとして機能するように再計画した。

少し大人の、アーバンコンフォルトがここに誕生したのである。


改装後外観 オフホワイトとブラウンの落ち着いた色彩計画
■改装後外観
オフホワイトとブラウンの落ち着いた色彩計画

改装前外観 鉄部の腐食もすすみ、みすぼらしい外観
■改装前外観 鉄部の腐食もすすみ、
みすぼらしい外観

改装前EVホール 黄色と緑の奇妙な色使い
■改装前EVホール
黄色と緑の奇妙な色使い

改装後室内 腰壁と縦縞クロスによる上質な空間表
■改装後室内
腰壁と縦縞クロスによる上質な空間表

内部には、ブラケット照明と鏡も計画
■内部には、ブラケット照明と鏡も計画

改装前貸室 普通に壁紙が貼られている
■改装前貸室
普通に壁紙が貼られている

明るく生まれ変わった玄関アプローチ
■明るく生まれ変わった玄関アプローチ

すきま利用の改修前アプローチ
■すきま利用の改修前アプローチ


PAGE TOP
京都の町屋、町家を拠点とする建築家による建築事務所、設計事務所です。
HomeCompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublished
モダンリビングの空間創生術Yes!We are ROVER! Share ROVER!Contact UsClient's commentQ&A